ブルームーンあれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!! 

このページの記事目次 (タグ: アダルト·コンテンポラリー の検索結果)

← 前のページ  total 9 pages  次のページ →  

愛と青春の旅だち(Up Where We Belong)/ジョー・コッカー & ジェニファー・ウォーンズ

   ↑  2013/09/03 (火)  カテゴリー: 1982年の洋楽
年度1982年昭和 57 年
作詞・作曲Jack Nitzsche
Buffy Sainte-Marie
Will Jennings
ジャック・ニーチェ
バフィ・セント=マリー
ウィル・ジェニングス
アーティストJoe Cocker
Jennifer Warnes
ジョー・コッカー
ジェニファー・ウォーンズ

アップ・ホエア・ウィ・ビロング1982年リチャード・ギア主演のアメリカ映画『愛と青春の旅だち(An Officer and a Gentleman)』の主題歌で使われた曲である。歌ったのは、イギリスの歌手ジョー・コッカーとアメリカの女性歌手ジェニファー・ウォーンズ。このデュエット曲で全米ナンバーワン・ヒットを記録、アカデミー歌曲賞を受賞した。

►愛と青春の旅だち(Up Where We Belong)の歌詞はこちらから
Joe Cocker ディスコグラフィー

Joe Cocker & Jennifer Warnes - Up where we belong





愛と青春の旅だち愛と青春の旅だち
サントラ、ジョー・コッカー&ジェニファー・ウォーンズ 他
商品詳細を見る
リチャード・ギア演ずる青年士官とデボラ・ウインガー演ずる女子工員との純愛を通して男とは何か,愛とは何かを描いた名作「愛と青春の旅だち」のサントラ。音楽はジャック・ニッチェ。ジョー・コッカー&ジェニファー・ウォーンズの主題歌も大ヒット。
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : イギリスの男性ロック歌手 アダルト·コンテンポラリー ブルース デュエット曲 映画の主題歌 アカデミー歌曲賞 全米No.1ヒット 80’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-406.html

2013/09/03 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

過ぎ去りし想い(Time after Time)/シンディ・ローパー

   ↑  2013/08/13 (火)  カテゴリー: 1983年の洋楽
年度1983年昭和58年
作詞・作曲Rob Hyman
Cyndi Lauper
ロブ・ハイマン
シンディ・ローパー
アーティストCyndi Lauperシンディ・ローパー

邦題「過ぎ去りし想い」タイム・アフター・タイムは、アメリカのシンガーソングライター、 シンディ・ローパーが1983年に発表したラブ・ソングである。ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン (Girls Just Want to Have Fun)に続くセカンド・シングルとなる。
アルバム『She's So Unusual』に収録され、翌1984年シングル・カットされ全米シングル・チャートで1位を記録した。

►過ぎ去りし想い(Time after Time)の歌詞はこちらから
Cyndi Lauper ディスコグラフィー

Cyndi Lauper - Time After Time





シーズ・ソー・アンユージュアルシーズ・ソー・アンユージュアル
シンディ・ローパー
商品詳細を見る
化粧品の訪問販売、ブティックの店員、日本料理店での歌手活動など、多岐にわたる修練(?)を経た後、主張の強いファンキーなファッションとメイクでさっそうとシーンに登場。そのキュートで....
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの女性シンガーソングライター  ニュー・ウェーヴ アダルト·コンテンポラリー ソフト・ロック 全米No.1ヒット 80’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-402.html

2013/08/13 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

エブリタイム・ユー・ゴー・アウェイ(Everytime You Go Away)/ポール・ヤング

   ↑  2013/08/05 (月)  カテゴリー: 1981年の洋楽
年度1981年昭和 56 年
作詞・作曲Daryl Hallダリル・ホール
アーティストDaryl Hall & John Oates
Paul Young
ダリル・ホール&ジョン・オーツ
ポール・ヤング

エブリタイム・ユー・ゴー・アウェイは、アメリカのソングライター、ダリル・ホールの作品。 ダリル・ホール&ジョン・オーツのデュオで1981年に発表されたポップ・バラード、アルバム『モダン・ヴォイス』に収録された。
1985年にイギリスのブルー・アイド・ソウル歌手、ポール・ヤングがカバー、全英チャートで4位、全米でナンバー・ワンを獲得した。

►エブリタイム・ユー・ゴー・アウェイ(Everytime You Go Away)の歌詞はこちらから
Daryl Hall & John Oates ディスコグラフィー
Paul Young ディスコグラフィー

Everytime You Go Away - Daryl Hall & John Oates





エッセンシャル・ダリル・ホール&ジョン・オーツエッセンシャル・ダリル・ホール&ジョン・オーツ
ダリル・ホール&ジョン・オーツ
商品詳細を見る
白人R&Bデュオ、ホール&オーツのオールタイム・ベスト。「プライベート・アイズ」など、ポップなヒット曲だけでなく、漆黒のリズム師、バーナード・パーディなどが参加した初期の作品も多数収録し、本格ソウル・シンガーとしての2人の魅力がくっきり。


Paul Young - Everytime You Go Away





シークレット・オヴ・アソシエーション(紙ジャケット仕様)シークレット・オヴ・アソシエーション
ポール・ヤング
商品詳細を見る
80sブルー・アイド・ソウルの代表格ポール・ヤングの世界的ヒット作を紙ジャケ化!ブルー・アイド・ソウルといえば80年代はダリル・ホール&ジョン・オーツと並び、断然このポール・ヤングがトップ。カバーが中心だったファーストアルバム「何も言わないで」からは3曲が全米TOP100にチャートインし、そのシンガーとしての実力を見せ付けたのちの、このセカンドアルバムから「エヴリタイム・ユー・ゴー・アウェイ」が見事全米1位のヒットとなり、アルバムは全米19位の大ヒットを記録する。
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカのポップ・デュオ アメリカの男性シンガーソングライター ポップ・ロック  アダルト·コンテンポラリー ブルー・アイド・ソウル 全米No.1ヒット 80’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-400.html

2013/08/05 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

セイリング(Sailing)/クリストファー・クロス

   ↑  2013/07/18 (木)  カテゴリー: 1979年の洋楽
年度1979年昭和 54 年
作詞・作曲Christopher Crossクリストファー・クロス
アーティストChristopher Crossクリストファー・クロス

セイリングは、1979年クリストファー・クロスのデビュー アルバム『Christopher Cross』(南から来た男)に収録され1980年にセカンド・シングルとしてリリースされた。全米シングル・チャートで1位を記録、日本でも大ヒットしたナンバーである。大人向けの落ち着いたヴォーカルが特徴である音楽ジャンル AORの代表格として、ファンが多い。
このアルバムは1980年のグラミー賞の5部門を受賞し名盤として語り継がれている。

►セイリング(Sailing)の歌詞はこちらから
Christopher Cross ディスコグラフィー

Sailing - Christopher Cross





南から来た男南から来た男
クリストファー・クロス
商品詳細を見る
AORを代表する男性シンガー、クリストファー・クロスの記念すべきデビュー・アルバム。「セイリング」「風立ちぬ」収録。1980年度グラミー賞「アルバム・オブ・ザ・イヤー」受賞。(1979年作品)
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性シンガーソングライター ポップ・ロック ソフト・ロック アダルト·コンテンポラリー AOR 全米No.1ヒット グラミー賞 80’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-394.html

2013/07/18 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

二人だけのデート(I Only Want To Be With You)/ダスティ・スプリングフィールド

   ↑  2013/04/03 (水)  カテゴリー: 1963年の洋楽
年度1963年昭和 38 年
作詞・作曲Mike Hawker
Ivor Raymonde
マイク・ホーカー
アイヴァー・レイモンド
アーティストDusty Springfieldダスティ・スプリングフィールド

邦題「二人だけのデート」アイ・オンリー・ウォント・トゥ・ビー・ウィズ・ユー直訳すると『私はあなたと一緒にいたいの!』 となるのでしょうか。1963年にイギリスの白人ソウル歌手ダスティ・スプリングフィールドの歌でヒットした楽曲です。彼女のヒット曲は数多くありますが私のお気に入りの1曲であります。
1976年にイギリスのポップ・ロックグループ「ベイ・シティ・ローラーズ」がこの曲のカバー、リバイバル・ヒットとなり全英チャートで4位まで記録されました。1988年にはサマンサ・フォックスのヴァージョン、ラテン・ポップ歌手の ルイス・ミゲルなどの歌手にカバーされています。

►二人だけのデート(I Only Want To Be With You)の歌詞はこちらから
Dusty Springfield ディスコグラフィー

Dusty Springfield - I Only Want to Be with You





この胸のときめきを~ベスト・オブ・ダスティ・スプリングフィールドこの胸のときめきを~ベスト・オブ・ダスティ・スプリングフィールド
ダスティ・スプリングフィールド
商品詳細を見る
「黒人の心を歌う白人ソウル・シンガー」とも評され、ハスキーな声が魅力のダスティ、究極のベスト・アルバム。世界的なヒットとなった「この胸のときめきを」など熱い歌声が聴ける。
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : イギリスの女性ソウル歌手 アダルト·コンテンポラリー ポップ  60’s ダスティ・スプリングフィールド 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-376.html

2013/04/03 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。