ブルームーンあれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!! 

このページの記事目次 (タグ: アニタ・オデイ の検索結果)

ハニーサックル・ローズ(Honeysuckle Rose)/ファッツ・ウォーラー

   ↑  2009/05/28 (木)  カテゴリー: 1940年代以降の洋楽
年度1929年昭和 5 年
作詞Andy Razafアンディ・ラザフ
作曲Thomas 'Fats' Wallerトーマス・ファッツ・ウォーラー
アーティストJane Monheit
Anita O'Day
ジェーン・モンハイト
アニタ・オデイ

ハニーサックル・ローズは1929年のミュージカル『ロード・オブ・コール』で初めて紹介された曲です。曲はアメリカのジャズピアニスト、ファッツ·ウォーラーが作曲しています。 ヴォーカルはエラ・フィッツジェラルドの歌で知られています。
ハニーサックルとは、植物の名で「すいかずら」(忍冬)をさします。
今夜の動画は日本でも多くのオールド・ファンが多いこの曲でお馴染みのアメリカのジャズ歌手アニタ・オデイをアップしてみました。新しいところではアメリカ・ニューヨーク出身のジェーン・モンハイトがこの曲を歌っています。アルバム『テイキング・ア・チャンス・オン・ラヴ』に収録されたハニーサックル・ローズ、美貌で歌唱力もある彼女このアルバムでスイング・ジャーナル誌のゴールド・ディスク大賞を獲得しています。

►ハニーサックル・ローズ(Honeysuckle Rose)の歌詞はこちらから
Fats Waller ディスコグラフィー
Jane Monheit ディスコグラフィー
Anita O'Day ディスコグラフィー

Fats Waller - Honeysuckle Rose





浮気はやめた浮気はやめた
ファッツ・ウォーラー
商品詳細を見る
ファッツ・ウォーラーってどんな人!!ニューヨーク生まれ。太っちょの愛称で親しまれた知る人ぞ知るジャズ・ピアニスト。オールドファンならディキシーランド・ジャズを知る上で忘れることができない一人だ。


Jane Monheit- Honeysuckle Rose





テイキング・ア・チャンス・オン・ラヴテイキング・ア・チャンス・オン・ラヴ
ジェーン・モンハイト
商品詳細を見る
美しいルックスと情感豊かな歌唱力で多くのファンをつかんできたジェーン・モンハイトのソニー・クラシカル移籍第1弾は、往年のMGMミュージカル作品集。マイケル・ブーブレとのデュエットも収録。


Anita O'Day - Honeysuckle Rose





ジス・イズ・アニタジス・イズ・アニタ
アニタ・オデイ
商品詳細を見る
究極のヘタウマこそ唯一無二の個性であり、どんなテクニックや能力的に優れたモノにも勝り、1つのスタイルを確立してしまうということは、音楽の世界ではよく起こりうる現実である。アニタ・オデイという女性もまた、そうした特別な才能をもったヴォーカリストだったのであろう。本作を聴くかぎり、とりたてて声量があるわけではないし......
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの女性ジャズ歌手 アメリカのジャズ・ピアニスト ディキシーランド・ジャズ ジャズ・スタンダード ミュージカル アニタ・オデイ 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-131.html

2009/05/28 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ザ・マン・アイ・ラブ(The Man I Love)/アニタ・オデイ

   ↑  2009/03/20 (金)  カテゴリー: 1940年代以降の洋楽
年度1924年大正 13 年
作詞Ira Gershwinアイラ・ガーシュウィン
作曲George Gershwinジョージ・ガーシュウィン
アーティストAnita O'Dayアニタ・オデイ

邦題は「私の彼氏」マン・アイラブはブロードウェイミュージカル『レディー、ビー·グッド』の為に作曲された楽曲です。
1924年米国のクラシック作曲家ジョージ・ガーシュウィンの作品です。ガーシュウィンは米国のおもに、クラッシックを書いた作曲家です。パリのアメリカ人、ラプソディ・イン・ブルー、サマータイムなどはガーシュインの作品です。どこかで聞いたことのある曲ばかりです。 
カバーを行なったアーティストも多く ビリー・ホリデイ、ペギー・リー、エラ・フィッツジェラルド、ジャンルを問わず歌われスタンダドー・ナンバーとなっています。  
今夜は,ソフィー・タッカー、私のお気に入りのジャズ歌手アニタ・オデイのヴォーカルでどうぞ。
ソフィータッカーとはボードヴィルの女王と呼ばれたジャズ界の大御所歌手で、女優・歌手のジュディ・ガーランドに歌を教えた人物としても知られる。

►ザ・マン・アイ・ラブ (The Man I Love)の歌詞はこちらから
George Gershwin ディスコグラフィー
Anita O'Day ディスコグラフィー
George Gershwin
Anita O'Day オフィシャルサイト

Sophie Tucker - The Man I Love (1928)





Anita O'Day - The Man I Love





イヴニング・ウィズ・アニタ・オデイ(紙ジャケット仕様)イヴニング・ウィズ・アニタ・オデイ(紙ジャケット仕様)
アニタ・オデイ
商品詳細を見る
日本でファンが多いアニタ・オデイ、日本で制作編集されたベストアルバム代表曲12曲を収録。


By MyselfBy Myself
Inger Marie Gundersen
商品詳細を見る
2004年、彗星の如く登場した一人の無名のノルウェー出身の女性シンガーのデビュー・アルバムが、主要外資CD店のジャズ・チャートのTOPを独走し、大ヒットを記録した・・・その女性シンガーの名はインガー・マリエ。


アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション+1(紙ジャケット仕様)アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション+1(紙ジャケット仕様)
アート・ペッパー
商品詳細を見る
アルト・サックス奏者、アート・ペッパーがマイルスのリズム・セクションとプレイしたイースト・ミーツ・ウエストの名盤。ヘレン・メリルの名唱で名高い(1)における明るい快演が心地良い。

ソフィー・ミルマンソフィー・ミルマン
ソフィー・ミルマン
商品詳細を見る
ソフィー・ミルマンのセルフ・タイトルのデビュー・アルバムは、ジャズ・スタンダードとコンテンポラリーの新曲を集め、この若いジャズ・シンガーの成熟と独創性を示している。巧みなプロデュースはカナダのジャズの開祖ビル・キングとダニー・グリーンスプーン。カナダのジャズ・シーンで最高のプレイヤーたちも数人参加している。
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの作曲家 アメリカの女性ジャズ歌手 ジャズ・スタンダード ミュージカル  アニタ・オデイ 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-106.html

2009/03/20 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

A列車で行こう(Take The "A" Train)/デューク・エリントン

   ↑  2009/03/20 (金)  カテゴリー: 1940年代以降の洋楽
年度1939年昭和 14 年
作詞・作曲Billy Strayhビリー・ストレイホーン
アーティストElla Fitzgerald
Anita O'Day
エラ・フィッツジェラルド
アニタ・オデイ

テイク・ジ・エイ・トレインは、1939年デューク・エリントン楽団のピアニストでもあるメンバーのビリー・ストレイホーンによってこの曲が書かれています。楽団のテーマ曲として広く知られ、定番(ジャズスタンダード)の代名詞と言うべきこの曲は世界中で愛されている名曲です。
この曲は(エラ・フィッツジェラルド)のヴォーカルでも知られていますが、今日の動画はアニタ・オディをピックアップしてみました。 アニタ・オデイは白人女性ジャズシンガーの先駆けとして位置付けされています。ジーン・クルーパ楽団の専属歌手となり、後にスタン・ケントン楽団の専属歌手となります。日本でもアルバム製作しています。日本でアニタのファンが多いのもそのせいでしょうか?退団後もビッグバンドとの競演が多いアニタ・オデイその中からの一曲、定番中の定番「A列車で行こう」をどうぞ。

※「A列車」とは、ニューヨーク市地下鉄の、ブルックリン東地区からハーレムを経てマンハッタン北部を結ぶ8番街急行 の名称である。

A列車で行こう(Take The "A" Train )の歌詞はこちらから
Duke Ellington ディスコグラフィー
Ella Fitzgerald ディスコグラフィー
Anita O'Day ディスコグラフィー

Ella Fitzgerald with Duke Ellington - Take The "A" Train





デイドリーム~ベスト・オブ・デューク・エリントン・ソングブックデイドリーム~ベスト・オブ・デューク・エリントン・ソングブック
エラ・フィッツジェラルド
商品詳細を見る
エラのエリントン・ソングブックは3枚組CDで出ているが,これはそこから17曲をピックアップした作品。「A列車~」できこえるトランペットはスタジオに遊びにきたガレスピー。ほかにホッジス,ウェブスターなどソロイストも強力。文句なしの快作。


ザ・ポピュラー・デューク・エリントンザ・ポピュラー・デューク・エリントン
デューク・エリントン
商品詳細を見る
1966年発表の人気アルバム。それまでの名曲を集めたベスト盤的な内容で、自らセレクトした11曲を再演。1000曲とも言われるレパートリーの中の選りすぐりだけあって、どれも名曲中の名曲。入門書としても価値ある1枚。


Anita O'Day - Take The "A" Train


 


アニタ・オデイ・シングズ・ザ・ウィナーズ+7アニタ・オデイ・シングズ・ザ・ウィナーズ+7
アニタ・オデイ
商品詳細を見る
エリントン楽団やディジー・ガレスピー、マイルス・デイヴィスやスタン・ゲッツらと吹き込んだ代表的ヒット・ナンバーを、アニタ・オデイ自らがセレクトした好企画盤。今回は1952~62年録音の曲も追加収録。
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの女性ジャズ歌手 アメリカのジャズバンド スイング・ジャズ  ビッグバンド ジャズ・スタンダード アニタ・オデイ エラ・フィッツジェラルド 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-42.html

2009/03/20 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。