あれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!!


グリーン・グリーン(Green Green)/ザ・ニュー・クリスティー・ミンストレルズ

年度1963年昭和38年
作詞・作曲Barry McGuire
Randy Sparks
バリー・マクガイア
ランディ・スパークス
アーティストThe New Christy Minstrelsザ・ニュー・クリスティー・ミンストレルズ

グリーン・グリーンはアメリカのフォーク・グループ「ニュー・クリスティー・ミンストレルズ」が1963年に発表した楽曲。低音で張りのある声で歌っているのはヴォーカルのバリー・マグワイアである。この曲は1960年から始まった反戦運動歌としてよく引用されている。この時期のアメリカの方向性(ベトナム戦争)が間違っていると若者たちが立ち上がり新天地を求めて定住しないヒッピイー族が横行した。「緑でいっぱいのグリーン・グリーン」とはその新天地を意味する。
家庭を持つ父親が長い旅に出る?パパがママに言ったグリーン・グリーンへ永遠の旅に出る。俺がいなくなっても悲しまないでくれ!.....解釈はさまざま、とらえ方も人それぞれであり戦争に出兵する父親の悲しい思い出ともとれる。

みなさんはよくご存じだろうが日本でも片岡 輝氏によって翻訳され合唱歌のレパートリーとして使われている。全部で7番まで歌詞があり歌詞は直訳されず大きく変えられ、何らかの理由でいなくなったパパと残された子供の会話が歌詞になっている。曲が進むにつれて胸がいっぱいになってくる。YouTube可愛い子供を残してパパはどこに行ってしまったんだろうか?

アメリカの内政上の問題で安部政権は安保法案を強行的に押し進めようとしている。なぜそんなに戦争が出来る国にしたいのだろうか?政治情勢や経済情勢が複雑に絡み日本の難しい立場に置かれている状況は解らない事はない。しかし同盟国のアメリカも戦争で大きな過ちを何度も繰り返しているのに日本は懲りずに一緒になって戦争の仲間に加わろうとしている。戦争をしない日本、他国の人々を傷つけない優しい日本人を多くの国民が望んでいるのを今の政権は分からないんでしょうか?もういい加減にアメリカにノー!と言って欲しい。日本は平和国家としての道を自分たちで決める時期が来たのではないでしょうか?戦争で幸せな家族からパパがいなくならないように.........

►グリーン・グリーン(Green Green)の歌詞はこちらから
►グリーン・グリーン(Green Green)の日本語歌詞はこちらから

The New Christy Minstrels - Green Green






 The New Christy Minstrels
 グリーン・グリーン
 男女混成10人組フォーク・コーラス・グループ、ニュー・クリスティ・ミンストレルズのベスト・トラックを中心とした楽しいフォーク・ソング集。アルバムタイトル曲の「グリーン・グリーン」は片岡 輝氏によって和訳の歌詞つけられNHKみんなのうたで放送された。それ以来、子供たちの合唱曲として歌われている。
関連記事


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-521.html

[ 2015/08/07 23:54 ] 60’s 1963年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

金色の髪の少女(Sister Golden Hair)/アメリカ

年度1975年昭和 50 年
作詞・作曲Gerry Beckleyジェリー・ベックリー
アーティストAmericaアメリカ

1975年に発表したアルバム『ハーツ(Hearts)』にシスター・ゴールデン・ヘアーは収録された。このアルバムは全米アルバムチャートで4位まで記録を残している。この曲もシングカットされ全米1位まで登りつめた。素朴な歌声が持ち味の彼らのサウンドはこの曲がよく似合う。

►金色の髪の少女(Sister Golden Hair)の歌詞はこちらから
America ディスコグラフィー

America - Sister Golden Hair





HeartsHearts
America
商品詳細を見る
70年代から80年代に活躍したカリフォルニア・サウンドの旗手アメリカ、イーグルス等とよく比較されるが彼らの持ち味は素朴さが売りのフォーク・ロックだ。
関連記事


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-485.html

[ 2015/03/20 00:59 ] 70’s 1975年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

名前のない馬(A horse with no name)/アメリカ

年度1971年昭和 46 年
作詞・作曲Dewey Bunnellデューイ・バネル
アーティストAmericaアメリカ

アメリカのフォーク・ロックグループ「アメリカ」は1970年にデューイ・バネル、ジェリー・ベックリー、ダン・ピークの3人によりロンドンで結成された。1971年にデビュー・アルバム『アメリカ』を発表、名前のない馬(ア・プレイス・ウィズ・ノー・ネーム)はこのアルバムに収録された。72年にシングルカットされ全米1位まで登りつめた。2014年にはマイケル・ジャクソンがこの曲をカバーしている。

►名前のない馬(A horse with no name)の歌詞はこちらから
America ディスコグラフィー

America - A horse with no name





名前のない馬名前のない馬
商品詳細を見る
さわやかなハーモニーとアコーステイック・サウンドの見事なコラボレーション。全米ナンバー・ワン・ヒット「名前のない馬」でセンセーショナルなデビューを.......
関連記事


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-484.html

[ 2015/03/18 11:02 ] 70’s 1971年の洋楽 | TB(0) | CM(0)

500マイルも離れて(500 Miles)/ピーター・ポール&マリー

年度1961年昭和 36 年
作詞・作曲Hedy Westヘディ・ウエスト
アーティストHedy West
Peter Paul and Mary
Imawano Kiyoshiro
ヘディ・ウエスト
ピーター・ポール&マリー
忌野清志郎

ファイヴ・ハンドレッド・マイルズ邦題は『500マイルも離れて』原曲はアメリカの古い民謡と記されています。 『900 miles』が原形であり、後に曲名も『500 Miles』となり歌詞も書きかえられてアメリカのフォーク・シンガー「ヘディ・ウエスト」によって1961年に紹介されています。
私たちに馴染みが深いのが1962年に発表されたピーター・ポール&マリーのアルバム『Peter, Paul and Mary』にの曲がー収録され、全米アルバムチャートで1位を記録、日本でも広く知らされる事となります。

リメイクをしたアーティストも数多く日本の歌手「忌野清志郎」 さんもこの曲をカバーしていました。 その時代によって歌詞が書き換えられ、名曲は永遠に引き継がれていくのでしょう。

►500マイルも離れて(500 Miles)の歌詞はこちらから
Hedy West  ディスコグラフィー
Peter Paul and Mary  ディスコグラフィー
忌野清志郎 ディスコグラフィー

500 Miles - Peter Paul and Mary





ベスト・オブ P.P&M(ピーター・ポール&マリー)(スーパー・ファンタスティック・ベスト2012)ベスト・オブ P.P&M(ピーター・ポール&マリー)
ピーター,ポール&マリー
商品詳細を見る
1960年代、全世界に巻き起こったモダン・フォーク・ソング・ブームの頂点となったピーター、ポール&マリー。「悲しみのジェット・プレーン」「500マイルも離れて」「くよくよするなよ」「パフ」「風に吹かれて」等、ヒット・ソング、代表曲を網羅した日本企画のベスト・アルバム。完全生産限定スペシャルプライス盤


500マイル - 忌野清志郎





日本の人日本の人
HIS、細野晴臣 他
商品詳細を見る
細野晴臣(H)と忌野清志郎(I)と坂本冬実(S)の3人からなるユニットの91年発表のアルバム。個性あふれる2人のヴォーカルを細野が絶妙なアコースティック・サウンドでまとめ上げる。清志郎のオリジナル曲が中心。
関連記事


(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-252.html

[ 2011/01/05 20:27 ] 60’s 1961年の洋楽 | TB(0) | CM(1)
全記事表示リンク
Tag List

サイト内キーワード検索

アメリカのフォークグループ
ロックンロール 50’s スイング・ジャズ アメリカのジャズバンド 60’s ブルース アメリカの男性シンガーソングライター エルヴィス・プレスリー 全米No.1ヒット 90’s ハードロック ディープ・パープル ラテン インストゥルメンタル 70’s ディスコ ポップ 映画で使われた曲 ポップ・ロック カントリー バブルガム・ポップ アメリカの男性ポップ歌手 イギリスのグループ ビージーズ 映画の主題歌 全英No.1ヒット イギリスのロックバンド 80’s アダルト·コンテンポラリー イギリスの男性ロック歌手 ビートルズ イージーリスニング デュエット曲 アメリカのポップ・デュオ ブルー・アイド・ソウル プログレッシブ・ロック ハード・ロック ニュー・ウェーヴ ニューエイジ カントリー・ロック イーグルス レゲエ R&B カンツォーネ フォーク・ロック ユーロ・ポップ アダルト・コンテンポラリー ブルース・ロック アメリカのロック・バンド ソウル ジャズ・ファンク フュージョン ブギウギ カーペンターズ ソフト・ロック グラミー賞 イギリスの女性シンガーソングライター アメリカの女性ヴォーカルグループ イギリスの女性歌手 カナダの女性ジャズ歌手 スムーズジャズ アメリカの女性シンガーソングライター スーパーグループ アメリカのフォークグループ AOR アメリカの男性ポップ・デュオ ファンク ダンス・ポップ マイケル・ジャクソン イギリスの男性歌手 シャンソン ミュージカル サイケデリック・ロック ジャズ・スタンダード アメリカの女性R&B歌手 アカデミー歌曲賞 40’s アメリカの女性ジャズ歌手 アメリカの女性ポップ歌手 クリスマスソング アメリカの男性ヴォーカルグループ ラテン・ポップ エルトン・ジョン イギリスの男性シンガーソングライター イタリアの男性歌手 ヘヴィメタル アメリカの男性カントリー歌手 バート・バカラック アメリカの女性歌手 アメリカのロックバンド ブラス・ロック シカゴ ダンス アメリカの男性R&B歌手 CMソング アメリカの作曲家 ビッグバンド アメリカのファンクグループ ゴスペル フランク・シナトラ ディズニー・ソング ヒップホップ アメリカの男性ロック歌手 ロカビリー ガールズバンド ジャズ・ファンク アカペラ アメリカのヴォーカルグループ ビー・ジーズ マリリン・モンロー アメリカの映画女優 モータウン グラム・ロック アート・ロック クイーン パンク・ロック アメリカの女性カントリー歌手 アントニオ・カルロス・ジョビン ボサノヴァ アンディ・ウィリアムス ダイアナ・ロス イギリスの男性ポップ・デュオ アメリカの男性R&Bボーカルグループ ドゥーワップ オーストラリアの女性歌手 オリビア・ニュートン・ジョン ダスティ・スプリングフィールド イギリスの女性ソウル歌手 サイケデリック・ポップ グロリア・エステファン フランキー・ヴァリ アメリカのR&Bボーカルグループ アメリカの男性ジャズ歌手 スプリームス 日本でリメイクされた曲 フレンチポップス イギリスの女性ポップ歌手 イギリスの女性ヴォーカルグループ アメリカの女性ボーカルグループ アメリカのジャズ・ピアニスト レイ・チャールズ ディオンヌ・ワーウィック ロッド・スチュワート イギリスのヴォーカルグループ マドンナ ジョン・レノン サイモン&ガーファンクル ナット・キング・コール イギリスの男性ポップ歌手 フォーク ルイ・アームストロング ディキシーランド・ジャズ ワルツ アメリカの男性ボーカルグループ チャック・ベリー ア・カペラ ラテン・ロック グレン・ミラー エラ・フィッツジェラルド 浅川マキ トニー・ベネット TVのテーマ曲 アメリカの男性歌手 ベニー・グッドマン ブルーノート ファンキー・ジャズ ソウル・ジャズ ブラジルの女性ジャズ歌手 ローズマリー・クルーニー ブラジルの男性シンガーソングライター イージー・リスニング フランスのシャンソン歌手 ジュリー・ロンドン イギリスの女性R&B歌手 ダイアナ・クラール アメリカのミュージカル女優 アストラッド・ジルベルト コール・ポーター