ブルームーンあれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!! 



このページの記事目次 (タグ: アメリカのジャズバンド の検索結果)

total 3 pages  次のページ →  



明日への道標(I’m So Glad I’m Standing Here Today)/ザ・クルセイダーズ

   ↑  2016/04/10 (日)  カテゴリー: 1981年の洋楽
年度1981年昭和56年
作詞Will Jenningsウィル・ジェニングス
作曲Joe Sampleジョー・サンプル 
アーティストThe Crusadersザ・クルセイダーズ

この曲は、ネガティブ な気持ちにならず前向きな気持ちで進んでいこう!人生落ち込みはつきものでありもっとカッコよく生きよう!と説いている応援歌というところでしょうか。ジャズ・フュージョングループ、ザ・クルセイダーズが発表したボーカル・フィーチャーされた名曲は多いが、この曲もその中のひとつであります。
邦題は「明日への道標」アイム・ソー・グラッド・アイム・スタンディング・ヒヤ・トゥデイは1981年に発表したアルバム『スタンディング・トール』に収録されている。ゲストに人気シンガーのジョー・コッカーを迎え、ウィルトン・フェルダー(Sax)、ジョー・サンプル(Key)、スティックス・フーパー(Dr)、ラリー・カールトン(Guitar)、ルイス・ジョンソン(bas)のメンバーが布陣を敷く。
この曲を作詞したソングライター、ウィル・ジェニングスはあの名曲「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」タイタニック(1997年)の主題歌を手がけている。
1988に解散、70年から80年代にかけてジャズ界を引っ張ってきたクルセイダーズのメンバーも淋しい事に、ジョー・サンプルは2014年9月12日75歳、ウィルトン・フェルダー2015年9月27日75歳、またジョー・コッカーも2014年12月22日70歳でこの世を去っている。

►明日への道標(I’m So Glad I’m Standing Here Today)の歌詞はこちらから
The Crusaders ディスコグラフィー

The Crusaders/"feat."Joe Cocker - I'm So Glad I'm Standing






スタンディング・トール
ザ・クルセイダーズ
スティックス・フーパーが在籍していた最後のスタジオ作品となった81年のもの。いつもの通りヴォーカル入りで,ここではジョー・コッカーを起用し,話題を集めた。しかもナッシュビル録音である。
関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカのジャズバンド ジャズ・ファンク フュージョン ソウル 80’s 

FC2スレッドテーマ : フュージョン名盤 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-547.html

2016/04/10 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

シング・シング・シング(Sing, Sing, Sing (With a Swing))/ベニー・グッドマン

   ↑  2014/11/29 (土)  カテゴリー: 1940年代以降の洋楽
年度1936年昭和 11 年
作詞・作曲Louis Primaルイ・プリマ
アーティストBenny Goodmanベニー・グッドマン

ドラムの序奏が特徴的でスウィング・ジャズの代表曲としてビッグバンドでよく演奏されるシング・シング・シングは1936年にアメリカのトランペット奏者のルイ・プリマによって作曲された。1938年にベニー・グッドマン楽団がこの楽曲を演奏したのがもっともよく知られている。
ヴォーカルでは、30年代から40年代に活躍したアンドリュース・シスターズが歌っている。ジャズ歌手アニタ・オディのヴァージョンも人気が高い。

►シング・シング・シング(Sing, Sing, Sing (With a Swing))の歌詞はこちらから
Benny Goodman ディスコグラフィー

Benny Goodman & His Orchestra - Sing Sing Sing





レッツ・スイング! -ザ・ベスト・オブ・ベニー・グッドマンレッツ・スイング! -ザ・ベスト・オブ・ベニー・グッドマン
ベニー・グッドマン
商品詳細を見る
1909年シカゴ生まれ。アメリカのジャズ・ミュージシャンの中で最も愛されたコルネット奏者/バンド・リーダー。音楽好きだった両親の影響で10歳の頃からクラリネットを始める。16歳で一流のジャズ楽団のリーダー、ベン・ホラックに見いだされ彼の楽団に参加、19歳で独立。32年に自身のバンド、ベニー・グッドマン楽団を結成、NBCラジオに定期的に出演、全米を回るほど人気を博す。38年にはクラシックの殿堂カーネギーホールで史上初のジャズ・コンサートを成功させる。“キング・オブ・スイング”と呼ばれアメリカの英雄として尊敬されている。


The Andrews Sisters - Sing Sing Sing





ベスト・オブ・アンドリュース・シスターズベスト・オブ・アンドリュース・シスターズ
アンドリュース・シスターズ
商品詳細を見る
キュートな白人女性3人組によるおしゃれなハーモニー。古き良き時代のアメリカを感じさせる楽曲&パフォーマンスが魅力のベスト・コンピレーション。
関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカのジャズバンド スイング・ジャズ ビッグバンド ジャズ・スタンダード 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-472.html

2014/11/29 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ワーク・ソング(Work Song)/オスカー・ブラウン・ジュニア

   ↑  2013/08/04 (日)  カテゴリー: 1960年の洋楽
年度1960年昭和 35 年
作詞Oscar Brown, Jrオスカー・ブラウン・ジュニア
作曲Nat Adderleyナット・アダレイ
アーティストOscar Brown, Jrオスカー・ブラウン・ジュニア

ワーク・ソングの作曲はジャズ界の巨匠キャノンボール・アダレイ の弟であるコルネット奏者ナット・アダレイの作品1960年に発表された。ファンキー・ジャズのインストでよく知られている楽曲である。
同年にアメリカのシンガー、ソングライターであるオスカー・ブラウン・ジュニアによ って歌詞が付けられ、ブルージーでソウルフルな労働歌として生まれ変わった。この曲は彼のファースト・アルバム『Sin & Soul & Then Some』に収録されている。
この曲をカバーしたアーティストでは、ニーナ・シモン、アニマルズのバージョンが知られている。

►ワーク・ソング(Work Song) の歌詞はこちらから
オスカー・ブラウンJR. ディスコグラフィー
Nat Adderley ディスコグラフィー

Nat Adderley - Work Song





ワーク・ソングワーク・ソング
ナット・アダレイ
商品詳細を見る
ユニバーサル・ジャズ定番シリーズ“JAZZ THE BEST”。兄キャノンボールの影に隠れていたナット・アダレイが、兄同様にファンキーな持ち味を全開させて放った大ヒット・アルバム。人気ギタリストのウェス・モンゴメリーを含むグループが、「ワーク・ソング」を筆頭に「プリティ・メモリー」「フォールアウト」などでソウルフルこの上ないパフォーマンスを繰り広げる作品。


Oscar Brown Jr - Work Song





Sin & Soul & Then SomeSin & Soul & Then Some
Oscar Brown Jr
商品詳細を見る
オスカー・ブラウン・ジュニア、彼のファーストアルバムであり、代表曲『ワーク・ソング』が収録された。彼のファンキーな歌唱力は聴く者を虜にする。
関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性シンガーソングライター アメリカのジャズバンド ソウル 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-399.html

2013/08/04 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

明るい表通りで(On the Sunny Side of the Street)/ベニー・グッドマン

   ↑  2009/11/25 (水)  カテゴリー: 1940年代以降の洋楽
年度1930年昭和 5 年
作詞Dorothy Fields   ドロシー・フィールズ
作曲Jimmy McHugh  ジミー・マクヒュー
アーティストPeggy Leeペギー・リー

オン・ザ・サニー・サイド・オブ・ザ・ストリート邦題は『 明るい表通り』で 1930年にミュージカル「インターナショナル・レビュー」で、ハリー・リッチマンが歌いこの曲が初めて紹介されています。
トミードーシー楽団やカウント・ベイシー楽団などビッグバンドのナンバーでもよく使われている曲でありジャズヴォーカルの分野ではビリー・ホリデイ、ルイ・アームストロングやエラ・フィッツジェラルドなど数多くカバーされている名曲です。
今夜の動画はトミードーシー楽団に在籍していたベニー・グッドマンと ペギー・リーとのコラボです。

►明るい表通りで (On the Sunny Side of the Street) の歌詞はこちらから
Peggy Lee ディスコグラフィー
Benny Goodman ディスコグラフィー

Benny Goodman & Peggy Lee - Sunny Side Of The Street





レッツ・スイング! -ザ・ベスト・オブ・ベニー・グッドマンレッツ・スイング! -ザ・ベスト・オブ・ベニー・グッドマン
ベニー・グッドマン
商品詳細を見る
1909年シカゴ生まれ。アメリカのジャズ・ミュージシャンの中で最も愛されたコルネット奏者/バンド・リーダー。音楽好きだった両親の影響で10歳の頃からクラリネットを始める。16歳で一流のジャズ楽団のリーダー、ベン・ホラックに見いだされ彼の楽団に参加、19歳で独立。32年に自身のバンド、ベニー・グッドマン楽団を結成、NBCラジオに定期的に出演、全米を回るほど人気を博す。38年にはクラシックの殿堂カーネギーホールで史上初のジャズ・コンサートを成功させる。“キング・オブ・スイング”と呼ばれアメリカの英雄として尊敬されている。
関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの女性ジャズ歌手 アメリカのジャズバンド スイング・ジャズ  ビッグバンド ジャズ・スタンダード ミュージカル ベニー・グッドマン 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-164.html

2009/11/25 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

マーシー・マーシー・マーシー(Mercy, Mercy, Mercy)/ザ・バッキンガムス

   ↑  2009/08/10 (月)  カテゴリー: 1966年の洋楽
年度1966年昭和 41 年
作詞Larry Williams
Johnny Watson
ラリー・ウィリアムス
ジョニー・ワトソン
作曲Joe Zawinul ジョー・サビヌル
アーティストThe Buckinghams ザ・バッキンガムス

マーシー・マーシー・マーシーは元マイルス・デイヴィスのグループで活躍したキャノンボール・アダレイが結成したアメリカのジャズ・グループ「キャノンボール・アダレイ」の代表作である。1966年にメンバーのキーボード奏者ジョー・サビヌルによってこの曲が制作された。
曲のタイトルと同じこのアルバム"Mercy, Mercy, Mercy"(Capitol)は手元に持ちたいジャズ・アルバム一押しの名盤であります。
後にラリー・ウィリアムス/ジョニー・ワトソンによって歌詞が加えられ1967年に米国のロック・バンド「ザ・バッキンガムス(The Buckinghams)」がカバーを行い全米シングル・チャートで最高5位を記録しています。

►マーシー・マーシー・マーシー(Mercy, Mercy, Mercy) の歌詞はこちらから
The Buckinghams  ディスコグラフィー
Cannonball Adderley ディスコグラフィー

Cannonba Adderley - Mercy, Mercy, Mercy





マーシー・マーシー・マーシーマーシー・マーシー・マーシー
キャノンボール・アダレイ
商品詳細を見る
大ヒットしたファンキー・チューン「マーシー・マーシー・マーシー」の決定版がけるライヴの傑作。アルト・サックスの巨人キャノンボール・アダレイは、弟のコルネット奏者ナット・アダレイを迎えた自己のクインテットを率い、ハード・バップからソウル・ジャズへ移るジャズ・シーンをリードした。ソウル・ジャズの全盛期に生まれた大人気作がこれで、当時はタイトル曲を作曲したジョー・ザビヌルがレギュラー・ピアニストだった。


ジョー・ザヴィヌル&ウェザー・アップデイト [DVD]ジョー・ザヴィヌル&ウェザー・アップデイト [DVD]
ジョー・ザヴィヌル&ウェザー・アップデイト
商品詳細を見る
キーボードの魔術師、ジョー・ザヴィヌルのアップデイト時代の貴重な映像をパッケージ化。「ザ・ハーヴェスト」「ドクター・オノリス・コーザ」「アップデイト」「ジス・イズ・ジス」ほか、全7曲を収録。インタビューとバイオグラフィーも楽しめる。


The Buckinghams - Mercy, Mercy, Mercy





タイム・アンド・チャージ(紙ジャケット仕様)タイム・アンド・チャージ(紙ジャケット仕様)
バッキンガムス
商品詳細を見る
シカゴの学生バンドが、1966年に改名し、バンドが誕生。地元レコード会社からリリースした「カインド・オブ・ア・ドラッグ」が全米No.1を獲得するも、大きな成功を得ることができずにいたところを、ブラッド・スウェット&ティアーズやシカゴを手掛ける前のジェイムズ・ウイリアム・ガルシオと巡り会う。本作はガルシオがプロデューサーとして携わり、大々的にホーン・セクションを導入し、ブラス・ロックの先駆けといわれている。爽やかなブラスで始まる名曲1「ドント・ユー・ケア」やキャノン・ボール・アダレイのヒット曲のカヴァー7「マーシー・マーシー・マーシー」(全米5位)など、アレンジも都会的で洗練されており、その流れはシカゴに受け継がれた。
関連記事


はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカのロックバンド アメリカのジャズバンド ファンキー・ジャズ ソウル・ジャズ ブルーノート 60’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-146.html

2009/08/10 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。