ブルームーンあれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!! 

このページの記事目次 (タグ: ディキシーランド・ジャズ の検索結果)

セントルイス・ブルース(St. Louis Blues)/ルイ・アームストロング

   ↑  2011/03/26 (土)  カテゴリー: 1940年代以降の洋楽
年度1914年大正 3 年
作詞・作曲William Christopher Handyウィリアム・クリストファー・ハンディ
アーティストLouis Armstrongルイ・アームストロング

この有名な古典ブルースを書いたのは米国のウィリアム・クリストファー・ハンディによって1914年に紹介され、1920年歌手のマリオン・ハリス(Marion Harris)によって初めてレコーディングされました。
1925年にはベッシー・スミス、ビリー・ホリディなど大物黒人女性歌手が歌っていますが、セントルイス・ブルースと言えばルイ・アームストロングというほどルイ・アームストロングの代表曲としてもよく知られている楽曲です。動画はベルマ・ミドルトンとの共演ライブ音源です。
 
►セントルイス・ブルース(Saint Louis Blues)の歌詞はこちらから
Louis Armstrong ディスコグラフィー
Louis Armstrong  Wikipedia

Marion Harris - St.Louis Blues (1920)





Louis Armstrong/Velma Middleton & His All Stars - Saint Louis Blues





ルイ・アームストロング 2ルイ・アームストロング 2
ルイ・アームストロング
商品詳細を見る
天才トランペッターとしてだけでなく「スキャット」というユニークな唱法を広め、「サッチモ」の愛称で世界中で愛されたジャズの帝王。ダミ声で汗をかきながら熱演する姿は、誰からも愛された。*1957・58・59年録音


セントルイス・ブルースセントルイス・ブルース
ベッシー・スミス
商品詳細を見る
「ブルースの女王」って、普通の人は淡谷のり子を思い浮かべる。でも、淡谷のり子って、全然ブルースっぽくないんだよね。歌い方が。まあ、俺は全然興味ないからいいけどさ。ベッシー・スミス、たしかにブルージーです。しかし、そんなに暗くはない。湿度も低くはないけど、ジメジメはしてない。その代わり、結構脂っぽい。好きな人は一日中聴いてもいいだろうけど、普通の人にはこってりし過ぎですなあ。でも、そこに救世主が。セントルイス・ブルースはじめ4曲で共演するサッチモです。サッチモがオブリガードで入ると不思議と脂分が中和されて気持ちいい。
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性ジャズ歌手 ディキシーランド・ジャズ ジャズ・スタンダード ブルース ルイ・アームストロング 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-272.html

2011/03/26 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ハニーサックル・ローズ(Honeysuckle Rose)/ファッツ・ウォーラー

   ↑  2009/05/28 (木)  カテゴリー: 1940年代以降の洋楽
年度1929年昭和 5 年
作詞Andy Razafアンディ・ラザフ
作曲Thomas 'Fats' Wallerトーマス・ファッツ・ウォーラー
アーティストJane Monheit
Anita O'Day
ジェーン・モンハイト
アニタ・オデイ

ハニーサックル・ローズは1929年のミュージカル『ロード・オブ・コール』で初めて紹介された曲です。曲はアメリカのジャズピアニスト、ファッツ·ウォーラーが作曲しています。 ヴォーカルはエラ・フィッツジェラルドの歌で知られています。
ハニーサックルとは、植物の名で「すいかずら」(忍冬)をさします。
今夜の動画は日本でも多くのオールド・ファンが多いこの曲でお馴染みのアメリカのジャズ歌手アニタ・オデイをアップしてみました。新しいところではアメリカ・ニューヨーク出身のジェーン・モンハイトがこの曲を歌っています。アルバム『テイキング・ア・チャンス・オン・ラヴ』に収録されたハニーサックル・ローズ、美貌で歌唱力もある彼女このアルバムでスイング・ジャーナル誌のゴールド・ディスク大賞を獲得しています。

►ハニーサックル・ローズ(Honeysuckle Rose)の歌詞はこちらから
Fats Waller ディスコグラフィー
Jane Monheit ディスコグラフィー
Anita O'Day ディスコグラフィー

Fats Waller - Honeysuckle Rose





浮気はやめた浮気はやめた
ファッツ・ウォーラー
商品詳細を見る
ファッツ・ウォーラーってどんな人!!ニューヨーク生まれ。太っちょの愛称で親しまれた知る人ぞ知るジャズ・ピアニスト。オールドファンならディキシーランド・ジャズを知る上で忘れることができない一人だ。


Jane Monheit- Honeysuckle Rose





テイキング・ア・チャンス・オン・ラヴテイキング・ア・チャンス・オン・ラヴ
ジェーン・モンハイト
商品詳細を見る
美しいルックスと情感豊かな歌唱力で多くのファンをつかんできたジェーン・モンハイトのソニー・クラシカル移籍第1弾は、往年のMGMミュージカル作品集。マイケル・ブーブレとのデュエットも収録。


Anita O'Day - Honeysuckle Rose





ジス・イズ・アニタジス・イズ・アニタ
アニタ・オデイ
商品詳細を見る
究極のヘタウマこそ唯一無二の個性であり、どんなテクニックや能力的に優れたモノにも勝り、1つのスタイルを確立してしまうということは、音楽の世界ではよく起こりうる現実である。アニタ・オデイという女性もまた、そうした特別な才能をもったヴォーカリストだったのであろう。本作を聴くかぎり、とりたてて声量があるわけではないし......
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの女性ジャズ歌手 アメリカのジャズ・ピアニスト ディキシーランド・ジャズ ジャズ・スタンダード ミュージカル アニタ・オデイ 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-131.html

2009/05/28 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ハロー・ドーリー!(Hello, Dolly!)/ルイ・アームストロング

   ↑  2009/02/12 (木)  カテゴリー: 1964年の洋楽
年度1964年昭和 39 年
作詞・作曲Jerry Hermanジェリー・ハーマン
アーティストLouis Armstrong
Barbra Streisand
ルイ・アームストロング
バーブラ・ストライサンド

舞台劇ハロー・ドーリー!は1964年にキャロル・チャニング主演でブロードウェイ・ミュージカルで初上演されました。この曲は劇中の中で歌われました。作詞・作曲はジェリー・ハーマンが手掛けています。
1969年にミュージカル映画として同タイトルで映画化されました。監督は『雨に歌えば』で主演を演じたジーン・ケリー。出演者はバーブラ・ストライサンド、ウォルター・マッソー....ルイ・アームストロング もこの作品に出演しとても有名なシーンとなったバーブラ・ストライサンドとデュエットのシーンを残しています。この映画は 第42回アカデミー賞において3部門を受賞した。

►ハロー・ドーリー! (Hello Dolly)の歌詞はこちらから
Louis Armstrong ディスコグラフィー
Barbra Streisand  ディスコグラフィー

Louis Armstrong Barbra Streisand - Hello Dolly





ハロー・ドーリー! [DVD]ハロー・ドーリー! [DVD]
バーブラ・ストライサンド、ウォルター・マッソー 他
商品詳細を見る
「雨に歌えば」の名優ジーン・ケリー監督で贈る、大ヒットミュージカルの映画化!ファニー・ガール」でオスカーに輝いたバーブラ・ストライサンドが「恋人よ帰れ!わが胸に!」の名優ウォルター・マッソーを相手に恋の駆け引きを軽快に繰り広げる。ジャズ界の帝王ルイ・アームストロングと歌う、数々の名曲にのせて役者たちが歌い踊るシーンはまさに壮麗でダイナミックだ!


ハロー・サッチモ、アゲイン!ハロー・サッチモ、アゲイン!
ルイ・アームストロング
商品詳細を見る
時代/ジャンルを超えて多くの人に愛される『ハロー・サッチモ!』第2弾。膨大なカタログの中から、戦後の代表曲をレーベルの枠を取り払って収録。ジャケ・イラストは藤子不二雄?Zが担当。
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性ジャズ歌手 ディキシーランド・ジャズ ジャズ・スタンダード ミュージカル 映画の主題歌 グラミー賞 全米No.1ヒット デュエット曲 ルイ・アームストロング 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-94.html

2009/02/12 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

この素晴らしき世界(What a Wonderful World)/ルイ・アームストロング

   ↑  2008/10/18 (土)  カテゴリー: 1968年の洋楽
年度1968年昭和 43 年
作詞・作曲Bob Thiele
George David Weiss
ボブ・シール
ジョージ・デヴィッド・ワイス
アーティストLouis Armstrongルイ・アームストロング

ホワット・ア・ワンダフル・ワールド 邦題はこの素晴らしき世界「サッチモ」の愛称で、お馴染みのルイ・アームストロングが歌いヒットした曲です。 日本でも幾度となくシーンで使われてきたこの曲、サッチモのシャガレタ声で味わい深く、歌う歌声は疲れた心を癒してくれる最高の癒しソングの中の1曲でしょう。
1968年作詞・作曲はG・ダグラスことボブ・シール(Bob Thiele)、ジョージ・デヴィッド・ワイス、が書いています。全英シングルチャートでは1位を記録しましたが全米ヒットチャートでは32位が最高でトップ10までは記録されませんでした。
再リリースは1987年のアメリカ反戦映画「グッドモーニング, ベトナム」(主演はロビン・ウィリアムズ)のサウンド・トラックで使われていました。 
最近日本でもは2004年の映画スウィングガールズ 『SWING GIRLS』 サウンド・トラックでこの曲が使われていました。
動画は2004年に人気のサックス奏者のケニー・Gとルイ・アームストロング とのコラボレーションの動画、魅力ある二人のアーティストの協演、聴き応えがあります。

►ホワット・ア・ワンダフル・ワールドWhat a Wonderful World)の歌詞はこちらから
Louis Armstrong ディスコグラフィー
Louis Armstrong Wikipedia

What a Wonderful World - Louis Armstrong





この素晴らしき世界この素晴らしき世界
ルイ・アームストロング
商品詳細を見る
映画『グッドモーニング・ベトナム』に使用され、彼の死後に大ヒットとなったタイトル曲はじめ、ポップなヴォーカル・ナンバーで構成された作品集。このダミ声で歌われるとすべて彼の世界になる。


Kenny G/Louis Armstrong - What a Wonderful World
 




クラッシックス ― キー・オブ・ケニー・Gクラッシックス ― キー・オブ・ケニー・G
ケニー・G、ベベル・ジルベルト 他
商品詳細を見る
ケニー・Gがスタンダードを演奏すると、なるほどこういう形になるのかと納得してしまう一枚。小難しいことを一切しないというのも潔ぎがいいし、ストレートに演奏することで原曲の良さを倍増させるすべも心得ている。サッチモとの3が聴きものだ。


SWING GIRLS オリジナル・サウンドトラックSWING GIRLS オリジナル・サウンドトラック
サントラ、SWING GIRLS 他
商品詳細を見る
2004年公開、矢口史靖監督映画『スウィングガールズ』の演奏場面はすべて出演者自身によるもの。スウィングガールズたちの演奏を丸ごと収録したオリジナル・サウンドトラック盤。
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性ジャズ歌手 ディキシーランド・ジャズ スイング・ジャズ ジャズ・スタンダード 映画で使われた曲 60’s ルイ・アームストロング  

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-46.html

2008/10/18 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。