ブルームーン

あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!

TOP > インストゥルメンタル

コーヒールンバ(Coffee rumba)/ウーゴ・ブランコ

コーヒールンバ(Coffee rumba)/ウーゴ・ブランコ

年度1958年昭和33年作詞・作曲Jose Manzo Perroniホセ・マンソ・ペローニアーティストHugo Blancoウーゴ・ブランコモリエンド・カフェ(Moliendo café)邦題コーヒールンバはスペインのアルパ奏者ウーゴ・ブランが民族楽器アルパ(ハープ)を用いて演奏し1958年にインストゥルメンタル・バージョンでヒットした。日本では西田佐知子さんの歌詞付きのカバーがよく知られている。井上陽水など現在もカバーしているアーティストが多く...

... 続きを読む

ハッスル(The Hustle)/ヴァン・マッコイ&ザ・ソウル・シティ・シンフォニー

ハッスル(The Hustle)/ヴァン・マッコイ&ザ・ソウル・シティ・シンフォニー

年度1975年昭和 50 年作詞・作曲Van McCoyヴァン・マッコイアーティストVan McCoy and the Soul City Symphonyヴァン・マッコイ&ザ・ソウル・シティ・シンフォニー日本でディスコと言えばこの曲をすぐに思いだされる方が多いのでは?1975年にヴァン・マッコイが発表したハッスルは全米でナンバー・ワンとなり世界中で1000万枚のセールスを記録、大ヒットとした。全体の曲の流れはインストゥルメンタルであり時折短い歌詞が入...

... 続きを読む

ピック・アップ・ザ・ピーセズ(Pick Up The Pieces)/アヴェレージ・ホワイト・バンド

ピック・アップ・ザ・ピーセズ(Pick Up The Pieces)/アヴェレージ・ホワイト・バンド

年度1974年昭和 49 年作詞・作曲Roger Ball Hamish Stuartロジャー・ボール ハミッシュ・スチュアートアーティストAverage White Bandアヴェレージ・ホワイト・バンドスコットランドで結成されたアヴェレージ・ホワイト・バンド、米国へ渡り1974年にアルバム『AWB』を発表。ピック・アップ・ザ・ピーセズは翌1975年にアルバムからシングル・リリースされ全米シングル・チャートで1位となった。 ►ピック・アップ・ザ・ピーセズ(Pi...

... 続きを読む

恋よさようなら(I'll Never Fall In Love Again)/ディオンヌ・ワーウィック

恋よさようなら(I'll Never Fall In Love Again)/ディオンヌ・ワーウィック

年度1968年昭和 43 年作詞Hal Davidハル·デヴィッド作曲Burt Bacharachバート・バカラックアーティストDionne Warwickディオンヌ・ワーウィック邦題『恋よさようなら』アイル・ネバー・フォール・イン・ラブ・アゲインはバート・バカラック、ハル·デヴィッドの名コンビで制作されました。 1969年にはこの曲をディオンヌ・ワーウィックがコラボレーションし全英のシングルチャートで1位、全米アダルトコンテンポラリー部門でも1位...

... 続きを読む

愛のテーマ(Love's Theme)/バリー・ホワイト

愛のテーマ(Love's Theme)/バリー・ホワイト

年度1973年昭和48年作詞Aaron Schroederアーロン・シュローダー作曲Barry Whiteバリー・ホワイトアーティストLove Unlimited Orchestraラヴ・アンリミテッド・オーケストラバリー・ホワイト70年代に世界を魅了したアメリカのシンガーソングライター、音楽プロデューサーでもある彼は数多くのヒット曲を残しています。この曲は1973年 に世界的大ヒット曲したラブズ・テーマ、日本での邦題は『愛のテーマ』で紹介されました。キャセ...

... 続きを読む