あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!


恋よさようなら(I'll Never Fall In Love Again)/ディオンヌ・ワーウィック

年度1968年昭和 43 年
作詞Hal Davidハル·デヴィッド
作曲Burt Bacharachバート・バカラック
アーティストDionne Warwickディオンヌ・ワーウィック

邦題『恋よさようなら』アイル・ネバー・フォール・イン・ラブ・アゲインはバート・バカラック、ハル·デヴィッドの名コンビで制作されました。 1969年にはこの曲をディオンヌ・ワーウィックがコラボレーションし全英のシングルチャートで1位、全米アダルトコンテンポラリー部門でも1位を記録隣世界中で大ヒットしています。1970年度のグラミーで女性ベスト・ポップ・ヴォーカル賞をこの曲で受賞しました。

►恋よさようなら(I'll Never Fall In Love Again)の歌詞はこちらから
Burt Bacharach  ディスコグラフィー
Dionne Warwick ディスコグラフィー

Burt Bacharach - I'll Never Fall In Love Again





ベスト・プライス~バート・バカラック・ベストベスト・プライス~バート・バカラック・ベスト
バート・バカラック
商品詳細を見る
「遥かなる影」、「雨にぬれても」、「恋の面影」、「アルフィー」、「恋よ、さようなら」などなどの名曲を書いた、アメリカを代表する作曲家、バート・バカラックのベスト。


Dionne Warwick - I'll Never Fall In Love Again





グレイテスト・ヒッツ1962-1987グレイテスト・ヒッツ1962-1987
ディオンヌ・ワーウィック、スピナーズ 他
商品詳細を見る
「恋よ、さようなら」をはじめ、バート・バカラックの幾多の名曲のオリジナル・シンガーとして知られるポップ・シンガーのキャリアを集大成したベスト盤。ジャケはありきたりだが、セプター、アリスタなどレーベルを超えた選曲は{究極}にふさわしい。
関連記事


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-247.html

[ 2012/08/18 12:15 ] 60’s 1968年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

愛のハーモニー(That's What Friends Are For)/ディオンヌ・ワーウィック

年度1985年昭和 60 年
作詞・作曲Burt Bacharach
Carole Bayer Sager
バート・バカラック
キャロル・ベイヤー・セイガー
アーティストRod Stewart
Dionne Warwick
ロッド・スチュワート
ディオンヌ・ワーウィック

ザッツ・ホワット・フレンズ・アー・フォー、のオリジナルは1982年アメリカのコメディ映画映画『ラブ IN ニューヨーク 』のサウンドトラック使われエンディングでイギリスの歌手ロッド・スチュワートが歌った。
後1985年にディオンヌ&フレンズ(ディオンヌ・ワーウィック、グラディス・ナイト、エルトン・ジョン、スティーヴィー・ワンダー) によるエイズ撲滅チャリティーソングとしてカバーされた。1986年にはビルボードホット100では4週連続1位を記録し世界中で大ヒット。この曲はディオンヌ・ワーウィックのアルバム『フレンズ』に収録されている。

►愛のハーモニー(That's What Friends Are For )の歌詞はこちらから
Burt Bacharach ディスコグラフィー
Rod Stewart ディスコグラフィー
Dionne Warwick ディスコグラフィー

That's What Friends Are For - Rod Stewart





Encore: Very Best of 2Encore: Very Best of 2
Rod Stewart
商品詳細を見る
日本でのプレスはなく、インポート盤このアルバムは希少価値が高い。バート・バカラック、キャロル・ベイヤー・セイガー作の「愛のハーモニー(That's What Friends Are For )」が収録されています。後にディオンヌ&フレンズがカヴァーし、「愛のハーモニー」の邦題で全米1位を記録した名曲です。ロッドのヴァージョンです。要チェックのベスト盤です。


That's What Friends Are For - Dionne Warwick & Friends HQ





グレイテスト・ヒッツ1962-1987グレイテスト・ヒッツ1962-1987
ディオンヌ・ワーウィック、スピナーズ 他
商品詳細を見る
「恋よ、さようなら」をはじめ、バート・バカラックの幾多の名曲のオリジナル・シンガーとして知られるポップ・シンガーのキャリアを集大成したベスト盤。ジャケはありきたりだが、セプター、アリスタなどレーベルを超えた選曲は{究極}にふさわしい。
関連記事


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-327.html

[ 2012/06/26 23:15 ] 80’s 1985年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

サン・ホセへの道(Do You Know The Way To San Jose)/ディオンヌ・ワーウィック 

年度1968年昭和 43 年
作詞Hal Davidハル・デビッド
作曲Burt Bacharachバート・バカラック
アーティスト Dionne Warwickディオンヌ・ワーウィック

邦題「サン・ホセへの道」ドゥー・ユー・ノウ・ザ・ウエイ・トゥ・サン・ホセは1968年にアメリカの作曲家バート・バカラックの数ある代表作の一曲です。 R&B歌手ディオンヌ・ワーウィックによる1967年『小さな願い』に次ぐ第2弾となります。全米シングル・チャートでは10位まで記録されました。 サンホセ(San José)とはスペイン語で地名を意味するものでここではアメリカ合衆国カリフォルニア州のサンノゼ(San Jose)を指しています。
ブラジルのボサノヴァ・グループ「ボサ・リオ」もこの曲のカバー、日本でもヒットしています。ボサ・リオは後に解散していますが、メンバーの女性ヴォーカル「グラシーニャ・レポラーセ」は後に「セルジオ・メンデス&ブラジル’66」から名前を変更した「ブラジル'77」のヴォーカルとして移籍しました。

►サン・ホセへの道(Do You Know The Way To San Jose)の歌詞はこちらから
Burt Bacharach  ディスコグラフィー
Dionne Warwick ディスコグラフィー
Bossa Rio ディスコグラフィー
バート・バカラック オフィシャルサイト

Dionne Warwick - Do You Know The Way To San Jose





グレイテスト・ヒッツ1962-1987グレイテスト・ヒッツ1962-1987
ディオンヌ・ワーウィック、スピナーズ 他
商品詳細を見る
二人のコラボレーションは、1960年代から70年代のポップス・シーンをリードしていました。 「ウォーク・オン・バイ」「アルフィー」「小さな願い」「サン・ホセへの道」「恋よ,さようなら」など、稀代のメロディ・メイカーであったバート・バカラックが作ったこれらの数々のヒット曲をディオンヌ・ワーウィックの歌で聴くと洋楽が大好きだったあの頃を思い出します。


サン・ホセへの道サン・ホセへの道
ボサ・リオ
商品詳細を見る
セルジオ・メンデスの弟分グループ、ボサ・リオが70年に発表したデビュー・アルバム。プロデューサーのセルジオがアメリカにボサ・ノヴァを紹介し、成功した後だっただけに、洗練されたポップなボサ・ノヴァを聞かせる。時代の気分を反映し(4)(6)をカヴァー。


バカラック・ベスト~生誕80年記念スペシャルバカラック・ベスト~生誕80年記念スペシャル
オムニバス、バート・バカラック 他
商品詳細を見る
60年代以降ロックが隆盛になるなかでは、50年代に頂点を極めた、ボサノヴァ、オーケストラ・アレンジを取り入れたバカラックのアメリカン・ポップスは異端の身に甘んじました。でも、それだけにバカラックの跡を継ぐ後輩がいないので、バカラックに替わる存在は今もいません。そういう意味では、ほかのCDと多少の曲目の重複はあっても、バカラックのCDは、何種類買っても、むだには思いません。
関連記事


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-299.html

[ 2011/09/11 23:41 ] 60’s 1968年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

小さな願い(I Say A Little Prayer)/ディオンヌ・ワーウィック 

年度1967年昭和 42 年
作詞・作曲Burt Bacharach
Hal David
バート・バカラック
ハル・デビッド
アーティストDionne Warwickディオンヌ・ワーウィック

バート・バカラック、 ハル・デビッドのコンビによって書かれたこの楽曲アイ・セイ・ア・リトル・プレイヤーは1967年ディオンヌ・ワーウィックによって歌われ,全米シングル・チャートで4位まで記録されています。日本での邦題は『小さな願い』で紹介されました。アレサ·フランクリン、アン·マレーとグレン·キャンベルのバージョンなど多くのアーティストにカバーされています。
私のお気に入りのカットで、1997年のアメリカ映画『ベスト・フレンズ・ウェディング』この曲が使われで使われていました。出演者全員で歌うこの曲がベストマッチし、とても心に残るワンシーンです。
また現在最もアメリカで人気のあるテレビドラマ「グリー 踊る♪合唱部!?」シーズン1第2話「ディスコミュージックはお好き?」グリー部員クイン、サンタナ、ブリトニーのオーディション・シーンでもこの曲が使われていました。

►小さな願い(I Say A Little Prayer)の歌詞はこちらから
Burt Bacharach  ディスコグラフィー
Dionne Warwick ディスコグラフィー
Glee Cast ディスコグラフィー

Dionne Warwick - I Say A Little Prayer





グレイテスト・ヒッツ1962-1987グレイテスト・ヒッツ1962-1987
ディオンヌ・ワーウィック、スピナーズ 他
商品詳細を見る
「恋よ、さようなら」をはじめ、バート・バカラックの幾多の名曲のオリジナル・シンガーとして知られるポップ・シンガーのキャリアを集大成したベスト盤。ジャケはありきたりだが、セプター、アリスタなどレーベルを超えた選曲は{究極}にふさわしい。


バート・バカラック・プレゼンツ・スウィート・メロディーズバート・バカラック・プレゼンツ・スウィート・メロディーズ
オムニバス、ジーン・マクダニエルズ 他
商品詳細を見る
洗練されたおしゃれなメロディが今なお多くの人を引きつけるバカラックのレーベル/時代を超えた2枚組コンピ。カーペンターズ、ディオンヌ・ワーウィックなどおなじみの曲から、最近の作品まで収録した充実の内容。


Say a Little Prayer for You - My Best Friend's Wedding



ベスト・フレンズ・ウェディング コレクターズ・エディション [DVD]ベスト・フレンズ・ウェディング コレクターズ・エディション [DVD]
ジュリア・ロバーツ、ダーモット・マルロニー 他
商品詳細を見る
ジュリア・ロバーツとキャメロン・ディアス共演で贈るラブコメディ。元恋人のジョージが結婚すると知ったジュリアンは嫉妬を覚え、婚約者との仲を壊そうとするが…


Glee - I Say a Little Prayer (Official Video)





glee/グリー 踊る♪合唱部!? vol.1 [DVD]glee/グリー 踊る♪合唱部!? vol.1 [DVD]
マシュー・モリソン、コーリー・モンテース 他
商品詳細を見る
全米で放映開始と同時に大ブームを巻き起こし、エミー賞ほか数々の賞に輝いた青春ドラマシリーズ第1巻。オハイオ州の高校合唱部の冴えない落ちこぼれ部員たちが、新米教師と共に州大会の優勝を目指し奮闘する姿を描く。第1話から第4話を収録。
関連記事


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-283.html

[ 2011/05/21 00:35 ] 60’s 1967年の洋楽 | TB(0) | CM(0)
全記事表示リンク
Tag List

サイト内キーワード検索

ディオンヌ・ワーウィック
ロックンロール 50’s スイング・ジャズ アメリカのジャズバンド 60’s ブルース アメリカの男性シンガーソングライター エルヴィス・プレスリー 全米No.1ヒット 90’s ハードロック ディープ・パープル ラテン インストゥルメンタル 70’s ディスコ ポップ 映画で使われた曲 ポップ・ロック カントリー バブルガム・ポップ アメリカの男性ポップ歌手 イギリスのグループ ビージーズ 映画の主題歌 全英No.1ヒット イギリスのロックバンド 80’s アダルト·コンテンポラリー イギリスの男性ロック歌手 ビートルズ イージーリスニング デュエット曲 アメリカのポップ・デュオ ブルー・アイド・ソウル プログレッシブ・ロック ハード・ロック ニュー・ウェーヴ ニューエイジ カントリー・ロック イーグルス レゲエ R&B カンツォーネ フォーク・ロック ユーロ・ポップ アダルト・コンテンポラリー ブルース・ロック アメリカのロック・バンド ソウル ジャズ・ファンク フュージョン ブギウギ カーペンターズ ソフト・ロック グラミー賞 イギリスの女性シンガーソングライター アメリカの女性ヴォーカルグループ イギリスの女性歌手 カナダの女性ジャズ歌手 スムーズジャズ アメリカの女性シンガーソングライター スーパーグループ アメリカのフォークグループ AOR アメリカの男性ポップ・デュオ ファンク ダンス・ポップ マイケル・ジャクソン イギリスの男性歌手 シャンソン ミュージカル サイケデリック・ロック ジャズ・スタンダード アメリカの女性R&B歌手 アカデミー歌曲賞 40’s アメリカの女性ジャズ歌手 アメリカの女性ポップ歌手 クリスマスソング アメリカの男性ヴォーカルグループ ラテン・ポップ エルトン・ジョン イギリスの男性シンガーソングライター イタリアの男性歌手 ヘヴィメタル アメリカの男性カントリー歌手 バート・バカラック アメリカの女性歌手 アメリカのロックバンド ブラス・ロック シカゴ ダンス アメリカの男性R&B歌手 CMソング アメリカの作曲家 ビッグバンド アメリカのファンクグループ ゴスペル フランク・シナトラ ディズニー・ソング ヒップホップ アメリカの男性ロック歌手 ロカビリー ガールズバンド ジャズ・ファンク アカペラ アメリカのヴォーカルグループ ビー・ジーズ マリリン・モンロー アメリカの映画女優 モータウン グラム・ロック アート・ロック クイーン パンク・ロック アメリカの女性カントリー歌手 アントニオ・カルロス・ジョビン ボサノヴァ アンディ・ウィリアムス ダイアナ・ロス イギリスの男性ポップ・デュオ アメリカの男性R&Bボーカルグループ ドゥーワップ オーストラリアの女性歌手 オリビア・ニュートン・ジョン ダスティ・スプリングフィールド イギリスの女性ソウル歌手 サイケデリック・ポップ グロリア・エステファン フランキー・ヴァリ アメリカのR&Bボーカルグループ アメリカの男性ジャズ歌手 スプリームス 日本でリメイクされた曲 フレンチポップス イギリスの女性ポップ歌手 イギリスの女性ヴォーカルグループ アメリカの女性ボーカルグループ アメリカのジャズ・ピアニスト レイ・チャールズ ディオンヌ・ワーウィック ロッド・スチュワート イギリスのヴォーカルグループ マドンナ ジョン・レノン サイモン&ガーファンクル ナット・キング・コール イギリスの男性ポップ歌手 フォーク ルイ・アームストロング ディキシーランド・ジャズ ワルツ アメリカの男性ボーカルグループ チャック・ベリー ア・カペラ ラテン・ロック グレン・ミラー エラ・フィッツジェラルド 浅川マキ トニー・ベネット TVのテーマ曲 アメリカの男性歌手 ベニー・グッドマン ブルーノート ファンキー・ジャズ ソウル・ジャズ ブラジルの女性ジャズ歌手 ローズマリー・クルーニー ブラジルの男性シンガーソングライター イージー・リスニング フランスのシャンソン歌手 ジュリー・ロンドン イギリスの女性R&B歌手 ダイアナ・クラール アメリカのミュージカル女優 アストラッド・ジルベルト コール・ポーター