ブルームーンあれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!! 

このページの記事目次 (タグ: ブラジルの女性ジャズ歌手 の検索結果)

サマー・サンバ(Summer Samba)/アストラッド・ジルベルト

   ↑  2009/07/24 (金)  カテゴリー: 1966年の洋楽
年度1966年昭和 41 年
作詞P.S.Valle
Norman Gimbel
パウロ・セルジオ・ヴァッレ
ノーマン・ギンベル (英語詩)
作曲M.Valleマルコス・ ヴァッレ
アーティストAstrud Gilbertoアストラッド・ジルベルト

真夏の暑い日にピッタリの曲サマー・サンバは1966年に発表されたブラジルのボサノヴァです。タイトルが「ソ・ナイス」で紹介される事も....原題は、サンバ・ジ・ヴェラォン(Samba de Verao)邦題は後にアメリカでリメイクされ英語の歌詞がノーマン・ギンベルによって付けられました。
サマー・サンバと言えば、全米シングル・チャートで26位、全米イージーリスニング・チャートで3位まで記録されたウォルター·ワンダレイ·トリオのオルガン演奏も外せませんね。一視聴されてはいかがでしょうか?インストゥルメンタルの洗練された透明感のオルガン演奏は何度聞いても飽きない名曲です。ヴォーカルでは1967年に記録されたアストラッド・ジルベルトのバージョンがよく知られています。
暑い夏の季節にピッタリです。青い海、何処までも続く白い砂浜が目の前に現れてきそうです。

Summer Samba (So Nice)の英語歌詞はこちらから
Samba de Verao (So Nice)のポルトガル歌詞はこちらから
Walter Wanderley  ディスコグラフィー
Astrud Gilberto ディスコグラフィー

Walter Wanderley - Summer Samba





サマー・サンバ(紙ジャケット仕様)サマー・サンバ(紙ジャケット仕様)
ワルター・ワンダレイ
商品詳細を見る
66年にアメリカでレコーディングされたアルバム。ジョビンのボサ・ノヴァは海辺のリゾートによく似合うが,ワンダレイのボサ・ノヴァには都市生活のリズムがある。下町の縁日的感覚とも共通するその楽しさは,それを聴く者の気分を浮き立たせる。


Astrud Gilberto - Summer Samba (So Nice) 1967





ザ・ガール・フロム・ボサ・ノヴァ~デビュー40周年記念ベストザ・ガール・フロム・ボサ・ノヴァ~デビュー40周年記念ベスト
アストラッド・ジルベルト
商品詳細を見る
デビュー作であるボサ・ノヴァの名盤『ゲッツ/ジルベルト』から40年。本作は40周年記念ベスト・アルバム。ヴァーヴに残された9枚のオリジナル・アルバムから名演ばかりをセレクト。


ボッサ・カリオカ【HQCD】ボッサ・カリオカ【HQCD】
小野リサ
商品詳細を見る
ボサノヴァ40周年にふさわしく、ジョビン・ファミリー(アントニオ・カルロス・ジョビンの息子パウロと、孫のダニエル)をプロデューサーに迎え、ボサノヴァ生誕の地、リオ・デ・ジャネイロで録音した「小野リサのボサノヴァ・ベスト」的なアルバム。ボサノヴァらしさ、小野リサらしさをテーマに、ボサノヴァのスタンダードを中心に選曲。ボサノヴァ・ファンは当然のこと、「ボサノヴァ入門編」としてJ-POPファン、フリーソウル・ファンも必聴! オリジナル曲3曲を含む全13曲入り。1998年の作品。


フレスカ~ボサノヴァ~フレスカ~ボサノヴァ~
オムニバス、セルジオ・メンデスとブラジル’66 他
商品詳細を見る
「ボサノヴァってオシャレだけど思うんだけど、何を聴いたらいいかわからない」という人におすすめしたいアルバムがこの『フレスカ・ボサノバ』。ブラジル音源を豊富にストックしているEMIオデオンの音源を中心に、日本が誇る小野リサ、そして、アントニオ・カルロス・ジョビンなどボサノヴァ界のトップミュージシャンの楽曲をパッケージングしている.....
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : ブラジルの女性ジャズ歌手 ボサノヴァ ジャズ・スタンダード イージーリスニング インストゥルメンタル 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-143.html

2009/07/24 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

いそしぎ(The Shadow Of Your Smile)/アストラッド・ジルベルト

   ↑  2009/05/11 (月)  カテゴリー: 1965年の洋楽
年度1965年昭和 40 年
作詞Paul Francis Websterポール・フランシス・ウェブスター
作曲Johnny Mandelジョニー・マンデル
アーティストAstrud Gilberto アストラッド・ジルベルト

第38回アカデミー賞の音楽賞を受賞した名曲ザ・シャドウ・オブ・ユア・スマイルは1965年エリザベス・テイラー、リチャード・バートン主演のアメリカ映画「 いそしぎ」のテーマ曲でつかわれています。
後に歌詞が付きトニー・ベネットが歌い広く知られるようになります。作詞をしたポール・フランシス・ウェブスターは1955年の映画第28回アカデミー賞受賞作品となった「慕情(Love Is a Many Splendored Thing )」の主題歌の歌詞も書いています。
スタンダード曲となったこの曲はバーブラ・ストライサンド、シャーリー・バッシーなど多くのカバー・バージョンが残されていますが 今夜はアストラッド・ジルベルトのヴォーカルでどうぞ。

►シャドウ・オブ・ユア・スマイル(The Shadow Of Your Smile)の歌詞はこちらから
Astrud Gilberto ディスコグラフィー 

The Shadow Of Your Smile - Astrud Gilberto & The Stan Getz Quartet





ザ・ガール・フロム・ボサ・ノヴァ~デビュー40周年記念ベストザ・ガール・フロム・ボサ・ノヴァ~デビュー40周年記念ベスト
アストラッド・ジルベルト
商品詳細を見る
デビュー作であるボサ・ノヴァの名盤『ゲッツ/ジルベルト』から40年。本作は40周年記念ベスト・アルバム。ヴァーヴに残された9枚のオリジナル・アルバムから名演ばかりをセレクト。
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : ブラジルの女性ジャズ歌手 アダルト・コンテンポラリー アカデミー歌曲賞 映画の主題歌 グラミー賞  

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-122.html

2009/05/11 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

おいしい水(Agua De Beber)/アストラッド・ジルベルト

   ↑  2008/12/03 (水)  カテゴリー: 1963年の洋楽
年度1963年昭和 38 年
作詞 Vinicius de Moraes
Norman Gimbel
ヴィニシウス・ヂ・モライス 
ノーマン・ギンベル(英訳)
作曲Antonio Carlos Jobimアントニオ・カルロス・ジョビン
アーティストAstrud Gilberto
Sophie Milman
アストラッド・ジルベルト
ソフィー・ミルマン

オリジナルの名称はポルトガル語でアグア・ジ・ベベール(A´gua de beber)1963年、アントニオ・カルロス・ジョビンの代表曲です。後に、アメリカの作詞家ノーマン・ギンベルにより英訳され世界中でこの曲が知られることになります。このときの表題がウォーター・トゥ・ドリンク(Water To Drink)で紹介されています。
1965年に、この曲はスタン・ゲッツ(米国のJazzサックス奏者)とアストラッド・ジルベルトがコラボ、全世界にボサノヴァブームを巻き起こしました。アメリカではフランク・シナトラのカバーよく知られ、今でもスタンダードナンバーとして世界中で愛されている名曲です。
今夜の動画はポルトガル語でアストラッド・ジルベルト英語で歌うソフィー・ミルマンのヴォーカルでどうぞ。

おいしい水 (Agua De Beber) ポルトガル語の歌詞はこちら
おいしい水 (Water to Drink) 英語の歌詞はこちら
Antonio Carlos Jobim ディスコグラフィー
Astrud Gilberto ディスコグラフィー
Sophie Milman ディスコグラフィー

Astrud Gilberto - Aqua De Beber





おいしい水おいしい水
アストラッド・ジルベルト
商品詳細を見る
ボサ・ノヴァの女王が{イパネマの娘}の大ブレイクを経た65年に吹き込んだ初めてのフル・アルバム。言うまでもなく,あの特有の浮遊感の絶頂期。腰骨が緩むような快楽が迫り来るこの雰囲気こそ,彼女を体験する醍醐味。原本通りのフォーマットで初CD化。


ベスト・ヒッツベスト・ヒッツ
アストラッド・ジルベルト
商品詳細を見る
ボサ・ノヴァがジャズとして登場したことを忘れる位時が経ち,もう普通のポピュラーとしてしか捉えられていないが,何れの曲も既にスタンダードとして有名。女王アストラッドによるベスト・ヒット集には24曲も収録され,ボサ・ノヴァを知るには最適盤。


Sophie Milman - Agua De Beber





ソフィー・ミルマンソフィー・ミルマン
ソフィー・ミルマン
商品詳細を見る
ソフィー・ミルマンのセルフ・タイトルのデビュー・アルバムは、ジャズ・スタンダードとコンテンポラリーの新曲を集め、この若いジャズ・シンガーの成熟と独創性を示している。巧みなプロデュースはカナダのジャズの開祖ビル・キングとダニー・グリーンスプーン。カナダのジャズ・シーンで最高のプレイヤーたちも数人参加している。


マシュ・ケ・ナーダ(紙ジャケット仕様)マシュ・ケ・ナーダ(紙ジャケット仕様)
セルジオ・メンデス&ブラジル’66
商品詳細を見る
ジョルジ・ベンのカヴァー(1)で世界的人気を獲得した66年作品。印象的なリフをピアノに置き換え、女性ヴォーカルによる歌メロもほぼ原曲どおりなのに濃密なラテン味を出しているビートルズ作品(6)にセンスと力量が示されている。ポップでおしゃれな快演揃い....
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : ブラジルの女性ジャズ歌手 アメリカの女性ジャズ歌手 ボサノヴァ ジャズ・スタンダード ラテン アダルト・コンテンポラリー アストラッド・ジルベルト アントニオ・カルロス・ジョビン  

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-70.html

2008/12/03 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

イパネマの娘(The Girl From Ipanema)/アストラッド・ジルベルト

   ↑  2008/11/26 (水)  カテゴリー: 1962年の洋楽
年度1962年昭和 37 年
作詞Vinicius de Moraes
Norman Gimbel
ヴィニシウス・ヂ・モライス
ノーマン・ギンベル(英語詞)
作曲Antonio Carlos Jobimアントニオ・カルロス・ジョビン
アーティストAstrud Gilberto
Niro Koizumi
アストラッド・ジルベルト
小泉ニロ

ザ・ガール・フロム・イパネマ、邦題はイパネマの娘は1962年に紹介されたアントニオ・カルロス・ジョビンの代表作品であるブラジルのボサノヴァです。彼は数多くの名曲を残してます。きっとどこかで耳にされた曲がたくさんあると思います。
原曲のタイトルは『Garota de Ipanema』歌詞は 後に英語に翻訳されアメリカのノーマン・ギンベルが歌詞を書いています。イパネマとは、イパネマ海岸(ブラジル・リオデジネイロ)のことです。
1963年にアストラッド・ジルベルトがアメリカのJAZZサックス奏者スタン・ゲッツと組んでこの曲を大ヒットさせ、全米ビルボード、アダルト・コンテンポラリー部門で1位を記録した。この曲はスタン・ゲッツと共演しているアルバム「ゲッツ/ジルベルト(Getz/Gilberto)」の中に収録され1965年にはグラミー賞最優秀レコード賞を受賞しています。
今夜の動画は、アストラッド・ジルベルトとスタン・ゲッツとのTVショーの動画、ポルトガル語で小泉ニロの動画をピックアップしてみました。

►イパネマの娘(The Girl From Ipanema )の英語歌詞はこちらから
►イパネマの娘(Garota de Ipanema)ポルトガル語歌詞はこちらから
Antonio Carlos Jobim ディスコグラフィー
Astrud Gilberto ディスコグラフィー
スタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルト ディスコグラフィー
小泉ニロ ディスコグラフィー

Astrud Gilberto and Stan Getz: THE GIRL FROM IPANEMA - 1964





ゲッツ/ジルベルト~スペシャル・エディションゲッツ/ジルベルト~スペシャル・エディション
スタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルト
商品詳細を見る
世界中にボサ・ノヴァ・ブームを巻き起こし、大ヒットを記録した名盤が限定リイシュー。2003年来日記念盤で、オリジナルに『ゲッツ/ジルベルト#2』収録のライヴ音源8曲を追加したお得盤。


イパネマの娘 - 小泉ニロ





Bossa@NILO~Ipanema~小泉ニロ
商品詳細を見る
スタンダードナンバー「イパネマの娘」など、ボサノバを中心とするブラジル音楽のカバーを収録。彼女自身のギターによって奏でられるサウンドは、全曲ポルトガル語詞に加え、濃密なブラスアンサンブルに爽やかなフルート、そしてブラジル楽器を含む多種多様なパーカッションなども使われ、美しいアルバムに仕上がっております。
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : ブラジルの女性ジャズ歌手 ボサノヴァ  ジャズ・スタンダード アダルト・コンテンポラリー グラミー賞 アントニオ・カルロス・ジョビン アストラッド・ジルベルト 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-67.html

2008/11/26 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。