ブルームーンあれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!! 

このページの記事目次 (タグ: アート・ロック の検索結果)

フェイム(Fame)/デヴィッド・ボウイ

   ↑  2014/03/31 (月)  カテゴリー: 1975年の洋楽
年度1975年昭和 50 年
作詞・作曲David Bowie
Carlos Alomar
John Lennon
デヴィッド・ボウイ
カルロス・アロマー
ジョン・レノン
アーティストDavid Bowieデヴィッド・ボウイ

フェイムは、イギリスの男性シンガーソングライター、ロック歌手デヴィッド・ボウイが1975年に発表した楽曲。ジョン・レノンがこの曲の制作に携わっている。 デヴィッド・ボウイの8枚目のアルバム『ヤング・アメリカン(Young Americans)』に収録、シングルカットされ全米チャートで1位を獲得した。

►フェイム(Fame)の歌詞はこちらから
►David Bowie ディスコグラフィー

David Bowie - Fame





ヤング・アメリカンズヤング・アメリカンズ
デヴィッド・ボウイ
商品詳細を見る
「FOREVER YOUNG」シリーズ“パーロフォン・グループ”編。本作は、デヴィッド・ボウイが1975年に発表したアルバム。フィラデルフィア・ソウルへの接近で自らを“プラスティック・ソウル”と称するまでの変貌を遂げた作品。ヒットを記録したジョン・レノンとの共作曲「フェイム」他を収録。
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : イギリスの男性シンガーソングライター グラム・ロック アート・ロック 全米No.1ヒット 70’s 

FC2スレッドテーマ : 洋楽ロック (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-439.html

2014/03/31 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

トウキョウ・ジョー(Tokyo Joe)/ブライアン・フェリー

   ↑  2013/11/22 (金)  カテゴリー: 1977年の洋楽
年度1977年昭和 52年
作詞・作曲Bryan Ferryブライアン・フェリー
アーティストBryan Ferryブライアン・フェリー

トウキョウ・ジョーは、イギリスのロック・シンガー、ブライアン・フェリーが1977年に発表した曲。ソロアルバム『あなたの心に(In Your Mind )』に収録された。ロキシー・ミュージックの先駆者であり、デビッド・ボウイなど共に70年代に活躍したアーティストである。

►トウキョウ・ジョー(Tokyo Joe)の歌詞はこちらから
Bryan Ferry ディスコグラフィー

Bryan Ferry - Tokyo Joe





Tokyo Joe~ザ・ベストTokyo Joe~ザ・ベスト
ブライアン・フェリー&ロキシー・ミュージック、ロキシー・ミュージック 他
商品詳細を見る
日本で1997年にギフト (テレビドラマ)の主題歌に使用され再ヒットした「トウキョウ・ジョー」が収録ブライアン・フェリーのベストアルバム
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : イギリスの男性ロック歌手 アート・ロック グラム・ロック ニュー・ウェーヴ 70’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-420.html

2013/11/22 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

愛ゆえに(The Things We Do for Love)/10cc

   ↑  2011/03/28 (月)  カテゴリー: 1977年の洋楽
年度1977年昭和 52 年
作詞・作曲Eric Stewart
Graham Gouldman
エリック・スチュワート
グレアム・キース・グールドマン
アーティスト10ccテンシーシー

ザ・シングス・ウィ・ドゥ・フォー・ラヴは英国のロックバンド「10cc」の大ヒット曲。邦題は「愛ゆえに」1977年にリリースされアルバム『ディセプティヴ・ベンズ』よりシングルカットされ全英6位、全米5位の大ヒットとなる。1975年の『アイム・ノット・インラブ』に次ぐ彼らの代表曲です。

►愛ゆえに(The Things We Do for Love)の歌詞はこちらから
10cc ディスコグラフィー

10cc - The Things We Do for Love





愛ゆえに+3(紙ジャケット仕様)愛ゆえに+3(紙ジャケット仕様)
10CC
商品詳細を見る
ゴドレー&クリームが脱退し2人なってしまった77年作。残った2人が作り上げたのは、一聴オーソドックスながらも、やっぱりヒネてるポップ・アルバム。ボーナストラック2曲入り。


愛ゆえに~10ccベスト愛ゆえに~10ccベスト
10cc
商品詳細を見る
前身のホットレッグス時代から活躍するイギリスのアート・ロック・バンド、10cc。エリック・スチュワートとグラハム・グールドマンのポップス・センスと、ケヴィン・ゴドレイとロル・クリームのスタジオ・テクニックが織り成す、実験的ともいえるサウンドが特徴。 1975年には彼らの最大のヒット曲である<2>を誕生させた。時を越えてもなお新鮮な喜びと驚きを与えてくれるこのナンバーは、不朽の名作と言っても過言ではない.......
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : イギリスのロックバンド  アート・ロック 70’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-274.html

2011/03/28 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

アイム・ノット・イン・ラブ(I'm Not In Love)/10cc

   ↑  2011/03/27 (日)  カテゴリー: 1975年の洋楽
年度1975年昭和 50 年
作詞・作曲Eric Stewart
Graham Gouldman
エリック・スチュワート
グレアム・キース・グールドマン
アーティスト10ccテンシーシー

幻想的で静寂な曲アイム・ノット・イン・ラブは英国のロックバンド「10cc」の代表曲1975年にリリースされたアルバム、『オリジナル・サウンドトラック(The Original Soundtrack)』からシングルカットされ、全英1位・全米2位の大ヒットとなりました。日本でもCM等で使われ大ヒットしています。
これがアート・ロックというべきなのか?クリームやピンク・フロイドとは違った独自な世界感、この曲はメンバーのエリック・スチュワート、グレアム・キース・グールドマンが制作。

►アイム・ノット・イン・ラブ(I'm Not In Love)の歌詞はこちらから
10cc ディスコグラフィー

10cc - I'm Not In Love





オリジナル・サウンドトラック(紙ジャケット仕様)オリジナル・サウンドトラック
10CC
商品詳細を見る
洒落っ気たっぷりの英国ポップ集団が、1975年に発表した3rdアルバム。ミュージカル組曲で始まる架空の映画を想定した“サントラ”盤で、4人のアイデアを結集させて限りなく実験的ながらポップにまとめた名盤。


愛ゆえに~10ccベスト愛ゆえに~10ccベスト
10cc
商品詳細を見る
前身のホットレッグス時代から活躍するイギリスのアート・ロック・バンド、10cc。エリック・スチュワートとグラハム・グールドマンのポップス・センスと、ケヴィン・ゴドレイとロル・クリームのスタジオ・テクニックが織り成す、実験的ともいえるサウンドが特徴。 1975年には彼らの最大のヒット曲である<2>を誕生させた。時を越えてもなお新鮮な喜びと驚きを与えてくれるこのナンバーは、不朽の名作と言っても過言ではない.......
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : イギリスのロックバンド  アート・ロック 全英No.1ヒット 70’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-273.html

2011/03/27 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。