ブルームーンあれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!! 

このページの記事目次 (タグ: インストゥルメンタル の検索結果)

total 3 pages  次のページ →  

コーヒールンバ(Coffee rumba)/ウーゴ・ブランコ

   ↑  2019/03/02 (土)  カテゴリー: 1950年代の洋楽
年度1958年昭和33年
作詞・作曲Jose Manzo Perroniホセ・マンソ・ペローニ
アーティストHugo Blancoウーゴ・ブランコ

モリエンド・カフェ(Moliendo café)邦題コーヒールンバはスペインのアルパ奏者ウーゴ・ブランが民族楽器アルパ(ハープ)を用いて演奏し1958年にインストゥルメンタル・バージョンでヒットした。日本では西田佐知子さんの歌詞付きのカバーがよく知られている。井上陽水など現在もカバーしているアーティストが多く人気の楽曲である。

►コーヒールンバ(Coffee rumba)の歌詞はこちらから

Hugo Blanco ディスコグラフィー

Hugo Blanco - Moliendo Cafe



関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : ラテン インストゥルメンタル 

FC2スレッドテーマ : 今日の1曲 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-584.html

2019/03/02 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ハッスル(The Hustle)/ヴァン・マッコイ&ザ・ソウル・シティ・シンフォニー

   ↑  2014/10/30 (木)  カテゴリー: 1975年の洋楽
年度1975年昭和 50 年
作詞・作曲Van McCoyヴァン・マッコイ
アーティストVan McCoy and the Soul City Symphonyヴァン・マッコイ&ザ・ソウル・シティ・シンフォニー

日本でディスコと言えばこの曲をすぐに思いだされる方が多いのでは?1975年にヴァン・マッコイが発表したハッスルは全米でナンバー・ワンとなり世界中で1000万枚のセールスを記録、大ヒットとした。全体の曲の流れはインストゥルメンタルであり時折短い歌詞が入る1974年にスリー・ディグリーズのヒットで知られるソウル・トレインのテーマと同じ手法で作られている。

►ハッスル(The Hustle)の歌詞はこちらから
Van McCoy ディスコグラフィー

Van McCoy - The Hustle





ヴァン・マッコイヴァン・マッコイ
ヴァン・マッコイ、ソウル・シティ・シンフォニー 他
商品詳細を見る
親しみやすいメロディと陽気なサウンドで数々のディスコ・ヒットを生んだヴァン・マッコイのベスト盤。アブコ時代の最初の4枚の中から選出された曲で構成されているので,バラード関係は.....
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性シンガーソングライター ディスコ R&B インストゥルメンタル 全米No.1ヒット グラミー賞 70’s 

FC2スレッドテーマ : Soul, R&B, Funk (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-467.html

2014/10/30 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ピック・アップ・ザ・ピーセズ(Pick Up The Pieces)/アヴェレージ・ホワイト・バンド

   ↑  2014/08/03 (日)  カテゴリー: 1974年の洋楽
年度1974年昭和 49 年
作詞・作曲Roger Ball
Hamish Stuart
ロジャー・ボール
ハミッシュ・スチュアート
アーティストAverage White Bandアヴェレージ・ホワイト・バンド

スコットランドで結成されたアヴェレージ・ホワイト・バンド、米国へ渡り1974年にアルバム『AWB』を発表。ピック・アップ・ザ・ピーセズは翌1975年にアルバムからシングル・リリースされ全米シングル・チャートで1位となった。

►ピック・アップ・ザ・ピーセズ(Pick Up The Pieces)の歌詞はこちらから
Average White Band ディスコグラフィー

Pick Up The Pieces - Average White Band





ベスト・オブ・アヴェレイジ・ホワイト・バンドベスト・オブ・アヴェレイジ・ホワイト・バンド
アヴェレイジ・ホワイト・バンド
商品詳細を見る
スコットランド出身の白人ファンク・バンドのヒット曲集。レーベルを超えた豊富な音源から選曲された73~94年のベスト・オブ・ベストな全17曲。キャンディ・ダルファーがカヴァーした2をはじめ,新旧のヒット曲がぎっしりと詰め込まれている贅沢な
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : ジャズ・ファンク ソウル R&B インストゥルメンタル 全米No.1ヒット 70’s 

FC2スレッドテーマ : Soul, R&B, Funk (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-456.html

2014/08/03 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

恋よさようなら(I'll Never Fall In Love Again)/ディオンヌ・ワーウィック

   ↑  2012/08/18 (土)  カテゴリー: 1968年の洋楽
年度1968年昭和 43 年
作詞Hal Davidハル·デヴィッド
作曲Burt Bacharachバート・バカラック
アーティストDionne Warwickディオンヌ・ワーウィック

邦題『恋よさようなら』アイル・ネバー・フォール・イン・ラブ・アゲインはバート・バカラック、ハル·デヴィッドの名コンビで制作されました。 1969年にはこの曲をディオンヌ・ワーウィックがコラボレーションし全英のシングルチャートで1位、全米アダルトコンテンポラリー部門でも1位を記録隣世界中で大ヒットしています。1970年度のグラミーで女性ベスト・ポップ・ヴォーカル賞をこの曲で受賞しました。

►恋よさようなら(I'll Never Fall In Love Again)の歌詞はこちらから
Burt Bacharach  ディスコグラフィー
Dionne Warwick ディスコグラフィー

Burt Bacharach - I'll Never Fall In Love Again





ベスト・プライス~バート・バカラック・ベストベスト・プライス~バート・バカラック・ベスト
バート・バカラック
商品詳細を見る
「遥かなる影」、「雨にぬれても」、「恋の面影」、「アルフィー」、「恋よ、さようなら」などなどの名曲を書いた、アメリカを代表する作曲家、バート・バカラックのベスト。


Dionne Warwick - I'll Never Fall In Love Again





グレイテスト・ヒッツ1962-1987グレイテスト・ヒッツ1962-1987
ディオンヌ・ワーウィック、スピナーズ 他
商品詳細を見る
「恋よ、さようなら」をはじめ、バート・バカラックの幾多の名曲のオリジナル・シンガーとして知られるポップ・シンガーのキャリアを集大成したベスト盤。ジャケはありきたりだが、セプター、アリスタなどレーベルを超えた選曲は{究極}にふさわしい。
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの女性R&B歌手 R&B アダルト·コンテンポラリー インストゥルメンタル グラミー賞 全英No.1ヒット 60’s  バート・バカラック ディオンヌ・ワーウィック 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-247.html

2012/08/18 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

愛のテーマ(Love's Theme)/バリー・ホワイト

   ↑  2011/07/24 (日)  カテゴリー: 1973年の洋楽
年度1973年昭和48年
作詞Aaron Schroederアーロン・シュローダー
作曲Barry Whiteバリー・ホワイト
アーティストLove Unlimited Orchestraラヴ・アンリミテッド・オーケストラ

バリー・ホワイト70年代に世界を魅了したアメリカのシンガーソングライター、音楽プロデューサーでもある彼は数多くのヒット曲を残しています。この曲は1973年 に世界的大ヒット曲したラブズ・テーマ、日本での邦題は『愛のテーマ』で紹介されました。キャセイ航空のテーマ曲として日本でもCMでお馴染みの楽曲です。
オーケストラをバックに歌がないインストゥルメンタルのバージョンと 歌詞がついたバージョンがあります。バックのコーラスを務めているのは女性3人グループ「ラブ・アンリミテッド」です。アルバム「In Heat 」に収録されています。やはり名曲はいつの時代になってもいろあせません。

►愛のテーマ(Love's Theme)の歌詞はこちらから
バリー・ホワイト ディスコグラフィー

Barry White - Love's Theme





グレイテスト・ヒッツグレイテスト・ヒッツ
バリー・ホワイト、ラヴ・アンリミテッド・オーケストラ
商品詳細を見る
ゴージャスでロマンティックなポップ・ソングが高い人気を博したバリー・ホワイトの94年発売ベストの再発盤。「あふれる愛を」などをはじめヒット曲がシングル・ヴァージョンで収録。
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : ディスコ R&B ソウル インストゥルメンタル 全米No.1ヒット 70’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-290.html

2011/07/24 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。