ブルームーン

あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!

TOP > アメリカのヴォーカルグループ

谷間に三つの鐘が鳴る(Three Bells)/ザ・ブラウンズ

谷間に三つの鐘が鳴る(Three Bells)/ザ・ブラウンズ

年度1939年昭和14年作詞Bert Reisfeldベルト・ライスフェルト作曲Jean Villard-Gillesジャン・ヴィラール・ジルアーティストThe Brownsブラウンズオリジナルはフランスのシャンソンであり、タイトルは「Les Trois Cloches」1939年にエディット・ピアフ(Edith Piaf)が歌っている。 邦題「谷間に三つの鐘が鳴る」多くのミュージシャンにカバーされたスリー・ベルズだが1959年にアメリカの男女3人のカントリー・グループ 、ブラウンズ...

... 続きを読む

いとしのクレメンタイン(Oh My Darling, Clementine)/ザ・ブラウンズ

いとしのクレメンタイン(Oh My Darling, Clementine)/ザ・ブラウンズ

年度1946年昭和21年作詞・作曲Percy Montroseパーシー・モントローズアーティストThe Brownsザ・ブラウンズジョン・フォード監督、ヘンリー・フォンダ主演のアメリカ西部劇映画『荒野の決闘』が1946年に公開、オー・マイ・ダーリン・クレメンタインは主題歌として使われ世界中で知られる事になる。日本でも邦題が『雪山讃歌』としてよく知られている。原曲はゴールドラッシュに涌く時代アメリカ西部の民謡とされ作詞・作曲は1884年...

... 続きを読む

ビートでジャンプ(Up Up And Away)/フィフス・ディメンション

ビートでジャンプ(Up Up And Away)/フィフス・ディメンション

年度1967年昭和 42 年作詞・作曲Jimmy Webbジミー・ウェップアーティスト5th Dimensionフィフス・ディメンション邦題『ビートでジャンプ』アップ・アップ・アンド・アウェイはアメリカのグループ、フィフス・ディメンションが1967年に発表したポピラー・ソングである。全米シングル・チャートでは7位まで記録された。この曲は米国のシンガーソングライターであるジミー・ウェップから提供され、彼のよく知られた代表作にドナ・サ...

... 続きを読む

ノックは3回(Knock Three Times)/トニー・オーランド&ドーン

ノックは3回(Knock Three Times)/トニー・オーランド&ドーン

年度1971年昭和 46 年作詞・作曲Irwin Levine Russel Brownアーウィン・レヴィン L・ラッセル・ブラウンアーティストTony Orlando & Dawnトニー・オーランド&ドーンノック・スリー・タイムズ邦題『ノックは3回』はアメリカのポップグループ「トニー・オーランド&ドーン」が1971年に発表した曲。全米シングル・チャートで3週間ランキング第1位を記録大ヒットしました。トニー・オーランドは1973年には『幸せの黄色いリ...

... 続きを読む

* by 横山ノックは3回
今晩は。
個人的には英語は全くダメなのですが、この曲を聴くと自然とテンションが上がって、嫌なことを忘れられるような気がします。本当に素晴らしい曲ですね。

Comment-close▲

タキシード・ジャンクション(Tuxedo Junction)/マンハッタン・トランスファー

タキシード・ジャンクション(Tuxedo Junction)/マンハッタン・トランスファー

年度1939年昭和 14 年作詞Buddy Feyneバディー・フェイン作曲Erskine Hawkins Bill Johnsonアースキン・ホーキンス ビル・ジョンソンアーティストThe Manhattan Transferマンハッタン・トランスファースイングジャズの代名詞と言っても過言ではないタキシード・ジャンクションは1939年ホーキンス楽団の演奏で初めて紹介されています。 アースキン・ホーキンスとバンドのメンバーのビル・ジョンソンによってこの曲が作曲され後にバ...

... 続きを読む