あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!


月影の渚(Moon-Light Swim)/エルヴィス・プレスリー

年度1957年昭和 32 年
作詞・作曲Ben Weisman
Sylvia Dee
ベン・ワイズマン
シルビア・ディー
アーティストElvis Presleyエルヴィス・プレスリー

常夏のハワイに行きたいね!ハワイ島のイメージを凝縮した曲ムーンライト・スイムのオリジナルはアメリカの歌手ニック·ノーブル(Nick Noble)が1957年に発表している。全米シングルチャートは37位まで記録された。
同じ年アメリカの映画俳優、アンソニー・パーキンスがこの曲をカバー、24位までランキングされオリジナルを超えている。
やはり最も知られているのはエルヴィス・プレスリー(Elvis Presley)がこの曲を1961年のアメリカ映画『ブルー・ハワイ』でこの曲を歌った事だろう。この映画のサウンドトラック・アルバムは20週間連続1位の記録を残している名盤だ。
※アンソニー・パーキンスは、ヒッチ・コック監督の『サイコ』ノーマン・ベイツ役で主演を演じたことでもよく知られている。

►月影の渚(Moon-Light Swim)の歌詞はこちらから
Elvis Presley ディスコグラフィー

Elvis Presley - Moonlight Swim





「ブルー・ハワイ」ブルー・ハワイ
エルヴィス・プレスリー
商品詳細を見る
エルヴィス・プレスリー8作目の出演映画のサウンドトラック。全米アルバム・チャート20週間連続1位を記録した大ヒット・アルバム。テーマ曲「ブルーハワイ」やハワイアンを取り入れた「ハワイアン・ウエディング・ソング」「ロカ・フラ・ベイビー」など収録
関連記事


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-458.html

ティアーズ・イン・ヘヴン(Tears In Heaven)/エリック・クラプトン

年度1992年平成 3 年
作詞・作曲Eric Clapton
Will Jennings
エリック・クラプトン
ウィル・ジェニングス
アーティストEric Claptonエリック・クラプトン

ティアーズ・イン・ヘヴンはエリック・クラプトンの4歳の息子の死を悼んで作られた作品である。制作にソングライターのウィル・ジェニングスが携わった。1992年に封切られたアメリカ映画『ラッシュ』の主題歌として使われ、この映画のサウンドトラック・アルバムに収録されシングルカットされた。全米シングルチャート2位、1993年にはグラミー男性ポップボーカルパフォーマンス賞を受賞した。

►ティアーズ・イン・ヘヴン(Tears In Heaven)の歌詞はこちらから
Eric Clapton ディスコグラフィー

Eric Clapton - Tears In Heaven





ティアーズ・イン・ヘヴンティアーズ・イン・ヘヴン
エリック・クラプトン
商品詳細を見る
何回聴いても目頭が熱くなる,感動的な歌だと思う。でも,なんでこの時期にシングル発売を?実はダイアナ元皇太子妃のトリビュート・アルバムにこの曲が提供されたので,それに合わせて....
関連記事


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-451.html

[ 2014/07/17 09:02 ] 90’s 1992年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

自由への疾走(Are You Gonna Go My Way)/レニー・クラヴィッツ

年度1993年平成 4年
作詞Lenny Kravitzレニー・クラヴィッツ
作曲Craig Ross
Lenny Kravitz
クレイグ・ロス
レニー・クラヴィッツ
アーティストLenny Kravitzレニー・クラヴィッツ

アー・ユー・ゴナ・ゴー・マイ・ウェイは、アメリカのロック歌手レニー・クラヴィッツが1993年に発表した曲。全英アルバムチャート1位となった『自由への疾走』に収録された。シングルは全英チャート4位、全米ロック部門で1位にランキングされた。
アルバムはグラミー賞の最優秀ロック・ソング賞と最優秀ロック・ヴォーカル・パフォーマンス賞にノミネートされた。

►自由への疾走(Are You Gonna Go My Way)の歌詞はこちらから
Lenny Kravitz ディスコグラフィー

Lenny Kravitz - Are You Gonna Go My Way





自由への疾走自由への疾走
レニー・クラヴィッツ
商品詳細を見る
レニー・クラビッツ サードアルバム日本オラクル企業CMイメージ・ソング「自由への疾走」他を収録したアルバム....
関連記事


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-432.html

[ 2014/02/18 17:45 ] 90’s 1993年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

スターティング・オーヴァー((Just Like)Starting Over)/ジョン・レノン

年度1980年昭和55年
作詞・作曲John  Lennonジョン・レノン
アーティストJohn  Lennonジョン・レノン

スターティング・オーヴァーは全米・全英共にNo.1ヒットとなった、ジョン・レノン最大のヒット作品です。1980年にリリースされたアルバム『ダブル・ファンタジー』に収録されています。ジョン・レノンの遺作作品となってしまったこのアルバムは1981年にはグラミー賞(アルバム・オブ・ザ・イヤー)を受賞しています。このアルバムにはジョン・レノンの死後1981年にシングルカットされた『ウーマン(Woman)』も収録された名盤です。
※同名のナンバーがヒットしていたため、急遽(Just Like)をタイトルに付け足されている。

►スターティング・オーヴァー( Starting Over(Just Like))歌詞はこちらから
John Lennon ディスコグラフィー
John Lennon オフィシャルサイト

John Lennon - (Just Like) Starting Over - 1980





ダブル・ファンタジー(紙ジャケット仕様)ダブル・ファンタジー(紙ジャケット仕様)
ジョン・レノン&ヨーコ・オノ、ジョン・レノン 他
商品詳細を見る
ジョンとヨーコの楽曲が交互に収録された悲しくもジョンの遺作となってしまった作品。


Lennon Legend: The Very Best Of John LennonLennon Legend: The Very Best Of John Lennon
John Lennon
商品詳細を見る
ジョン・レノンのソロ作品は、これまで何枚もコンピレーション盤がリリースされてきたというのに、本作まで決定版と言えるものがなかったのは不思議でならない。本作の選曲にはうなずけないリスナーもいるかもしれない
関連記事


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-307.html

[ 2011/11/14 13:32 ] 80’s 1980年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

アイ・ショット・ザ・シェリフ(I Shot The Sheriff)/エリック・クラプトン

年度1973年昭和 48 年
作詞・作曲Bob Marleyボブ・マーリー
アーティストEric Clapton
Bob Marley
エリック・クラプトン
ボブ・マーリー

アイ・ショット・ザ・シェリフは1973年にジャマイカのレゲエ歌手ボブ・マーリーによって紹介されたナンバー。
イギリスの元ハードロックバンド「クリーム」のメンバーでもあったエリック・ クラプトンが1974年にカバー、全米シングル・チャートでNo.1ヒットを記録し大ヒットしました。
曲の内容はタイトルと同様「保安官を撃ってしまった!」警官が悪い正当防衛?...事の成り行きを曲にしたものです。どちらかといえば日本ではボブ・マーリーよりエリック・ クラプトンによるものがポピュラーでよく知られているようです。

►アイ・ショット・ザ・シェリフ (I Shot The Sheriff)の歌詞はこちらから
Eric Clapton ディスコグラフィー
Bob Marley ディスコグラフィー 

Bob Marley - I Shot The Sheriff (Live)





ONE LOVE-ザ・ベリー・ベスト・オブ・ボブ・マーリィ(初回限定特別価格盤)ONE LOVE-ザ・ベリー・ベスト・オブ・ボブ・マーリィ(初回限定特別価格盤)
ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ
商品詳細を見る
81年に36歳の若さでこの世を去り、94年にロックの殿堂「Rock and Roll Hall of Fame」入りを果たした伝説的レゲエシンガー、ボブ・マーリーのベストアルバム。


Eric Clapton - I Shot the Sheriff





461オーシャン・ブールヴァード+16 <デラックス・エディション>(紙ジャケット仕様)461オーシャン・ブールヴァード+16 <デラックス・エディション>(紙ジャケット仕様)
エリック・クラプトン
商品詳細を見る
エリック・クラプトン ドラッグと酒から立ち直り、ソロ活動のレギュラー・グループを率いて1974年に発表した復帰作。精神的な安定を感じさせ、全編カラッと乾いた独自のブルース表現を提示した。
関連記事


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-173.html

[ 2010/01/22 16:33 ] 70’s 1973年の洋楽 | TB(0) | CM(0)
全記事表示リンク
Tag List

サイト内キーワード検索

アメリカの男性ロック歌手
ロックンロール 50’s スイング・ジャズ アメリカのジャズバンド 60’s ブルース アメリカの男性シンガーソングライター エルヴィス・プレスリー 全米No.1ヒット 90’s ハードロック ディープ・パープル ラテン インストゥルメンタル 70’s ディスコ ポップ 映画で使われた曲 ポップ・ロック カントリー バブルガム・ポップ アメリカの男性ポップ歌手 イギリスのグループ ビージーズ 映画の主題歌 全英No.1ヒット イギリスのロックバンド 80’s アダルト·コンテンポラリー イギリスの男性ロック歌手 ビートルズ イージーリスニング デュエット曲 アメリカのポップ・デュオ ブルー・アイド・ソウル プログレッシブ・ロック ハード・ロック ニュー・ウェーヴ ニューエイジ カントリー・ロック イーグルス レゲエ R&B カンツォーネ フォーク・ロック ユーロ・ポップ アダルト・コンテンポラリー ブルース・ロック アメリカのロック・バンド ソウル ジャズ・ファンク フュージョン ブギウギ カーペンターズ ソフト・ロック グラミー賞 イギリスの女性シンガーソングライター アメリカの女性ヴォーカルグループ イギリスの女性歌手 カナダの女性ジャズ歌手 スムーズジャズ アメリカの女性シンガーソングライター スーパーグループ アメリカのフォークグループ AOR アメリカの男性ポップ・デュオ ファンク ダンス・ポップ マイケル・ジャクソン イギリスの男性歌手 シャンソン ミュージカル サイケデリック・ロック ジャズ・スタンダード アメリカの女性R&B歌手 アカデミー歌曲賞 40’s アメリカの女性ジャズ歌手 アメリカの女性ポップ歌手 クリスマスソング アメリカの男性ヴォーカルグループ ラテン・ポップ エルトン・ジョン イギリスの男性シンガーソングライター イタリアの男性歌手 ヘヴィメタル アメリカの男性カントリー歌手 バート・バカラック アメリカの女性歌手 アメリカのロックバンド ブラス・ロック シカゴ ダンス アメリカの男性R&B歌手 CMソング アメリカの作曲家 ビッグバンド アメリカのファンクグループ ゴスペル フランク・シナトラ ディズニー・ソング ヒップホップ アメリカの男性ロック歌手 ロカビリー ガールズバンド ジャズ・ファンク アカペラ アメリカのヴォーカルグループ ビー・ジーズ マリリン・モンロー アメリカの映画女優 モータウン グラム・ロック アート・ロック クイーン パンク・ロック アメリカの女性カントリー歌手 アントニオ・カルロス・ジョビン ボサノヴァ アンディ・ウィリアムス ダイアナ・ロス イギリスの男性ポップ・デュオ アメリカの男性R&Bボーカルグループ ドゥーワップ オーストラリアの女性歌手 オリビア・ニュートン・ジョン ダスティ・スプリングフィールド イギリスの女性ソウル歌手 サイケデリック・ポップ グロリア・エステファン フランキー・ヴァリ アメリカのR&Bボーカルグループ アメリカの男性ジャズ歌手 スプリームス 日本でリメイクされた曲 フレンチポップス イギリスの女性ポップ歌手 イギリスの女性ヴォーカルグループ アメリカの女性ボーカルグループ アメリカのジャズ・ピアニスト レイ・チャールズ ディオンヌ・ワーウィック ロッド・スチュワート イギリスのヴォーカルグループ マドンナ ジョン・レノン サイモン&ガーファンクル ナット・キング・コール イギリスの男性ポップ歌手 フォーク ルイ・アームストロング ディキシーランド・ジャズ ワルツ アメリカの男性ボーカルグループ チャック・ベリー ア・カペラ ラテン・ロック グレン・ミラー エラ・フィッツジェラルド 浅川マキ トニー・ベネット TVのテーマ曲 アメリカの男性歌手 ベニー・グッドマン ブルーノート ファンキー・ジャズ ソウル・ジャズ ブラジルの女性ジャズ歌手 ローズマリー・クルーニー ブラジルの男性シンガーソングライター イージー・リスニング フランスのシャンソン歌手 ジュリー・ロンドン イギリスの女性R&B歌手 ダイアナ・クラール アメリカのミュージカル女優 アストラッド・ジルベルト コール・ポーター