ブルームーンあれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!! 



このページの記事目次 (タグ: オリビア・ニュートン・ジョン の検索結果)



ジョリーン(Jolene)/ドリー・パートン

   ↑  2013/07/28 (日)  カテゴリー: 1973年の洋楽
年度1973年昭和 48 年
作詞・作曲Dolly Partonドリー・パートン
アーティストDolly Parton
Olivia Newton-John
ドリー・パートン
オリビア・ニュートン・ジョン

ジョリーンは、アメリカのカントリー・シガーソングライター、ドリー・パートンが1973年に発表した曲である。全米シングルチャートでは60位、カントリー部門では1位を獲得した。
日本ではオリビア・ニュートン·ジョンのバージョンがよく知られている1976年のアルバム『水のなかの妖精(Come On Over)』に収録されこの曲がシングル・カットされた。

►ジョリーン(Jolene)の歌詞はこちらから
Dolly Parton ディスコグラフィー
Olivia Newton-John ディスコグラフィー

Jolene - Dolly Parton





ベスト・オブ・ドリー・パートンベスト・オブ・ドリー・パートン
ドリー・パートン、ポーター・ワーゴナー 他
商品詳細を見る
アメリカを代表する女性カントリー・シンガー、ドリー・パートンのベスト・コレクション。ホイットニー・ヒューストンがカヴァーしたことで知られる「オールウェイズ・ラヴ・ユー」などを収録。


Olivia Newton-John - Jolene





水のなかの妖精+2水のなかの妖精
オリビア・ニュートン・ジョン
商品詳細を見る
1976年リリース作品。日本独自のシングル・カットにより大ヒット曲となった「ジョリーン」(ドリー・パートンのカヴァー)、全米13位を記録した「ボニー・ライド」を収録したアルバム
関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの女性シンガーソングライター カントリー ポップ オリビア・ニュートン・ジョン 70’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-397.html

2013/07/28 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

フィジカル(Physical)/オリビア・ニュートン

   ↑  2011/08/30 (火)  カテゴリー: 1981年の洋楽
年度1981年昭和 56 年
作詞・作曲Steve Kipner
Terry Shaddick
スティーヴ・キプナー
テリー・シャディック
アーティストOlivia Newton-Johnオリビア・ニュートン・ジョン

フィジカルは1981年9月に、シングル・リリースされ全米チャートでナンバー・ワンとなった曲であり彼女の最大のヒット作品でもある 。アルバムは曲タイトルと同じ『Physical』に収録された。
ディスコ調にレンジされレオタード姿で踊るオリビア・ニュートン=ジョン。当時は「そよ風の誘惑」を歌っていた頃のオリビアの清楚なイメージがあったためこのミュージックビデオを見たときは歌詞の内容も加え強烈なインパクトがありました。まぎらわしい性的表現、ジムのシャワーでオリビアがマッチョな男性に身をゆだねるシーンや、ビデオのエンディングをカットされたりとか、とにかく問題が多かった曲でもありましたが1981年の大ヒット曲には間違いようです。

►オリビア・ニュートン・ジョン-フィジカル(Physical)の歌詞はこちらから
Olivia Newton-John ディスコグラフィー

Olivia Newton-John - Physical





オリビア・ニュートン・ジョン 40/40~ベスト・セレクション(初回限定盤)オリビア・ニュートン・ジョン 40/40~ベスト・セレクション(初回限定盤)
オリビア・ニュートン・ジョン
商品詳細を見る
オリビア・ニュートン・ジョンといえば「フィジカル」のプロモーション・ビデオを思い出す。ジャスト・フィットのレオタードを身にまとい、ジムでワークアウトに励む姿を披露。世界中のファンをブラウン管の前に釘付けにさせた。


オリビア~ベスト・オブ・オリビア・ニュートン・ジョンオリビア~ベスト・オブ・オリビア・ニュートン・ジョン
オリビア・ニュートン・ジョン
商品詳細を見る
「そよ風の誘惑」「フィジカル」、ELOが音楽を担当した映画『ザナドゥ』主題歌(オリヴィアは音楽の女神役で出演)など70~80年代の大ヒット曲ばかりを集めたベスト。25年ぶりの来日記念盤。
関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : オーストラリアの女性歌手 ソフト・ロック ポップ・ロック ダンス・ポップ  全米No.1ヒット 80’s オリビア・ニュートン・ジョン 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-297.html

2011/08/30 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

そよ風の誘惑(Have You Never Been Mellow)/オリビア・ニュートン・ジョン

   ↑  2010/12/07 (火)  カテゴリー: 1975年の洋楽
年度1975年昭和 50 年
作詞・作曲John Farrarジョン・ファーラー
アーティストOlivia Newton Johnオリビア・ニュートン・ジョン

邦題は「そよ風の誘惑」ハブ・ユー・ネバー・ビーン・メロウは、オーストラリア生まれの清楚でキュートなルックスで日本でとても人気があったオリビア・ニュートン・ジョン1975年に発表した曲。
アルバム『Have You Never Been Mellow』の1曲目に収録。シングル・リリースされ アダルト・コンテンポラリー部門で全米No.1となった。
カントリー・ソング出身のオリビアはシンガーソングライターの同じオーストラリア出身の「ジョン・ファーラー」と組んで数多くのヒット曲を送り出しています。

►そよ風の誘惑 (Have You Never Been Mellow) の歌詞はこちらから
Olivia Newton John ディスコグラフィー

Olivia Newton - John Have You Never Been Mellow 





そよ風の誘惑(紙ジャケット仕様)そよ風の誘惑(紙ジャケット仕様)
オリビア・ニュートン・ジョン
商品詳細を見る
1975年発表のオリビア最高傑作アルバム!映画『フラワーズ』エンディング・テーマ他、TVCF、TV番組で良く聴ける、全米No.1ヒット 「そよ風の誘惑」収録!


オリビア・ニュートン・ジョン 40/40~ベスト・セレクション(初回限定盤)オリビア・ニュートン・ジョン 40/40~ベスト・セレクション(初回限定盤)
オリビア・ニュートン・ジョン
商品詳細を見る
オリビア・ニュートン・ジョンといえば「フィジカル」のプロモーション・ビデオを思い出す。ジャスト・フィットのレオタードを身にまとい、ジムでワークアウトに励む姿を披露。世界中のファンをブラウン管の前に釘付けにさせた。


ビデオ・ゴールド I&II [DVD]ビデオ・ゴールド I&II [DVD]
オリビア・ニュートン・ジョン
商品詳細を見る
20世紀最高のポップシンガー、オリビア・ニュートン・ジョンの魅力が詰まった2枚組のベストミュージックコレクション。ライブ映像やミュージッククリップを中心に、「フィジカル」「マジック」「恋の予感」「ザナドゥ」ほか、全39曲を収録。
関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : オーストラリアの女性歌手  ポップ アダルト·コンテンポラリー 70’s オリビア・ニュートン・ジョン 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-242.html

2010/12/07 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

故郷へ帰りたい(Take Me Home Country Roads)/ジョン・デンバー

   ↑  2010/11/20 (土)  カテゴリー: 1971年の洋楽
年度1971年昭和 46 年
作詞・作曲Bill Danoff
John Denver
ビル・ダノフ
ジョン・デンバー
アーティストJohn Denver
Olivia Newton John
ジョン・デンバー
オリビア・ニュートン・ジョン

テイク・ミー・ホーム カントリー・ロード邦題は『故郷へ帰りたい』1971年アメリカのシンガー・ソング・ライター「ジョン・デンバー」が発表した曲。全米ビルボード最高位2位まで記録した大ヒット曲です。 1976年には「オリビア・ニュートン・ジョン」のカバーで再び日本でもヒットしました。
記憶に新しいところでは1995年のアニメ映画スタジオ・ジブリ製作『耳をすませば』で曲が使われています。

故郷に続く道、この道の先には故郷がある。都会の片隅で寂しさに襲われ現実からのがれたく感傷にふける。ふと我に返り思い出すのは生まれ育った故郷、故郷に残した恋人のことや生まれ育った風景。この曲を聴いていると心の奥にしまっていた切ない思い出や美しい風景が脳裏を駆け抜けていきます。
飛行機事故でジョン・デンバーが亡くなったのは1997年のことでした。

►故郷へ帰りたい(Take Me Home Country Roads)の歌詞はこちらから
John Denver  ディスコグラフィー
Olivia Newton John ディスコグラフィー

John Denver - Country Roads





ミュージック・オブ・ジョン・デンバーミュージック・オブ・ジョン・デンバー
ジョン・デンバー、プラシド・ドミンゴ 他
商品詳細を見る
1969年に発表したデビュー・アルバム『ライムズ・アンド・リーズン』から今年で40周年。彼の音楽活動を網羅した3枚組ベスト盤をリリース。出世作となった「悲しみのジェット・プレーン」をはじめ、最初の大ヒット曲「故郷へかえりたい」(全米シングル・チャート2位)、全米シングル・チャートで1位を獲得した「太陽を背にうけて」や「緑の風のアニー」など、代表曲を完全網羅。1969年のデビュー・アルバムからRCAでの最後のアルバムとなった1986年の『ワン・ワールド』までの作品からピック・アップ、彼の音楽活動を網羅したといっていい選曲になっている。さらにメジャーからのリリースとしては約10年振りとなった1995年リリースのスタジオ・ライヴ盤『ワイルドライフ・コンサート』からも1曲(「マシュー」)収録。3CDに全45曲を収録したファン垂涎の内容となっている。<対訳あり>


Olivia Newton John - Take me home Country Roads 1972





オリビア・ニュートン・ジョン 40/40~ベスト・セレクション(初回限定盤)オリビア・ニュートン・ジョン 40/40~ベスト・セレクション(初回限定盤)
オリビア・ニュートン・ジョン
商品詳細を見る
オリビア・ニュートン・ジョンといえば「フィジカル」のプロモーション・ビデオを思い出す。ジャスト・フィットのレオタードを身にまとい、ジムでワークアウトに励む姿を披露。世界中のファンをブラウン管の前に釘付けにさせた。


耳をすませば [DVD]耳をすませば [DVD]
商品詳細を見る
雫は中学3年生。両親と大学生の姉とともに東京近郊の団地に住む、ごく普通の読書好きの女の子だ。そんな雫が親しくなった同級生の少年は、中学を卒業したらすぐに、バイオリン職人になるためにイタリアに渡ると言う。進路について深く考えていなかった自分に気づいた雫が、自分のやりたいこととして選んだのは…。


スタジオジブリの歌スタジオジブリの歌
アニメ主題歌、加藤登紀子 他
商品詳細を見る
「風の谷のナウシカ」から「崖の上のポニョ」まで スタジオジブリ19作品の主題歌・挿入歌全26曲を網羅した主題歌全集。
関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性カントリー歌手 フォーク・ロック フォーク カントリー 日本でリメイクされた曲 70’s オリビア・ニュートン・ジョン  

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-238.html

2010/11/20 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

愛のデュエット(You're The One That I Want)/オリビア・ニュートン・ジョン

   ↑  2010/02/22 (月)  カテゴリー: 1978年の洋楽
年度1978年昭和 53 年
作詞・作曲John Farrar ジョン・ファーラー
アーティストOlivia Newton John オリビア・ニュートン・ジョン

ユー・アー・ザ・ワン・ザット・アイ・ウォントは、1978年アメリカのミュージカル映画『グリース』でオリビアニュートンジョンとジョントラボルタと共演、劇中二人のデュエットで、この曲が歌われました。全米ビルボード・ホット100で第1位を記録、世界中で大ヒットしています。
オリビアニュートンジョンの代表作に「そよ風の誘惑」(Have You Never Been Mellow)などのヒット作品が数多くあります。この曲を書いたのもシンガーソングライターのジョン・ファーラーが制作にあったっています。ともにオーストラリア出身、オリビアニュートンジョンの曲の多くはこの人が手掛けています。

►愛のデュエット(You're The One That I Want)の歌詞はこちらから
Olivia Newton John ディスコグラフィー

Grease(Sandy and Danny) Olivia Newton / John Travolta





オリビア~ベスト・オブ・オリビア・ニュートン・ジョンオリビア~ベスト・オブ・オリビア・ニュートン・ジョン
オリビア・ニュートン・ジョン
商品詳細を見る
「そよ風の誘惑」「フィジカル」、ELOが音楽を担当した映画『ザナドゥ』主題歌(オリヴィアは音楽の女神役で出演)など70~80年代の大ヒット曲ばかりを集めたベスト。25年ぶりの来日記念盤。


グリース スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]グリース スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
ジョン・トラボルタ、オリビア・ニュートン・ジョン 他
商品詳細を見る
ジョン・トラボルタ主演によるハイスクールコメディ。夏休みに訪れた避暑地で恋に落ちたダニーとサンディ。ふたりの関係はひと夏で終わるはずだったが、サンディがダニーの高校へ転校して来て偶然再会する。しかしダニーは不良グループのリーダーで…。


「グリース」オリジナル・サウンドトラック「グリース」オリジナル・サウンドトラック
サントラ、シャ・ナ・ナ 他
商品詳細を見る
オリヴィア&トラボルタなんて,随分老けた高校生カップルだこと。ご存じロックンロール・ミュージカル映画のサントラです。134などのオリジナル・ヒット曲とオールディーズ・ナンバーの組合せが楽しい。ライナーを故・糸井五郎サンが書いています。
関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの女性ポップ歌手 ポップ  映画で使われた曲 70’s 全米No.1ヒット 全英No.1ヒット オリビア・ニュートン・ジョン 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-183.html

2010/02/22 | Comment (1) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。