ブルームーンあれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!! 

このページの記事目次 (タグ: アメリカの男性R&B歌手 の検索結果)

total 3 pages  次のページ →  

リビング・イン・アメリカ(Living in America)/ジェームス・ブラウン

   ↑  2015/01/20 (火)  カテゴリー: 1985年の洋楽
年度1985年昭和 60 年
作詞・作曲Dan Hartman
Charlie Midnight
ダン・ハートマン
チャーリー・ミッドナイト
アーティストJames Brownジェームス・ブラウン

リビング・イン・アメリカは、通称JB アメリカ合衆国のエンターテイナー、ファンクの帝王ジェームス・ブラウンが1985に発表した曲。全米チャート最高位4位、11週の間チャート(ホット100)に記録された。85年に公開されたロッキー4/炎の友情のサントラでこの曲が使用されている。86年最優秀男性R&Bボーカルでグラミー賞を受賞した。

►リビング・イン・アメリカ(Living in America)の歌詞はこちらから
James Brown ディスコグラフィー

James Brown - Living in America





ロッキー4ロッキー4
サントラ、ヴィンス・ディコーラ 他
商品詳細を見る
スタローンの人気シリーズの4作目。1作目から踏襲されるあの有名なテーマ曲をヴィンス・ディコーラのアレンジによる楽曲も聴かれ、当時は10曲しか収録されなかったトラックが全15曲収録されている....
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性R&B歌手 ファンク R&B 映画で使われた曲 80’s 

FC2スレッドテーマ : Soul, R&B, Funk (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-477.html

2015/01/20 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ホール・ニュー・ワールド(A Whole New World)/ピーボ・ブライソン&レジーナ・ベル

   ↑  2014/10/08 (水)  カテゴリー: 1992年の洋楽
年度1992年平成 3 年
作詞Tim Riceティム・ライス
作曲Alan Menkenアラン・メンケン
アーティストBrad Kane & Lea Salongaピーボ・ブライソン&レジーナ・ベル

ホール・ニュー・ワールドは1992年のディズニー・アニメ映画『アラジン』主題歌で使われた。アメリカの男性ソウル歌手ピーボ・ブライソンとレアメリカの女性ソウル歌手ジーナ・ベルのデュエットで歌われ世界的な大ヒットとなった。第65回アカデミー賞最優秀主題歌賞、1994年にはグラミー賞最優秀楽曲賞も受賞している。

►ホール・ニュー・ワールド(A Whole New World)の歌詞はこちらから
Peabo Bryson ディスコグラフィー
Regina Belle ディスコグラフィー

A Whole New World - Regina Belle & Peabo Bryson





アラジン(OST)日本語版アラジン(OST)日本語
サントラ、ピーボ・ブライソン&レジーナ・ベル 他
商品詳細を見る
ディズニー・アニメ映画『アラジン』の日本語サントラ盤。ピーボ・ブライソン&レジーナ・ベルの主題歌「ホール・ニュー・ワールド」他を収録。
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性R&B歌手 アメリカの女性R&B歌手 アダルト・コンテンポラリー R&B デュエット曲 ディズニー・ソング 全米No.1ヒット グラミー賞 アカデミー歌曲賞 90’s 

FC2スレッドテーマ : 90年代洋楽 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-464.html

2014/10/08 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ユー・キャント・タッチ・ディス(U Can't Touch This)/MCハマー

   ↑  2014/09/01 (月)  カテゴリー: 1990年の洋楽
年度1990年平成 1  年
作詞・作曲Stanley Burrell
Rick James
Alonzo Miller
スタンリー・カーク・バレル
リック・ジェームス
アロンツォ・ミラー
アーティストMC Hammerエムシー・ハマー

オリジナルはアメリカ合衆国のファンクミュージシャン、リック・ジェームス(Rick James)の曲である。1981年のアルバム『ストリート・ソング(Street Songs)』に収録されている。
スタンリー・カーク・バレル、アメリカのラッパー、エムシー・ハマーが1990年に放ったシングル、ユー・キャント・タッチ・ディスは、全米シングル・チャートは8位まで記録した。アルバム『(Please Hammer, Don't Hurt 'Em)』に収録され、全米アルバム・チャートで1位、全世界で1,000万枚以上のセールスとなった。

►ユー・キャント・タッチ・ディス(U Can't Touch This)の歌詞はこちらから
MC Hammer ディスコグラフィー

MC Hammer - U Can't Touch This





プリーズ・ハマー・ドント・ハーテムプリーズ・ハマー・ドント・ハーテム
M.C.ハマー
商品詳細を見る
1960年代から2007年に至るEMI洋楽カタログから名盤を厳選して、期間限定&低価格で再発売。本作はM.C.ハマーの1990年に発表したセカンド・アルバム。「U・キャント・タッチ・ジス」他を収録.
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性R&B歌手 ヒップホップ ダンス 90’s 

FC2スレッドテーマ : 90年代洋楽 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-462.html

2014/09/01 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

黒い戦争(War)/エドウィン・スター

   ↑  2014/04/18 (金)  カテゴリー: 1970年の洋楽
年度1970年昭和 45 年
作詞・作曲Norman Whitfield
Barrett Strong
ノーマン・ホイットフィールド
バレット・ストロング
アーティストEdwin Starrエドウィン・スター

邦題「黒い戦争」ウォー はアメリカのソウル歌手エドウィン・スターが1970年にベトナム反戦ソングとして発表した曲。作品はモータウン専属のノーマン・ホイットフィールドによって制作された。アルバム『ウォー・アンド・ピース』 に収録 された。
元々この曲はザ・テンプテーションズ(The Temptations)のアルバム『Psychedelic Shack』の中で発表された曲である。この曲をエドウィン・スターがカバー、チャートでは全米ナンバーワンとなり、グラミーでも最優秀男性歌唱賞を受賞した。

►黒い戦争(War)の歌詞はこちらから
Edwin Starr ディスコグラフィー

War - Edwin Starr





ウォー・アンド・ピースウォー・アンド・ピース
エドウィン・スター
商品詳細を見る
本作は、モータウンきってのハード・シャウター、エドウィン・スターが1970年に発表した代表アルバム。ノーマン・ホィットフィールドとの邂逅が、ニュー・ソウルをも見据えた傑作を誕生させた。全米1位にしてグラミー賞獲得曲「ウォー.....
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性R&B歌手 R&B ソウル ファンク グラミー賞 モータウン 全米No.1ヒット 70’s 

FC2スレッドテーマ : 今日の1曲 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-441.html

2014/04/18 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

イージー・ラヴァー(Easy Lover)/フィリップ・ベイリー&フィル・コリンズ

   ↑  2014/04/12 (土)  カテゴリー: 1984年の洋楽
年度1984年昭和 59 年
作詞・作曲Philip Bailey
Phil Collins
Nathan East
フィリップ・ベイリー
フィル・コリンズ
ネイザン・イースト
アーティストPhilip Bailey & Phil Collinsフィリップ・ベイリー&フィル・コリンズ

1984年に発表されたイージー・ラヴァーはアメリカのファンクバンド「アース・ウィンド・アンド・ファイアー」のメンバー、フィリップ・ベイリーとイギリスのミュージシャン、フィル・コリンズのデュエット曲である。チャートは全英1位、全米2位まで記録されフィリップ・ベイリーのアルバム『チャイニーズ・ウォール』に収録されている。

►イージー・ラヴァー(Easy Lover)の歌詞はこちらから
Philip Bailey ディスコグラフィー

Philip Bailey & Phil Collins - Easy Lover





チャイニーズ・ウォールチャイニーズ・ウォール
フィリップ・ベイリー
商品詳細を見る
アース・ウインド&ファイアーのヴォーカリストで、中心メンバーでもあるフィリップ・ベイリーのソロ2ndアルバム。本作では80年代ポップスを代表する英国ミュージン.....


シリアス・ヒッツ…ライヴ! [DVD]シリアス・ヒッツ…ライヴ!
フィル・コリンズ
商品詳細を見る
フィル・コリンズがメガヒットを記録したアルバム「BUT SERIOUSLY...」のリリース後に行ったワールドツアーの中からベルリンでのライブを収録。
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性R&B歌手 アダルト·コンテンポラリー R&B ソウル ポップ・ロック 全英No.1ヒット デュエット曲 80’s  

FC2スレッドテーマ : 80年代洋楽 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-440.html

2014/04/12 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。