ブルームーンあれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!! 

このページの記事目次 (タグ: イギリスの男性ポップ歌手 の検索結果)

よくあることさ(It's Not Unusual)/トム・ジョーンズ

   ↑  2011/06/12 (日)  カテゴリー: 1965年の洋楽
年度1965年昭和40年
作詞・作曲Les Reed
Gordon Mills
レス・リード
ゴードン・ミルズ
アーティストTom Jonesトム・ジョーンズ

邦題『よくあることさ』イッツ・ノット・アンユージュアル1965年にイギリスの歌手トム・ジョーンズが歌って全英チャートでナンバーワンを記録、全米でも最高位10位までランキングされ大ヒットした楽曲です。
そのほかの彼の代表作に ラブ・ミー・トゥナイト シーズ・ア・レイディ 何かいいことないか子猫チャン などがあり多くのヒット曲を配信した大物アーティストです。
1966年にはシュープリームスがこの曲をカバーしている。今もっとも話題になっているのが、アメリカFOXテレビでオンエア中の『グリー 踊る♪合唱部!?』 2011年にはシーズン3でグリー・キャストによるこの曲が紹介されている。

►よくあることさ(It's Not Unusual)の歌詞はこちらから
Tom Jones ディスコグラフィー

Tom Jones - It's Not Unusual





グレイテスト・ヒッツグレイテスト・ヒッツ
トム・ジョーンズ
商品詳細を見る
「何かいいことないか仔猫チャン」のヒットで知られるトム・ジョーンズのベスト・アルバム。ヒット・シングルでCM使用曲「恋はメキメキ」ほか、ねちっこい彼のヴォーカルが存分に堪能できる一枚。
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : イギリスの男性ポップ歌手 ポップ ブルー・アイド・ソウル 全英No.1ヒット 60’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-287.html

2011/06/12 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ラブ・ミー・トゥナイト(Love Me Tonight)/トム・ジョーンズ

   ↑  2011/02/17 (木)  カテゴリー: 1969年の洋楽
年度1969年昭和 44 年
作詞Mario Panzeriマリオ・パンツェリ
作曲Lorenzo Pilatロレンツォ・ピラット
アーティストTom Jonesトム・ジョーンズ

ラブ・ミー・トゥナイトはイギリスの歌手トム・ジョーンズが1969年に発表した曲として知られている。英訳された彼のバージョンが世界的なヒットとなります。
この曲のオリジナル原曲は『Alla Fine Della Strada』邦題は、『恋の終わり』イタリアの歌手ジュニア・マッリ(Junior Magli)によって1969年サンレモ音楽祭で初めて紹介されています。

►ラブ・ミー・トゥナイト(Love Me Tonight)の歌詞はこちらから
Tom Jones ディスコグラフィー
Tom Jones オフィシャルサイト

Tom Jones - Love Me Tonight





ベスト・オブ・トム・ジョーンズベスト・オブ・トム・ジョーンズ
トム・ジョーンズ、アート・オブ・ノイズ 他
商品詳細を見る
『マーズ・アタック!』でそのギトギトねっとり感の不滅ぶりを天下に再び示したトムの60~70年代のヒットをごっそり収録し、88年のプリンスのカヴァー「キッス」を加えたうれしいコンピレーション。1人で勝手に盛り上がるパワーが熱すぎる。


グレイテスト・ヒッツグレイテスト・ヒッツ
トム・ジョーンズ
商品詳細を見る
「何かいいことないか仔猫チャン」のヒットで知られるトム・ジョーンズのベスト・アルバム。ヒット・シングルでCM使用曲「恋はメキメキ」ほか、ねちっこい彼のヴォーカルが存分に堪能できる一枚。
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : イギリスの男性ポップ歌手 ポップ ブルー・アイド・ソウル 60’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-261.html

2011/02/17 | Comment (1) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

風のささやき(The Windmills of Your Mind)/スティング

   ↑  2010/02/21 (日)  カテゴリー: 1968年の洋楽
年度1968年昭和 43 年
作詞Alan Bergman
Marilyn Bergman
アラン・バーグマン
マリリン・バーグマン
作曲Michel Legrandミシェル・ルグラン
アーティスト Noel Harrison
Sting
ノエル・ハリソン
スティング

邦題は風のささやき「ザ・ウィンドミズルズ・オブ・ユア・マインド」は、1968年スティーヴ・マックイーン / フェイ・ダナウェイ主演のアメリカ映画『華麗なる賭け』でノエル・ハリソンがこの主題歌を歌いました。世界中で大ヒットし同年の1968年にアカデミー主題歌賞を獲得しています。曲はフランスのミシェル・ルグランが書いています。
1999年には『華麗なる賭け』をリメイクした『トーマス・クラウン・アフェア』が上映されています。主演は ピアース・ブレンダン・ブロスナン / レネ・ルッソ / フェイ・ダナウェイ。フェイ・ダナウェイはこの映画でも医師役で再び出演しています。若いころのフェイ・ダナウェイはとても知的でクール魅力あふれる女優さんでした。主題歌(風のささやき)もスティングのカバーでこの映画のエンディングで使われています。

►風のささやき(The Windmills of Your Mind)の歌詞はこちらから
Noel Harrison ディスコグラフィー
Sting ディスコグラフィー 
Michel Legrand ディスコグラフィー

Noel Harrison - Windmills Of Your Mind (1969)





ミシェル・ルグランの世界ミシェル・ルグランの世界
ミシェル・ルグラン
商品詳細を見る
フランスの作曲家ミシェル・ルグランの代表曲「シェルブールの雨傘」「風のささやき 」が収録された。ベスト盤


Sting - Windmills Of Your Mind  「The Thomas Crown Affair」1999年





マイ・ファ二ー・ヴァレンタイン ~スティング・アット・ザ・ムーヴィーズマイ・ファ二ー・ヴァレンタイン ~スティング・アット・ザ・ムーヴィーズ
スティング、ブライアン・アダムス 他
商品詳細を見る
2005年4月16日 全国松竹系にてロードショーの映画『阿修羅城の瞳』のエンディング・テーマ 「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」 をスティングが歌い下ろし!(共演はハービー・ハンコック)スティングの、映画への提供曲ばかりを集めたコンピレーション・アルバム。すでに廃盤となったサントラにのみ収録された楽曲も含め、入手困難な音源満載。


華麗なる賭け [Blu-ray]華麗なる賭け [Blu-ray]
スティーブ・マックィーン、フェイ・ダナウェイ 他
商品詳細を見る
大スター、スティーブ・マックィーンとフェイ・ダナウェイの代表作の1本。『夜の大捜査線』のノーマン・ジュイスン監督による、ゴージャスかつスタイリッシュなカレスク・ロマン。冒険心を満たすために銀行強盗を命じたセレブと、真相を追いつつも彼に恋した保険調査員。男と女、スリリングな駆け引きの果てに笑うのはどちら?強奪シーンなどのマルチ画面処理は『24 -TWENTY FOUR-』などの先駆け。60年代ファッションに身を包むダナウェイのキュートな魅力。スーツ姿できめるマックィーンの粋。ミシェル・ルグラン作曲の主題歌『風のささやき』はアカデミー賞歌曲賞受賞。


トーマス・クラウン・アフェアー [Blu-ray]トーマス・クラウン・アフェアー [Blu-ray]
ピアース・ブロスナン、レネ・ルッソ 他
商品詳細を見る
永遠の大スター、スティーブ・マックイーン主演の名作『華麗なる賭け』を、現在の007として知られるピアース・ブロスナン主演でリメイクしたロマンティック・サスペンス・アクション大作。ニューヨークの美術館からモネの絵が盗まれ、犯人はすぐ逮捕されたが、絵の行方はいまだわからない。保険会社調査員のキャサリン(レネ・ルッソ)はモネの愛好家である大実業家トーマス・クラウンに目をつけ、彼に接近していくのだが…。
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : イギリスの男性ロック歌手 イギリスの男性ポップ歌手 アダルト・コンテンポラリー アカデミー歌曲賞  映画の主題歌 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-184.html

2010/02/21 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。