ブルームーンお勧めのオールディーズを動画で試聴【ポップ・ジャズ・ロック・映画音楽】歌詞・ダウンロード 




このページの記事目次 (タグ: ソウル の検索結果)

total 8 pages  次のページ →  



明日への道標(I’m So Glad I’m Standing Here Today)/ザ・クルセイダーズ

   ↑  2016/04/10 (日)  カテゴリー: 1981年の洋楽
年度1981年昭和56年
作詞Will Jenningsウィル・ジェニングス
作曲Joe Sampleジョー・サンプル 
アーティストThe Crusadersザ・クルセイダーズ

この曲は、ネガティブ な気持ちにならず前向きな気持ちで進んでいこう!人生落ち込みはつきものでありもっとカッコよく生きよう!と説いている応援歌というところでしょうか。ジャズ・フュージョングループ、ザ・クルセイダーズが発表したボーカル・フィーチャーされた名曲は多いが、この曲もその中のひとつであります。
邦題は「明日への道標」アイム・ソー・グラッド・アイム・スタンディング・ヒヤ・トゥデイは1981年に発表したアルバム『スタンディング・トール』に収録されている。ゲストに人気シンガーのジョー・コッカーを迎え、ウィルトン・フェルダー(Sax)、ジョー・サンプル(Key)、スティックス・フーパー(Dr)、ラリー・カールトン(Guitar)、ルイス・ジョンソン(bas)のメンバーが布陣を敷く。
この曲を作詞したソングライター、ウィル・ジェニングスはあの名曲「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」タイタニック(1997年)の主題歌を手がけている。
1988に解散、70年から80年代にかけてジャズ界を引っ張ってきたクルセイダーズのメンバーも淋しい事に、ジョー・サンプルは2014年9月12日75歳、ウィルトン・フェルダー2015年9月27日75歳、またジョー・コッカーも2014年12月22日70歳でこの世を去っている。

►明日への道標(I’m So Glad I’m Standing Here Today)の歌詞はこちらから
The Crusaders ディスコグラフィー

The Crusaders/"feat."Joe Cocker - I'm So Glad I'm Standing






スタンディング・トール
ザ・クルセイダーズ
スティックス・フーパーが在籍していた最後のスタジオ作品となった81年のもの。いつもの通りヴォーカル入りで,ここではジョー・コッカーを起用し,話題を集めた。しかもナッシュビル録音である。
関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカのジャズバンド ジャズ・ファンク フュージョン ソウル 80’s 

FC2スレッドテーマ : フュージョン名盤 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-547.html

2016/04/10 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

リスペクト(Respect)/アレサ・フランクリン

   ↑  2015/06/20 (土)  カテゴリー: 1965年の洋楽
年度1965年昭和40年
作詞・作曲Otis Reddingオーティス・レディング
アーティストAretha Franklinアレサ・フランクリン

夫婦生活も長くなるとお互いの敬う気持ちが薄れがちとなり何もかもが当たり前という関係になっていく。”私にたまには敬意を払って頂戴"とアレサが訴える...男女を問わず言える事だが円満の秘訣はお互いを尊重する気持ちを忘れないようにということだろうか?
オリジナルはアメリカのR&B歌手オーティス・レディングが1965年に発表している。1967年にアレサ・フランクリンがカバー、全米1位オリジナルを超え大ヒットした。アトランティック・レコードからリリースされた名盤『貴方だけを愛して』に収録された。

►リスペクト(Respect)の歌詞はこちらから
Aretha Franklin ディスコグラフィー

Aretha Franklin - Respect






 貴方だけを愛して
 アレサ・フランクリン
 ソウル・ミュージックを象徴するアレサ・フランクリンが1967年に発表した、アトランティック移籍第1弾アルバム。世紀の名バラード「貴方だけを愛して」、アレサの代表曲「リスペクト」に加え......
関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの女性R&B歌手 R&B ソウル 全米No.1ヒット 

FC2スレッドテーマ : Soul, R&B, Funk (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-507.html

2015/06/20 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ディスコ・インフェルノ(Disco Inferno)/トランプス

   ↑  2014/11/07 (金)  カテゴリー: 1976年の洋楽
年度1976年昭和 51 年
作詞・作曲Leroy Gree
Ron Kersey
リロイ・グリーン
ロン・カージー
アーティストThe Trammpsトランプス

邦題はディスコ・インフェルノ、1976年にアメリカのファンク・グループ、ザ・トランプスが発表したディスコナンバー。全米チャートは11位、1977年、トラボルタ主演のアメリカ映画サタデー・ナイト・フィーバーのサウンドトラックでもこの曲が使われていた。ティナ·ターナー、シンディローパーのバージョンも記録されている。

►ディスコ・インフェルノ(Disco Inferno)の歌詞はこちらから
The Trammps ディスコグラフィー

The Trammps - Disco Inferno





ディスコ・インフェルノディスコ・インフェルノ
ザ・トランプス
商品詳細を見る
フィラデルフィアのダンス・サウンドを象徴するグループ、トランプスのアトランティックでの2作目は、信頼のプロデューサー・チーム、ロナルド・ベイカー=アール・ヤング=ノーマン・ハリスが手掛け......
関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカのファンクグループ ファンク ディスコ ソウル 映画で使われた曲 70’s 

FC2スレッドテーマ : Soul, R&B, Funk (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-468.html

2014/11/07 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ブリング・イット・オン・ホーム・トゥ・ミー(Bring It On Home To Me)/サム・クック

   ↑  2014/10/01 (水)  カテゴリー: 1962年の洋楽
年度1962年昭和 37 年
作詞・作曲Sam Cooke サム・クック
アーティストSam Cooke サム・クック

ブリング・イット・オン・ホーム・トゥ・ミーは1962年にアメリカのR&B歌手 サム・クックが発表した曲である。ジャンルを越え現在も数多くの歌手によってカバーされている。よく知られるところでは、アニマルズ、ロッド・スチュワート、日本では柳ジョージ&レイニーウッドがカバーしていた。個性の強いアーティストに人気のソウル・バラードだ 。

►ブリング・イット・オン・ホーム・トゥ・ミー(Bring It On Home To Me)の歌詞はこちらから
Sam Cooke ディスコグラフィー

Sam Cooke - Bring It On Home To Me





ベスト・オブ・サム・クックベスト・オブ・サム・クック
サム・クック
商品詳細を見る
1988年に発売されたベスト・アルバムから「サマータイム」(別ヴァージョン)がカットされ、代わりに「ウィン・ユア・ラヴ・フォー・ミー」他3曲を追加。全15曲となり......
関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性シンガーソングライター R&B ソウル ゴスペル 60’s 

FC2スレッドテーマ : 今日の1曲 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-466.html

2014/10/01 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ピック・アップ・ザ・ピーセズ(Pick Up The Pieces)/アヴェレージ・ホワイト・バンド

   ↑  2014/08/03 (日)  カテゴリー: 1974年の洋楽
年度1974年昭和 49 年
作詞・作曲Roger Ball
Hamish Stuart
ロジャー・ボール
ハミッシュ・スチュアート
アーティストAverage White Bandアヴェレージ・ホワイト・バンド

スコットランドで結成されたアヴェレージ・ホワイト・バンド、米国へ渡り1974年にアルバム『AWB』を発表。ピック・アップ・ザ・ピーセズは翌1975年にアルバムからシングル・リリースされ全米シングル・チャートで1位となった。

►ピック・アップ・ザ・ピーセズ(Pick Up The Pieces)の歌詞はこちらから
Average White Band ディスコグラフィー

Pick Up The Pieces - Average White Band





ベスト・オブ・アヴェレイジ・ホワイト・バンドベスト・オブ・アヴェレイジ・ホワイト・バンド
アヴェレイジ・ホワイト・バンド
商品詳細を見る
スコットランド出身の白人ファンク・バンドのヒット曲集。レーベルを超えた豊富な音源から選曲された73~94年のベスト・オブ・ベストな全17曲。キャンディ・ダルファーがカヴァーした2をはじめ,新旧のヒット曲がぎっしりと詰め込まれている贅沢な
関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : ジャズ・ファンク ソウル R&B インストゥルメンタル 全米No.1ヒット 70’s 

FC2スレッドテーマ : Soul, R&B, Funk (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-456.html

2014/08/03 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。