あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!


フュージョン(Vol.15)ウェザー・リポート/ヘヴィ・ウェザー

ウェザー・リポートは、オーストリアのウィーン生まれのピアノ・シンセサイザー奏者ジョー・ザヴィヌルとアメリカ合衆国ニュージャージー出身のサックス奏者ウェイン・ショーターによって1971年に結成され1986年まで活動。電気楽器とロックのスタイルを取り込んだエレクトリック・ジャズ、電子音楽をメインにサウンドが形成されたフュージョン・バンドである。

Weather Report

フェルト製の中折れ帽を描いたアルバム・カヴァーが印象的な『ヘヴィ・ウェザー(Heavy Weather)』は1977年にコロムビア・レコードから発表された。通算で8枚目のアルバムとなる。全世界で50万枚セールス、最大のヒットとなった。

このアルバムに収録されたバードランド(Birdland)はジョー・ザヴィヌルが作曲し、スタンダードなナンバーとしてよく知られている。よく知られているのがアメリカのコーラスグループ、マンハッタン・トランスファーがこの曲をカバーをしている。ファンであればよくご存じなのではないだろうか。

※ニューヨーク市マンハッタンにあった往年の名ジャズクラブ、バードランドを元にした楽曲にバードランドの子守唄(Lullaby of Birdland)が有名である。

Weather Report - Heavy Weather

ヘヴィー・ウェザー

デジタル・ダウンロード

収録曲

1. バードランド(Birdland)
2. お前のしるし(A Remark You Made)
3. ティーン・タウン(Teen Town)
4. アルルカン(Harlequin)
5. ルンバ・ママ(Rumba Mama)
6. パラディアム(Palladium)
7. ジャグラー(The Juggler)
8. ハヴォナ(Havona)



関連記事


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-531.html

フュージョン(Vol.11)フォープレイ/Fourplay

アメリカのフュージョングループ、フォープレイはキーボード奏者ボブ・ジェームをリーダーに、リー・リトナー(guitars)ネイザン・イースト(bass)ハービー・メイソン(drums)の4人のメンバーでスーパーグループとして1990年に結成された。

Fourplay.jpg

ハリウッドにて録音された『フォープレイ』はセルフ・タイトルで1991年に発表されファースト・アルバムとなった。ジャズ部門のアルバムチャートで33週間1位を記録している。
フュージョン好きの人には、このグループは外せないのかな?このアルバムは大人の音楽、アダルトコンテポラリー....高度なテクニックに裏付けさた安堵感、派手さはないが自然体で聴き入ってしまう。

Fourplay

フォープレイ

デジタル・ダウンロード

収録曲

1. バリ・ラン(Bali Run)
2. 101・イーストバウンド(101 Eastbound)
3. フォープレイ(Foreplay)
4. ムーンジョガー(Moonjogger)
5. マックス・オー・マン(Max-O-Man)
6. アフター・ザ・ダンス(After the Dance (featuring El DeBarge))
7. クァドリル(Quadrille)
8. ミッドナイト・ストロール(Midnight Stroll)
9. 10月の朝(October Morning)
10. ウィッシュ・ユー・ワー・ヒア(Wish You Were Here)
11. レイン・フォレスト(Rain Forest)



関連記事


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-528.html

フュージョン(Vol.10)デビッド・マシューズ・オーケストラ/デルタ・レディ

ハイヒールを履いた女性の足をアップにしたジャケットがいいですね~知る人ぞ知るジャズの名盤ソニー・クラークトリオの『クール・ストラッティン』を彷彿させられます。『Delta Lady』はデビッド・マシューズ・オーケストラという名義で活動していた1983年に発表したアルバムです。
アール・クルーを招きフィーチャリング、このアルバムに収録された曲のほとんどがギタリスト、アール・クルーのためにデビッド・マシューズが曲を書いています。アール・クルーの魅力を前面に押し出したバックバンドとのリズミカルなコンビネーションは最高であります。

David Matthews Orchestra

1984年にデビッド・マシューズの代名詞となったマンハッタン・ジャズ・クインテット(MJQ)を結成、ポップな編曲で馴染みやすく日本に多くのファンを持つジャズバンドであります。現在でもマンハッタン・ジャズ・オーケストラ(MJO)とバンド名も変わり、楽曲の編曲アレンジャーとしてジャズ音楽シーンで現役で活躍しています。

David Matthews Orchestra feat. Earl Klugh ‎– Delta Lady

デルタ・レディ

収録曲

1. ファンキー・ターキー(Funky Turkey)
2. イフ(If)
3. ゴスマンズ・ガゼボ(Gosman's Gazebo)
4. スパニッシュ・ヒート(Spanish Heat)
5. マット・グロッソ(Mato Grosso)
6. ローリング・ソング(Rolling Song)
7. ウェストレイク・ドライヴ(Westlake Drive)
8. デルタ・レディ(Delta Lady)

関連記事


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-527.html

フュージョン(Vol.8)アーバン・ナイツ/Urban Knights

アーバン・ナイツ(Urban Knights)はピアニスト、ラムゼイ・ルイス(Ramsey Lewis)をリーダーとして1995年に結成されたスーパーグループである。1995年にセルフ・タイトルとなったファースト・アルバム『Urban Knights I』が発表されて以来、アルバム・シリーズとして2005年『Urban Knights VI』まで6作品がリリースされている。

Urban Knights1

このグループの名盤として位置付けされるのはやはりデビューアルバムとなったアーバン・ナイツということになるのでしょうか。このアルバムはサックス奏者グローヴァー・ワシントン・ジュニア、元ウェザー・リポートのメンバー、オマー・ハキム(ドラム)、ヴィクター・ベイリー(ベース)ポール・ジャクソン・ジュニア(ギター)大物ミュージシャンを迎えてフィーチャリングされた。ファンク、ブラック・ミュージックのテイストたっぷり、お洒落でクールに味わえる一枚である。

Urban Knights

Urban Knights

デジタル・ダウンロード

収録曲

1. オン・ザ・ラジオ(On The Radio)
2. ウォナ・ビー・ウィズ・ユー(Wanna Be With You)
3. チル(Chill)
4. ハーツ・オブ・ロンギング(Hearts Of Longing)
5. フレンドシップ(Friendship)
6. ミラクル(Miracle)
7. ザ・ローズ(The Rose)
8. アーバン・サンバ(Urban Samba)
9. フォーエヴァー・モア(Forever More)
10. セネガル(Senegal)



関連記事


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-525.html

フュージョン(Vol.5)スパイロ・ジャイラ/モーニング・ダンス

1975年に結成されたスーパーグループ、スパイロ・ジャイラ。メンバーは入れ替わりが行われてきたが現在はリーダーであるジェイ・ベッケンスタイン(Jay Beckenstein)sax、トム・シューマン(Tom Schuman)keyborads、フリオ・フェルナンデス(Julio Fernandez)guitars、スコット・アンブッシュ(Scott Ambush) bass、リー・ピアソン(Lee Pearson)drumsの5名で現在も活動中である。

スパイロ・ジャイラ

1979年に発表されたアルバム『Morning Dance』に収録されたアルバム同タイトルのモーニング・ダンスはシングルでリリースされ全米チャート、アダルトコンテンポラリー部門で1位を記録している。
一言で特色を表現すると満天の太陽、南国のリゾートをイメージする音楽。曲調はリズミカルでラテンのテイストが色濃く、トロピカルな作品が多い『モーニング・ダンス』もそのうちの一つである。

Spyro Gyra - Morning Dance

Spyro Gyra - Morning Dance

デジタル・ダウンロード

収録曲

1. モーニング・ダンス(Morning Dance)
2. ジュビリー(Jubilee)
3. ラスル(Rasul)
4. ソング・フォー・ローレイン(Song For Lorraine)
5. スターバースト(Starburst)
6. ヘリオポリス(Heliopolis)
7. イット・ダズント・マター(It Doesn't Matter)
8. リトル・リンダ(Little Linda)
9. エンド・オブ・ロマンティシズム(End Of Romanticism)



関連記事


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-522.html

全記事表示リンク
Tag List

サイト内キーワード検索

スーパーグループ
ロックンロール 50’s スイング・ジャズ アメリカのジャズバンド 60’s ブルース アメリカの男性シンガーソングライター エルヴィス・プレスリー 全米No.1ヒット 90’s ハードロック ディープ・パープル ラテン インストゥルメンタル 70’s ディスコ ポップ 映画で使われた曲 ポップ・ロック カントリー バブルガム・ポップ アメリカの男性ポップ歌手 イギリスのグループ ビージーズ 映画の主題歌 全英No.1ヒット イギリスのロックバンド 80’s アダルト·コンテンポラリー イギリスの男性ロック歌手 ビートルズ イージーリスニング デュエット曲 アメリカのポップ・デュオ ブルー・アイド・ソウル プログレッシブ・ロック ハード・ロック ニュー・ウェーヴ ニューエイジ カントリー・ロック イーグルス レゲエ R&B カンツォーネ フォーク・ロック ユーロ・ポップ アダルト・コンテンポラリー ブルース・ロック アメリカのロック・バンド ソウル ジャズ・ファンク フュージョン ブギウギ カーペンターズ ソフト・ロック グラミー賞 イギリスの女性シンガーソングライター アメリカの女性ヴォーカルグループ イギリスの女性歌手 カナダの女性ジャズ歌手 スムーズジャズ アメリカの女性シンガーソングライター スーパーグループ アメリカのフォークグループ AOR アメリカの男性ポップ・デュオ ファンク ダンス・ポップ マイケル・ジャクソン イギリスの男性歌手 シャンソン ミュージカル サイケデリック・ロック ジャズ・スタンダード アメリカの女性R&B歌手 アカデミー歌曲賞 40’s アメリカの女性ジャズ歌手 アメリカの女性ポップ歌手 クリスマスソング アメリカの男性ヴォーカルグループ ラテン・ポップ エルトン・ジョン イギリスの男性シンガーソングライター イタリアの男性歌手 ヘヴィメタル アメリカの男性カントリー歌手 バート・バカラック アメリカの女性歌手 アメリカのロックバンド ブラス・ロック シカゴ ダンス アメリカの男性R&B歌手 CMソング アメリカの作曲家 ビッグバンド アメリカのファンクグループ ゴスペル フランク・シナトラ ディズニー・ソング ヒップホップ アメリカの男性ロック歌手 ロカビリー ガールズバンド ジャズ・ファンク アカペラ アメリカのヴォーカルグループ ビー・ジーズ マリリン・モンロー アメリカの映画女優 モータウン グラム・ロック アート・ロック クイーン パンク・ロック アメリカの女性カントリー歌手 アントニオ・カルロス・ジョビン ボサノヴァ アンディ・ウィリアムス ダイアナ・ロス イギリスの男性ポップ・デュオ アメリカの男性R&Bボーカルグループ ドゥーワップ オーストラリアの女性歌手 オリビア・ニュートン・ジョン ダスティ・スプリングフィールド イギリスの女性ソウル歌手 サイケデリック・ポップ グロリア・エステファン フランキー・ヴァリ アメリカのR&Bボーカルグループ アメリカの男性ジャズ歌手 スプリームス 日本でリメイクされた曲 フレンチポップス イギリスの女性ポップ歌手 イギリスの女性ヴォーカルグループ アメリカの女性ボーカルグループ アメリカのジャズ・ピアニスト レイ・チャールズ ディオンヌ・ワーウィック ロッド・スチュワート イギリスのヴォーカルグループ マドンナ ジョン・レノン サイモン&ガーファンクル ナット・キング・コール イギリスの男性ポップ歌手 フォーク ルイ・アームストロング ディキシーランド・ジャズ ワルツ アメリカの男性ボーカルグループ チャック・ベリー ア・カペラ ラテン・ロック グレン・ミラー エラ・フィッツジェラルド 浅川マキ トニー・ベネット TVのテーマ曲 アメリカの男性歌手 ベニー・グッドマン ブルーノート ファンキー・ジャズ ソウル・ジャズ ブラジルの女性ジャズ歌手 ローズマリー・クルーニー ブラジルの男性シンガーソングライター イージー・リスニング フランスのシャンソン歌手 ジュリー・ロンドン イギリスの女性R&B歌手 ダイアナ・クラール アメリカのミュージカル女優 アストラッド・ジルベルト コール・ポーター