ブルームーンあれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!! 

このページの記事目次 (タグ: アメリカの男性ヴォーカルグループ の検索結果)

Y.M.C.A./ヴィレッジ・ピープル

   ↑  2015/05/23 (土)  カテゴリー: 1978年の洋楽
年度1978年昭和53年
作詞Henri Belolo
Victor Willis
アンリ・ベロロ
ヴィクター・ウィリス
作曲Jacques Moraliジャック・モラリ
アーティストVillage Peopleヴィレッジ・ピープル

ワイ・エム・シー・エー(Y.M.C.A.)はアメリカのグループ「ヴィレッジ・ピープル」が1978年に発表した楽曲。日本では西城秀樹がカバー、タイトルがヤングマンで紹介された。同性愛者を批評するゲイソングなどと悪評をささやかれ話題を呼んだが全世界で1000万枚を超えるセールスを記録し大ヒットした。記録は全米シングルチャート2位、全英では1位を獲得した。
1985年に一度解散、メンバーも入れ替わり1987年に再結成され現在に至っている。

►Y.M.C.Aの歌詞はこちらから
Village People ディスコグラフィー

Village People - Y.M.C.A.





 ベスト・オブ・ヴィレッジ・ピープル
  ヴィレッジ・ピープル
  70年代後半から1980年代前半にかけて、ディスコ・ソングを中心に世界的ヒット曲を次々生み出したNYのヴォーカル・グループ、ヴィレッジ・ピープルのベス ト・アルバム.......
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性ヴォーカルグループ ポップ ディスコ 全英No.1ヒット  70’s 

FC2スレッドテーマ : 今日の1曲 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-503.html

2015/05/23 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

愛がすべて(Can't Give You Anything (But My Love))/スタイリスティックス

   ↑  2013/08/29 (木)  カテゴリー: 1975年の洋楽
年度1975年昭和 50 年
作詞・作曲Hugo Peretti
Luigi Creatore
George David Weiss
ヒューゴ・ペレッティ
ルイージ・クレイトアー
ジョージ・デヴィッド・ワイス
アーティストThe Stylisticsスタイリスティックス

キャント・ギブ・ユウ・エニシング(バット・マイ・ラブ)はアメリカの男性ソウル・コーラス・グループであるスタイリスティックスが1975年に発表した曲である。リード・ボーカルのラッセル・トンプキンスJr. によるファルセット(裏声)が美しく洗練された旋律に多くの人を魅了した。
全英でナンバーワンを獲得、全米チャート51位では振るわなかったがヨーロッパでヒット、日本でもディスコナンバーとしてヒットした。
作詞・作曲をしたこの3人は、エルヴィス・プレスリーのヒット曲、好きにならずにいられない ( I Can't Help Falling In Love With You)のヒット曲も残している。またジョージ・デヴィッド・ワイスはルイ・アームストロングの「この素晴らしき世界」の制作にも携わっている。

►愛がすべて(Can't Give You Anything (But My Love))の歌詞はこちらから
STYLISTICS ディスコグラフィー

The Stylistics - Can't Give You Anything





〈おとなBEST〉愛がすべて~スタイリスティックス・ベスト愛がすべて~スタイリスティックス・ベスト
ザ・スタイリスティックス
商品詳細を見る
'70年代、世界に巻き起こった大ソウル・ブームの立役者、スタイリスティックスのオリジナル・ヒットからスタンダード曲まで収録。
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性ヴォーカルグループ  R&B ソウル ディスコ 全英No.1ヒット 70’s 

FC2スレッドテーマ : '70年から'80年の洋楽 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-405.html

2013/08/29 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ライオンは寝ている(The Lion Sleeps Tonight)/トーケンズ

   ↑  2013/03/09 (土)  カテゴリー: 1961年の洋楽
年度1961年昭和 36 年
作詞Hugo Peretti
Luigi Creatore
George David Weiss
Albert Stanton
ヒューゴ・ペレッティ
ルイージ・クレアトーレ
ジョージ・デビッド・ワイス
アルバート・スタントン
作曲Solomon Lindaソロモン・リンダ
アーティストThe Tokensトーケンズ

ザ・ライオン・スリープス・トゥナイトはトーケンズが1961年に発表したカバー・バージョンである。オリジナルの曲の表題は『Mbube』南アフリカのソロモン・リンダが1939年発表している。この曲に歌詞が数多く書かれ歌われたが、アメリカのドゥーワップ・グループであるトーケンズのナンバーが全米チャートでNo.1を記録し世界的な最大のヒットとなった。

►ライオンは寝ている(The Lion Sleeps Tonight)の歌詞はこちらから
The Tokens ディスコグラフィー

The Tokens - The Lion Sleeps Tonight





INTERCOURSE -expanded edition- mono mix+stereo mix+bonus tracksINTERCOURSE
TOKENS
商品詳細を見る
61年のNo1ヒット「The Lion Sleeps Tonight(ライオンは寝ている)」で知られるNYブルックリン出身の4人組白人ドゥーワップ・グループ、トーケンズ。『サージェント・ペパーズ』と『ペット・サウンズ』の影響を強く感じさせる完成度の高いソフト・ロックの名盤のモノ・ミックスとステレオ・ミックス....
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性ヴォーカルグループ R&B ドゥーワップ  全米No.1ヒット 60’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-371.html

2013/03/09 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

シュブーン(Sh-Boom (Life Could Be a Dream))/コーズ

   ↑  2012/09/28 (金)  カテゴリー: 1950年代の洋楽
年度1954年昭和 29 年
作詞・作曲James Keyes
Claude Feaster
Carl Feaster
Flanklin Floyd
William Edwards
ジェームズ・キース
クロード・フェスタ
カール・フィースター
フランクリン・フロイド
ウィリアム・エドワーズ
アーティストThe Chords
The Crew-Cuts
コーズ
クルー・カッツ

シュブーンのオリジナルは1954年にアメリカのR&Bの男性5人グループ「ザ・コーズ」によって紹介されています。
1950年代の黒人音楽のジャンルとしてドゥーワップ(意味を持たない発音でのリズミカルな歌い方が特徴)が確立されたのもこの時代であり現在でもアーティストに大きな影響を与えています。この曲はそれを代表する一つの曲とも言えるでしょう。
白人男性4人グループ「クルー・カット」 によるカバーバージョンは黒人が歌った曲を白人が初めてカバーをしたということで話題になった曲でもあります。日本ではこちらのバージョンがよくながされていましたね。
2006年にはディズニーのアニメ映画 カーズ オリジナル・サウンドトラックでコーズのシュブーンが挿入されていました。

►シュブーン(Sh-Boom (Life Could Be a Dream))の歌詞はこちらから
The Chords ディスコグラフィー
The Crew-Cuts ディスコグラフィー

The Chords - Sh-Boom





ディズニー・ピクサー カーズ オリジナル・サウンドトラックディズニー・ピクサー カーズ オリジナル・サウンドトラック
サントラ、ハンク・ウィリアムス 他
商品詳細を見る
今度のファンタジーは、不思議な秘密が隠された[クルマの世界]。ピクサー最新作『カーズ』!2006年7月公開!ピクサー最新作! 『カーズ』。トイ・ストーリー…[おもちゃの世界]、モンスターズ・インク…[モンスターの世界]、ファインディング ニモ…[サカナの世界]……そして、2006年。今度のファンタジーは、不思議な秘密が隠された[クルマの世界]。今回のサウンドトラックはアーティスト楽曲を多数収録。Sheryl Crow、Rascal Flatts、John Mayerと豪華アーティスト楽曲を収録予定!


The Crew Cuts - Sh Boom Sh Boom 





Sh-Boom (Where Swing Met Doo-Wop & Rock \\\'n Roll)Sh-Boom (Where Swing Met Doo-Wop & Rock'n Roll)
Crew Cuts
商品詳細を見る
カナダ出身の4人組み白人アカペラ・ドゥーワップのグループ「クルー・カッツ」 コーズが歌ったシューブーンのカバーで大ヒット

関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性ヴォーカルグループ R&B ドゥーワップ アカペラ 50’s 全米No.1ヒット  

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-340.html

2012/09/28 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

慕情(Love Is a Many-Splendored Thing)/フォー・エイセス

   ↑  2011/03/20 (日)  カテゴリー: 1950年代の洋楽
年度1955年昭和 30 年
作詞Paul Francis Websterポール・フランシス・ウェブスター
作曲Sammy Fainサミー・フェイン
アーティストFour Acesフォー・エイセス 

ラブ・イズ・ア・メニー・スプレンダード・シングは、1955年のアメリカ映画『慕情』の主題歌で使用された楽曲です。
この映画は香港を舞台にしたラブストリー、ウィリアム・ホールデンとジェニファー・ジョーンズが 主演しました。この年にアカデミー主題歌賞を受賞しています。
多くのカバーバージョンがありますが、この曲で最大のヒットはアメリカのグループ、フォー・エイセスのバージョンが全米チャートで1位を記録しています。
この曲の作詞家ポール・フランシス・ウェブスターはペギー・リーが歌ってよく知られたブラック・コーヒー、アメリア映画『いそしぎ』の主題歌シャドウ・オブ・ユア・スマイルも彼の作品であります。最近アーティストによるこの名曲のカバーが少ないのは淋しい思いであります。

►慕情(Love Is A Many Splendored Thing)の歌詞はこちらから
Four Aces ディスコグラフィー

慕情(1955) / Love is a Many Splendored Thing



慕情 [DVD]慕情 [DVD]
ウィリアム・ホールデン、ジェニファー・ジョーンズ 他
商品詳細を見る
1955年アカデミー賞2部門受賞(音楽賞・主題歌賞・衣装デザイン賞)『陽はまた昇る』『キリマンジャロの雪』の巨匠ヘンリー・キングの代表作。運命のいたずらにもてあそばれる恋人たちをウィリアム・ホールデン&ジェニファー・ジョーンズが甘く切なく演じる永遠のラブ・ロマンス。


Four Aces - Love Is a Many Splendored Thing





Best ofBest of
Four Aces
商品詳細を見る
フォー・エイセス ベストアルバム USインポート盤 『慕情』をはじめとする彼らのヒット曲18曲を収録
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性ヴォーカルグループ ジャズ・スタンダード 映画の主題歌 全米No.1ヒット アカデミー歌曲賞 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-271.html

2011/03/20 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。