あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!


明日への道標(I’m So Glad I’m Standing Here Today)/ザ・クルセイダーズ

年度1981年昭和56年
作詞Will Jenningsウィル・ジェニングス
作曲Joe Sampleジョー・サンプル 
アーティストThe Crusadersザ・クルセイダーズ

この曲は、ネガティブ な気持ちにならず前向きな気持ちで進んでいこう!人生落ち込みはつきものでありもっとカッコよく生きよう!と説いている応援歌というところでしょうか。ジャズ・フュージョングループ、ザ・クルセイダーズが発表したボーカル・フィーチャーされた名曲は多いが、この曲もその中のひとつであります。
邦題は「明日への道標」アイム・ソー・グラッド・アイム・スタンディング・ヒヤ・トゥデイは1981年に発表したアルバム『スタンディング・トール』に収録されている。ゲストに人気シンガーのジョー・コッカーを迎え、ウィルトン・フェルダー(Sax)、ジョー・サンプル(Key)、スティックス・フーパー(Dr)、ラリー・カールトン(Guitar)、ルイス・ジョンソン(bas)のメンバーが布陣を敷く。
この曲を作詞したソングライター、ウィル・ジェニングスはあの名曲「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」タイタニック(1997年)の主題歌を手がけている。
1988に解散、70年から80年代にかけてジャズ界を引っ張ってきたクルセイダーズのメンバーも淋しい事に、ジョー・サンプルは2014年9月12日75歳、ウィルトン・フェルダー2015年9月27日75歳、またジョー・コッカーも2014年12月22日70歳でこの世を去っている。

►明日への道標(I’m So Glad I’m Standing Here Today)の歌詞はこちらから
The Crusaders ディスコグラフィー

The Crusaders/"feat."Joe Cocker - I'm So Glad I'm Standing






スタンディング・トール
ザ・クルセイダーズ
スティックス・フーパーが在籍していた最後のスタジオ作品となった81年のもの。いつもの通りヴォーカル入りで,ここではジョー・コッカーを起用し,話題を集めた。しかもナッシュビル録音である。
関連記事


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-547.html

[ 2016/04/10 19:16 ] 80’s 1981年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

クリスタルの恋人たち(Just the Two of Us)/グローヴァー・ワシントン・ジュニア

年度1980年昭和 55 年
作詞・作曲Bill Withers
William Salter
Ralph MacDonald
ビル・ウィザース
ウィリアム・サルター
ラルフ・マクドナルド
アーティストGrover Washington, Jr.グローヴァー・ワシントン・ジュニア

クールに決めたいならこの曲を聴け!と言いたくなるような味のある曲、邦題「クリスタルの恋人たち」ジャスト・ザ・トゥー・オブ・アス。ジャズ・フュージョン界を代表するサックス奏者グローヴァー・ワシントン・ジュニア1980年に発表した楽曲である。歌手のビル・ウィザースをゲストとして招きフィーチャーした。同年に彼はザ・クルセイダーズともフィーチャーを行い、名曲ソウル・シャドウズを歌っている。
1980年にリリースされたアルバム『ワインライト(Winelight)』に収録。1981年にシングルカットされ、全米シングル・チャートで最高位2位、1982年にはグラミー賞で最優秀R&Bソング賞を受賞した。

►クリスタルの恋人たち(Just the Two of Us)の歌詞はこちらから
Grover Washington, Jr. ディスコグラフィー

Grover Washington Jr - Just the two of us





ワインライト <FUSION 1000>ワインライト
グローヴァー・ワシントンJR.
商品詳細を見る
「FUSION BESTコレクション1000」第1弾。本作は、グローヴァー・ワシントンJr.が1980年ニューヨークにて録音したアルバム。メロウなサウンドでスムース・ジャズの原点となった歴史的傑作。ヒット曲「クリスタルの恋人たち」他を収録....
関連記事


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-491.html

[ 2015/04/13 00:42 ] 80’s 1980年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

サタデイ・イン・ザ・パーク(Saturday In The Park)/シカゴ

年度1972年昭和 47 年
作詞・作曲Robert Lammロバート・ラム
アーティストChicagoシカゴ

アメリカのロックバンド「シカゴ」が1972年に5作目となるスタジオ・アルバム「シカゴ5」を発表した。このアルバムに収録されたサタデイ・イン・ザ・パークはシングルカットされ全米シングルチャートで最高位3位まで記録、ビッグヒットとなった。このアルバムも全米アルバムチャートで1位を獲得した。

►サタデイ・イン・ザ・パーク(Saturday In The Park)の歌詞はこちらから
Chicago ディスコグラフィー

Chicago - Saturday In The Park





シカゴVシカゴV
シカゴ
商品詳細を見る
通算5作目にして初の1枚ものアルバムとなった。全体にソウル・ポップ色を強めた内容で、代表収録曲は全米チャート3位となったロバート・ラム作/ヴォーカルの「サタデイ・イン・ザ・パーク」。アルバムも大ヒットを記録し初の全米NO.1を獲得。
関連記事


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-490.html

[ 2015/04/10 00:46 ] 70’s 1972年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

ナイト・バーズ(Night Birds)/シャカタク

年度1982年昭和 57 年
作詞・作曲William Sharpe
Rpger Odell
ウィリアム・シャープ
ロジャー・オデル
アーティストShakatakシャカタク

都会的なサウンドで人気を博したイギリスのジャズ・ファンクバンド、シャカタクが1982年に発表したインストゥルメンタルのナンバー「ナイト・バーズ」はビル・シャープ(Bill Sharpe)のキーボードとジル・セイワード(Jill Saward) の ヴォーカルが見事に融合、洗練されたクールな世界を演出しています。 アルバムはこの曲と同じタイトル『Night Birds』に収録されている。
※ウィリアム・シャープとビル・シャープは同一人物である。

►ナイト・バーズ(Night Birds)の歌詞はこちらから
Shakatak ディスコグラフィー

Shakatak - Night Birds





ナイト・バーズ+1(紙ジャケット仕様)ナイト・バーズ+1(紙ジャケット仕様)
シャカタク、ジル・セイワード 他
商品詳細を見る
1980年にイギリスで結成されたバンド、シャカタクの高音質プラチナSHM/紙ジャケット・シリーズ。本作は、1982年に発表されたセカンド・アルバム。ヒット曲「ナイト・バーズ」「ストリートウォーキン」他を収録
関連記事


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-454.html

[ 2014/07/20 12:05 ] 80’s 1982年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

黒い炎(Get It On)/チェイス

年度1971年昭和 46 年
作詞・作曲Bill Chase
Terry Richards
ビル・チェイス
テリー・リチャード
アーティストChaseチェイス

チェイスは1971年~1974にかけてアメリカで活躍したブラス・ロックのバンド。グループ名はビッグバンド出身のトランぺッター、リーダーであるビル・チェイス(Bill Chase)から付けられた。邦題は黒い炎(ゲット・イット・オン)この曲は彼らの1971年のデビュー曲である。ファーストアルバム「CHASE」に収録され全米アルバム・チャートでは 13週1位を記録した。
※同年にヒットしたT・レックスの曲に同タイトル曲がある。この時代はブラッド・スウェット&ティアーズシカゴなどブラスロックが流行り名曲が数多く配信されている。
ビル・チェイスが飛行機事故によって39歳で亡くなった事で、このグループも解散している。存命していればまだ多くの作品を残したに違いないだろう。ビル・チェイス亡きあと、生き残ったメンバーでロックバンド「サバイバー」を結成、ロッキーのテーマ・ソングである アイ・オブ・ザ・タ­イガーの大ヒット曲を残している。

►黒い炎(Get It On)/Chaseの歌詞はこちらから
Chase ディスコグラフィー 

Chase - Get It On





追跡(紙ジャケット仕様)チェイス
商品詳細を見る
ジャズの名門ウディ・ハーマン楽団出身のトランぺッター、ビル・チェイスを中心に結成された9人組。1971年、デビュー曲「黒い炎」の大ヒットで、シカゴ、BS&Tと共にブラス・ロックの旗手として一躍脚光を浴びた。トランペットだけ4人編成という特異なスタイルを活かしたスリリングなアレンジと、炸裂するハイノートのアンサンブルが最大の魅力。1972年には来日公演も行われた.....
関連記事


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-347.html

[ 2012/11/05 16:06 ] 70’s 1971年の洋楽 | TB(0) | CM(0)
全記事表示リンク
Tag List

サイト内キーワード検索

フュージョン
ロックンロール 50’s スイング・ジャズ アメリカのジャズバンド 60’s ブルース アメリカの男性シンガーソングライター エルヴィス・プレスリー 全米No.1ヒット 90’s ハードロック ディープ・パープル ラテン インストゥルメンタル 70’s ディスコ ポップ 映画で使われた曲 ポップ・ロック カントリー バブルガム・ポップ アメリカの男性ポップ歌手 イギリスのグループ ビージーズ 映画の主題歌 全英No.1ヒット イギリスのロックバンド 80’s アダルト·コンテンポラリー イギリスの男性ロック歌手 ビートルズ イージーリスニング デュエット曲 アメリカのポップ・デュオ ブルー・アイド・ソウル プログレッシブ・ロック ハード・ロック ニュー・ウェーヴ ニューエイジ カントリー・ロック イーグルス レゲエ R&B カンツォーネ フォーク・ロック ユーロ・ポップ アダルト・コンテンポラリー ブルース・ロック アメリカのロック・バンド ソウル ジャズ・ファンク フュージョン ブギウギ カーペンターズ ソフト・ロック グラミー賞 イギリスの女性シンガーソングライター アメリカの女性ヴォーカルグループ イギリスの女性歌手 カナダの女性ジャズ歌手 スムーズジャズ アメリカの女性シンガーソングライター スーパーグループ アメリカのフォークグループ AOR アメリカの男性ポップ・デュオ ファンク ダンス・ポップ マイケル・ジャクソン イギリスの男性歌手 シャンソン ミュージカル サイケデリック・ロック ジャズ・スタンダード アメリカの女性R&B歌手 アカデミー歌曲賞 40’s アメリカの女性ジャズ歌手 アメリカの女性ポップ歌手 クリスマスソング アメリカの男性ヴォーカルグループ ラテン・ポップ エルトン・ジョン イギリスの男性シンガーソングライター イタリアの男性歌手 ヘヴィメタル アメリカの男性カントリー歌手 バート・バカラック アメリカの女性歌手 アメリカのロックバンド ブラス・ロック シカゴ ダンス アメリカの男性R&B歌手 CMソング アメリカの作曲家 ビッグバンド アメリカのファンクグループ ゴスペル フランク・シナトラ ディズニー・ソング ヒップホップ アメリカの男性ロック歌手 ロカビリー ガールズバンド ジャズ・ファンク アカペラ アメリカのヴォーカルグループ ビー・ジーズ マリリン・モンロー アメリカの映画女優 モータウン グラム・ロック アート・ロック クイーン パンク・ロック アメリカの女性カントリー歌手 アントニオ・カルロス・ジョビン ボサノヴァ アンディ・ウィリアムス ダイアナ・ロス イギリスの男性ポップ・デュオ アメリカの男性R&Bボーカルグループ ドゥーワップ オーストラリアの女性歌手 オリビア・ニュートン・ジョン ダスティ・スプリングフィールド イギリスの女性ソウル歌手 サイケデリック・ポップ グロリア・エステファン フランキー・ヴァリ アメリカのR&Bボーカルグループ アメリカの男性ジャズ歌手 スプリームス 日本でリメイクされた曲 フレンチポップス イギリスの女性ポップ歌手 イギリスの女性ヴォーカルグループ アメリカの女性ボーカルグループ アメリカのジャズ・ピアニスト レイ・チャールズ ディオンヌ・ワーウィック ロッド・スチュワート イギリスのヴォーカルグループ マドンナ ジョン・レノン サイモン&ガーファンクル ナット・キング・コール イギリスの男性ポップ歌手 フォーク ルイ・アームストロング ディキシーランド・ジャズ ワルツ アメリカの男性ボーカルグループ チャック・ベリー ア・カペラ ラテン・ロック グレン・ミラー エラ・フィッツジェラルド 浅川マキ トニー・ベネット TVのテーマ曲 アメリカの男性歌手 ベニー・グッドマン ブルーノート ファンキー・ジャズ ソウル・ジャズ ブラジルの女性ジャズ歌手 ローズマリー・クルーニー ブラジルの男性シンガーソングライター イージー・リスニング フランスのシャンソン歌手 ジュリー・ロンドン イギリスの女性R&B歌手 ダイアナ・クラール アメリカのミュージカル女優 アストラッド・ジルベルト コール・ポーター