あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!


明日への道標(I’m So Glad I’m Standing Here Today)/ザ・クルセイダーズ

年度1981年昭和56年
作詞Will Jenningsウィル・ジェニングス
作曲Joe Sampleジョー・サンプル 
アーティストThe Crusadersザ・クルセイダーズ

この曲は、ネガティブ な気持ちにならず前向きな気持ちで進んでいこう!人生落ち込みはつきものでありもっとカッコよく生きよう!と説いている応援歌というところでしょうか。ジャズ・フュージョングループ、ザ・クルセイダーズが発表したボーカル・フィーチャーされた名曲は多いが、この曲もその中のひとつであります。
邦題は「明日への道標」アイム・ソー・グラッド・アイム・スタンディング・ヒヤ・トゥデイは1981年に発表したアルバム『スタンディング・トール』に収録されている。ゲストに人気シンガーのジョー・コッカーを迎え、ウィルトン・フェルダー(Sax)、ジョー・サンプル(Key)、スティックス・フーパー(Dr)、ラリー・カールトン(Guitar)、ルイス・ジョンソン(bas)のメンバーが布陣を敷く。
この曲を作詞したソングライター、ウィル・ジェニングスはあの名曲「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」タイタニック(1997年)の主題歌を手がけている。
1988に解散、70年から80年代にかけてジャズ界を引っ張ってきたクルセイダーズのメンバーも淋しい事に、ジョー・サンプルは2014年9月12日75歳、ウィルトン・フェルダー2015年9月27日75歳、またジョー・コッカーも2014年12月22日70歳でこの世を去っている。

►明日への道標(I’m So Glad I’m Standing Here Today)の歌詞はこちらから
The Crusaders ディスコグラフィー

The Crusaders/"feat."Joe Cocker - I'm So Glad I'm Standing






スタンディング・トール
ザ・クルセイダーズ
スティックス・フーパーが在籍していた最後のスタジオ作品となった81年のもの。いつもの通りヴォーカル入りで,ここではジョー・コッカーを起用し,話題を集めた。しかもナッシュビル録音である。
関連記事


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-547.html

[ 2016/04/10 19:16 ] 80’s 1981年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

フュージョン(Vol.12)グローヴァー・ワシントン・ジュニア/ワインライト

グローヴァー・ワシントン・ジュニアと言えばスムーズジャズのブームを巻き起こした立役者の一人である。サックス奏者である彼は作詞作曲も手がけ、都会的な雰囲気と大人の聴衆に強くアピールするクワイエット・ストームの要素を取り入れ多くのファンの心をつかんだ。

Grover Washington Jr

1982年にアルバム『Winelight』を発表、全米アルバムチャートで5位までランキングされ、このアルバムに収録された「クリスタルの恋人たち(Just the Two of Us)」が大ヒットした。ソウル歌手のビル・ウィザースをフィチャーしたヴォーカル・バージョンである。
シングルカットされ全米シングルチャートで2位まで記録されている。グラミー賞でもノミネートされR&B部門を受賞した。
ジャズ・ファンク、スムーズジャズをこよなく愛する人にとって、このアルバムは永遠のバイブルとして残しておきたい作品だろう。1999年12月17日に心臓発作で他界している。

Grover Washington, Jr. - Winelight

Winelight.jpg

デジタル・ダウンロード

収録曲

1. ワインライト(Winelight)
2. レット・イット・フロウ(Let It Flow )
3. イン・ザ・ネーム・オブ・ラヴ(In The Name Of Love)
4. テイク・ミー・ゼア(Take Me There)
5. クリスタルの恋人たち(Just The Two Of Us)
6. メイク・ミー・ア・メモリー(Make Me A Memory)



関連記事


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-529.html

フュージョン(Vol.2)スタッフ/スタッフ!!

スタッフはアメリカ・ニューヨークのスーパーグループ(スタジオ・ミュージシャン)として70年代にフュージョンで活躍していたバンドであります。メンバーは、リーダーのGordon Edwards(ゴードン・エドワーズ)ベース、Richard Tee(リチャード・ティー)キーボード、Eric Gale(エリック・ゲイル)ギター、Cornell Dupree(コーネル・デュプリー)ギター、Chris Parker(クリストファー・パーカー)ドラム、Steve Gadd(スティーヴ・ガッド)ドラムの6名で構成されていました。
活動をしていた時期は短く、アルバムも多くは発表されていません。フュージョン・ブームの真っ只中、日本では結構人気を誇ったグループであります。これといって世界的に大ヒットしたという作品があるわけでは無いが洗練された音源、プロ集団による楽曲作りは日本人の繊細な心捕らえたしたのではないでしょうか。

Stuff

1976年に発表されたファーストアルバム『Stuff』が彼らの名盤として位置付けられると思います。このアルバムに収録された「いとしの貴女」が一番私たちの耳に残っているのではないでしょうか?
研ぎ澄まされた安らぎの空間を演出したいときにスタッフの曲を流せば絶対に間違いない、自信をもって断言出来ます。

Stuff -Stuff!!

スタッフ!!

デジタル・ダウンロード

収録曲

1. フーツ(Foots)
2. いとしの貴女(My Sweetness)
3. ウォント・サム・オブ・ジス((Do You) Want Some of This?)
4. ルッキング・フォー・ザ・ジュース(Looking for the Juice)
5. 素晴らしき恋の想い出(Reflections of Divine Love)
6. ハウ・ロング・ウィル・イット・ラスト(How Long Will It Last)
7. サン・ソング(Sun Song)
8. ハッピー・ファームス(Happy Farms)
9. ディキシー|アップ・オン・ザ・ルーフ(Dixie/Up on the Roof)



関連記事


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-518.html

フュージョン(Vol.1)ハーブ・アルパート/ライズ

アメリカ・ロサンゼルス出身のポップ・ジャズ・トランペッター、ハーブ・アルパートの名を初めて知ることになったのは、ニッポン放送の深夜ラジオ番組であるオールナイト・ニッポンのテーマソングで「ビタースウィート・サンバ」が使われた事に尽きるでしょう。リズミカルでラテン調のこの曲はリスナーの心を捕らえ虜にしました。この曲はグラミーで最優秀レコード賞を獲得。1965年のアルバム『蜜の味~ビタースウィート・サン』に収録されています。この楽曲の他にもアルバムタイトルとなったビートルズのカバー曲で知られる「密の味」が収録されています。このころはハーブ・アルパート,ティファナ・ブラスというグループ名で活動しています。

Herb Alpert

ソロとなった彼は1979年にアルバム『ライズ』を発表。アルバムタイトルと同名のこの楽曲はインストゥルメンタルでありながら全米シングル・チャート1位の偉業を成し遂げた名曲であります。グラミーでベスト・ポップ・インストゥルメンタル・パフォーマンス部門を受賞し日本でもキリン・シーグラムのウィスキーのCMで起用され日本でも馴染みが深いナンバーです。2007年にアルバムがデジタル化されリミックス・バージョンが追加されたCDが再販されています。
このアルバムは、もっともポピュラーで名が知れておりフュージョンの入門版としてはとても聴きやすく価値のある一枚だと思います。

Herb Alpert - Rise

Herb Alpert - Rise

デジタル・ダウンロード

収録曲

1. ’80モスクワ・オリンピック(1980)
2. ライズ( Rise)
3. ビハインド・ザ・レイン(Behind The Rain)
4. ローテーション(Rotation)
5. ストリート・ライフ(Street Life)
6. ラヴ・イズ( Love Is)
7. アンジェリーナ(Angelina)
8. アランフェス( Aranjuez)



関連記事


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-516.html

クリスタルの恋人たち(Just the Two of Us)/グローヴァー・ワシントン・ジュニア

年度1980年昭和 55 年
作詞・作曲Bill Withers
William Salter
Ralph MacDonald
ビル・ウィザース
ウィリアム・サルター
ラルフ・マクドナルド
アーティストGrover Washington, Jr.グローヴァー・ワシントン・ジュニア

クールに決めたいならこの曲を聴け!と言いたくなるような味のある曲、邦題「クリスタルの恋人たち」ジャスト・ザ・トゥー・オブ・アス。ジャズ・フュージョン界を代表するサックス奏者グローヴァー・ワシントン・ジュニア1980年に発表した楽曲である。歌手のビル・ウィザースをゲストとして招きフィーチャーした。同年に彼はザ・クルセイダーズともフィーチャーを行い、名曲ソウル・シャドウズを歌っている。
1980年にリリースされたアルバム『ワインライト(Winelight)』に収録。1981年にシングルカットされ、全米シングル・チャートで最高位2位、1982年にはグラミー賞で最優秀R&Bソング賞を受賞した。

►クリスタルの恋人たち(Just the Two of Us)の歌詞はこちらから
Grover Washington, Jr. ディスコグラフィー

Grover Washington Jr - Just the two of us





ワインライト <FUSION 1000>ワインライト
グローヴァー・ワシントンJR.
商品詳細を見る
「FUSION BESTコレクション1000」第1弾。本作は、グローヴァー・ワシントンJr.が1980年ニューヨークにて録音したアルバム。メロウなサウンドでスムース・ジャズの原点となった歴史的傑作。ヒット曲「クリスタルの恋人たち」他を収録....
関連記事


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-491.html

[ 2015/04/13 00:42 ] 80’s 1980年の洋楽 | TB(0) | CM(0)
全記事表示リンク
Tag List

サイト内キーワード検索

ジャズ・ファンク
ロックンロール 50’s スイング・ジャズ アメリカのジャズバンド 60’s ブルース アメリカの男性シンガーソングライター エルヴィス・プレスリー 全米No.1ヒット 90’s ハードロック ディープ・パープル ラテン インストゥルメンタル 70’s ディスコ ポップ 映画で使われた曲 ポップ・ロック カントリー バブルガム・ポップ アメリカの男性ポップ歌手 イギリスのグループ ビージーズ 映画の主題歌 全英No.1ヒット イギリスのロックバンド 80’s アダルト·コンテンポラリー イギリスの男性ロック歌手 ビートルズ イージーリスニング デュエット曲 アメリカのポップ・デュオ ブルー・アイド・ソウル プログレッシブ・ロック ハード・ロック ニュー・ウェーヴ ニューエイジ カントリー・ロック イーグルス レゲエ R&B カンツォーネ フォーク・ロック ユーロ・ポップ アダルト・コンテンポラリー ブルース・ロック アメリカのロック・バンド ソウル ジャズ・ファンク フュージョン ブギウギ カーペンターズ ソフト・ロック グラミー賞 イギリスの女性シンガーソングライター アメリカの女性ヴォーカルグループ イギリスの女性歌手 カナダの女性ジャズ歌手 スムーズジャズ アメリカの女性シンガーソングライター スーパーグループ アメリカのフォークグループ AOR アメリカの男性ポップ・デュオ ファンク ダンス・ポップ マイケル・ジャクソン イギリスの男性歌手 シャンソン ミュージカル サイケデリック・ロック ジャズ・スタンダード アメリカの女性R&B歌手 アカデミー歌曲賞 40’s アメリカの女性ジャズ歌手 アメリカの女性ポップ歌手 クリスマスソング アメリカの男性ヴォーカルグループ ラテン・ポップ エルトン・ジョン イギリスの男性シンガーソングライター イタリアの男性歌手 ヘヴィメタル アメリカの男性カントリー歌手 バート・バカラック アメリカの女性歌手 アメリカのロックバンド ブラス・ロック シカゴ ダンス アメリカの男性R&B歌手 CMソング アメリカの作曲家 ビッグバンド アメリカのファンクグループ ゴスペル フランク・シナトラ ディズニー・ソング ヒップホップ アメリカの男性ロック歌手 ロカビリー ガールズバンド ジャズ・ファンク アカペラ アメリカのヴォーカルグループ ビー・ジーズ マリリン・モンロー アメリカの映画女優 モータウン グラム・ロック アート・ロック クイーン パンク・ロック アメリカの女性カントリー歌手 アントニオ・カルロス・ジョビン ボサノヴァ アンディ・ウィリアムス ダイアナ・ロス イギリスの男性ポップ・デュオ アメリカの男性R&Bボーカルグループ ドゥーワップ オーストラリアの女性歌手 オリビア・ニュートン・ジョン ダスティ・スプリングフィールド イギリスの女性ソウル歌手 サイケデリック・ポップ グロリア・エステファン フランキー・ヴァリ アメリカのR&Bボーカルグループ アメリカの男性ジャズ歌手 スプリームス 日本でリメイクされた曲 フレンチポップス イギリスの女性ポップ歌手 イギリスの女性ヴォーカルグループ アメリカの女性ボーカルグループ アメリカのジャズ・ピアニスト レイ・チャールズ ディオンヌ・ワーウィック ロッド・スチュワート イギリスのヴォーカルグループ マドンナ ジョン・レノン サイモン&ガーファンクル ナット・キング・コール イギリスの男性ポップ歌手 フォーク ルイ・アームストロング ディキシーランド・ジャズ ワルツ アメリカの男性ボーカルグループ チャック・ベリー ア・カペラ ラテン・ロック グレン・ミラー エラ・フィッツジェラルド 浅川マキ トニー・ベネット TVのテーマ曲 アメリカの男性歌手 ベニー・グッドマン ブルーノート ファンキー・ジャズ ソウル・ジャズ ブラジルの女性ジャズ歌手 ローズマリー・クルーニー ブラジルの男性シンガーソングライター イージー・リスニング フランスのシャンソン歌手 ジュリー・ロンドン イギリスの女性R&B歌手 ダイアナ・クラール アメリカのミュージカル女優 アストラッド・ジルベルト コール・ポーター