ブルームーンあれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!! 

このページの記事目次 (タグ: アメリカの女性ジャズ歌手 の検索結果)

total 30 pages  次のページ →  

思い出のパリ(The Last Time I Saw Paris)/ニッキ・パロット

   ↑  2015/06/08 (月)  カテゴリー: 1940年代の洋楽
年度1941年昭和16年
作詞Jerome Kernジェローム・カーン
作曲Oscar Hammerstein IIオスカー・ハマースタイン2世
アーティストNicki Parrottニッキ・パロット

邦題「思い出のパリ」ザ・ラスト・タイム・アイ・ソウ・パリスは、1941年のアメリカ映画『Lady Be Good』の劇中で女優アン・サザーン(Ann Sothern)が歌った。この年のアカデミー賞でアカデミー歌曲賞を受賞した。
今夜の視聴は2009年に正式デビューしたニッキ・パロット、オーストラリア出身のミュージシャンである。ジャズベーシストであり歌手でもある。フレンチ・ソングを、集めたアルバム『思い出のパリ』に収録されている。彼女の女性らしく甘く優しい声は日本人好みであり、リラックスして聴ける。「SACD盤」盤も販売されており高音質なサウンドで彼女にヴォーカルが堪能出来るのだ。

►思い出のパリ(The Last Time I Saw Paris)の歌詞はこちらから
Nicki Parrott ディスコグラフィー

Nicki Parrott - The Last Time I Saw Paris






 思い出のパリ
 ニッキ・パロット
 本作は、ニッキ・パロットのジャズ・ヴォーカル・アルバム。ミシェル・ルグランの名曲などおしゃれなフレンチ・ソングを、彼女のジャズ・フィーリングで、モダンでノスタルジックに歌った作品
関連記事
スポンサーサイト




はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの女性ジャズ歌手 映画の主題歌 ジャズ・スタンダード アカデミー歌曲賞 40’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-505.html

2015/06/08 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。