ブルームーンあれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!! 

このページの記事目次 (タグ: アメリカのポップ・デュオ の検索結果)

total 2 pages  次のページ →  

セイ・イット・イズント・ソー (Say it Isn't So)/ダリル・ホール&ジョン・オーツ

   ↑  2018/01/03 (水)  カテゴリー: 1983年の洋楽
年度1983年昭和58年
作詞・作曲Daryl Hallダリル・ホール
アーティストDaryl Hall & John Oatesダリル・ホール&ジョン・オーツ

セイ・イット・イズント・ソー(Say It Isn't So) はアメリカ合衆国のデュオ、ダリル・ホール&ジョン・オーツの楽曲で、ダリル・ホールが書いた作品。アルバム『Rock 'n Soul Part 1』からシングルリリースされた楽曲である。全米シングルチャートで最高位2位まで記録された。

►セイ・イット・イズント・ソー (Say it Isn't So)の歌詞はこちらから
Daryl Hall & John Oates ディスコグラフィー

Daryl Hall & John Oates - Say it Isn't So




関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカのポップ・デュオ アメリカの男性シンガーソングライター ポップ・ロック  アダルト·コンテンポラリー ブルー・アイド・ソウル 全米No.1ヒット 80’s 

FC2スレッドテーマ : 80年代洋楽 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-571.html

2018/01/03 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

スーパースター(Superstar)/カーペンターズ

   ↑  2016/02/22 (月)  カテゴリー: 1969年の洋楽
年度1969年昭和44年
作詞・作曲Leon Russell
Bonnie Bramlett
レオン・ラッセル
ボニー・ブラムレット
アーティストCarpentersカーペンターズ

オリジナルのタイトルはGroupie (Superstar)。スーパースターは、デラニー&ボニーが1969年に発表した楽曲。1970年にSuperstarと改名され、1971年にカーペンターズによるカヴァー・ヴァージョンが世界的にヒットした。作詞・作曲はレオン・ラッセルとボニー・ブラムレット、同年にリタ・クーリッジもこの曲をカバーしている。

►スーパースター(Superstar)の歌詞はこちらから
The Carpenters ディスコグラフィー

Carpenters - Superstar





青春の輝き~ヴェリー・ベスト・オブ・カーペンターズ青春の輝き~ヴェリー・ベスト・オブ・カーペンターズ
カーペンターズ
商品詳細を見る
オルタナティヴ系のアーティストたちがトリビュート盤を作った(これにはビックリしましたが)カーペンターズのベスト。69年のデビュー曲8から最後のヒット曲20まで,ファンにはほとんどがおなじみだろう。無理やりにでも女性版ビートルズと言いたい。
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカのポップ・デュオ ソフト・ロック 70’s カーペンターズ 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-545.html

2016/02/22 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

愛は夢の中に(I Won't Last a Day Without You)/カーペンターズ

   ↑  2014/07/23 (水)  カテゴリー: 1972年の洋楽
年度1972年昭和 47 年
作詞・作曲Paul Williams
Roger Nichols
ポール・ウイリアムス
ロジャー・ニコルズ
アーティストThe Carpentersカーペンターズ

邦題『愛は夢の中に』アイ・ウォント・ラスト・ア・デイ・ウィズアウト・ユーは、カーペンターズが発表したラブソングである。1972年にリリースされたアルバム『ア・ソング・フォー・ユー(A Song for You)』 に収録されている。1974年にシングルカットされビルボード・シングル・チャートで11位まで記録されヒットした。

►愛は夢の中に(I Won't Last a Day Without You)の歌詞はこちらから
The Carpenters ディスコグラフィー

The Carpenters - I Won't Last a Day Without You





ア・ソング・フォー・ユーア・ソング・フォー・ユー
カーペンターズ
商品詳細を見る
“My Generation, My Music”シリーズのブラック&ポップス編。カーペンターズが1972年に発表した通算4枚目のアルバム。コンセプト・アルバム形態を狙ったといわれる、彼らにとって全盛期と言える時期の作品で、最高傑作との呼び声も高い。「ハーティング・イーチ・アザー...
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカのポップ・デュオ ソフト・ロック  70’s カーペンターズ 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-452.html

2014/07/23 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

エブリタイム・ユー・ゴー・アウェイ(Everytime You Go Away)/ポール・ヤング

   ↑  2013/08/05 (月)  カテゴリー: 1981年の洋楽
年度1981年昭和 56 年
作詞・作曲Daryl Hallダリル・ホール
アーティストDaryl Hall & John Oates
Paul Young
ダリル・ホール&ジョン・オーツ
ポール・ヤング

エブリタイム・ユー・ゴー・アウェイは、アメリカのソングライター、ダリル・ホールの作品。 ダリル・ホール&ジョン・オーツのデュオで1981年に発表されたポップ・バラード、アルバム『モダン・ヴォイス』に収録された。
1985年にイギリスのブルー・アイド・ソウル歌手、ポール・ヤングがカバー、全英チャートで4位、全米でナンバー・ワンを獲得した。

►エブリタイム・ユー・ゴー・アウェイ(Everytime You Go Away)の歌詞はこちらから
Daryl Hall & John Oates ディスコグラフィー
Paul Young ディスコグラフィー

Everytime You Go Away - Daryl Hall & John Oates





エッセンシャル・ダリル・ホール&ジョン・オーツエッセンシャル・ダリル・ホール&ジョン・オーツ
ダリル・ホール&ジョン・オーツ
商品詳細を見る
白人R&Bデュオ、ホール&オーツのオールタイム・ベスト。「プライベート・アイズ」など、ポップなヒット曲だけでなく、漆黒のリズム師、バーナード・パーディなどが参加した初期の作品も多数収録し、本格ソウル・シンガーとしての2人の魅力がくっきり。


Paul Young - Everytime You Go Away





シークレット・オヴ・アソシエーション(紙ジャケット仕様)シークレット・オヴ・アソシエーション
ポール・ヤング
商品詳細を見る
80sブルー・アイド・ソウルの代表格ポール・ヤングの世界的ヒット作を紙ジャケ化!ブルー・アイド・ソウルといえば80年代はダリル・ホール&ジョン・オーツと並び、断然このポール・ヤングがトップ。カバーが中心だったファーストアルバム「何も言わないで」からは3曲が全米TOP100にチャートインし、そのシンガーとしての実力を見せ付けたのちの、このセカンドアルバムから「エヴリタイム・ユー・ゴー・アウェイ」が見事全米1位のヒットとなり、アルバムは全米19位の大ヒットを記録する。
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカのポップ・デュオ アメリカの男性シンガーソングライター ポップ・ロック  アダルト·コンテンポラリー ブルー・アイド・ソウル 全米No.1ヒット 80’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-400.html

2013/08/05 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

イエスタデイ・ワンス・モア(Yesterday Once More)/カーペンターズ

   ↑  2011/10/29 (土)  カテゴリー: 1973年の洋楽
年度1973年昭和 48 年
作詞・作曲Richard Carpenter
John Bettis
リチャード・カーペンター
ジョン・ベティス
アーティストThe Carpentersカーペンターズ

イエスタデイ・ワンス・モアはカーペンターズのアルバム『ア・ソング・フォー・ユー』に収録、1973年にシングルカットされ全米ビルボード・イージー・リスニング部門では1位を記録した。日本では数ある代表曲の中でも最大のヒット曲となっている。
この曲は兄のリチャード・カーペンターとジョン・ベティスが制作しています。ジョン・ベティスは著名なアメリカの作詞家でカーペンターズの曲に限らず多くの歌詞を残しています。この曲の内容は、昔ラジオで聴いていたオールディーズ曲を聴き、あの頃の思い出を懐かしむ内容の歌詞です。

►イエスタデイ・ワンス・モア(Yesterday Once More)の歌詞はこちらから
The Carpenters ディスコグラフィー

Carpenters - Yesterday Once More





ア・ソング・フォー・ユーア・ソング・フォー・ユー
カーペンターズ
商品詳細を見る
“My Generation, My Music”シリーズのブラック&ポップス編。カーペンターズが1972年に発表した通算4枚目のアルバム。コンセプト・アルバム形態を狙ったといわれる、彼らにとって全盛期と言える時期の作品で、最高傑作との呼び声も高い


青春の輝き~ヴェリー・ベスト・オブ・カーペンターズ青春の輝き~ヴェリー・ベスト・オブ・カーペンターズ
カーペンターズ
商品詳細を見る
オルタナティヴ系のアーティストたちがトリビュート盤を作った(これにはビックリしましたが)カーペンターズのベスト。69年のデビュー曲8から最後のヒット曲20まで,ファンにはほとんどがおなじみだろう。無理やりにでも女性版ビートルズと言いたい。
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカのポップ・デュオ ソフト・ロック 全米No.1ヒット 70’s カーペンターズ 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-306.html

2011/10/29 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。