ブルームーンあれもこれも!!ザ・昭和の時代を駆け抜けたお勧めのオールディーズを動画でプレイバック!!!! 

このページの記事目次 (タグ: アカデミー歌曲賞 の検索結果)

total 5 pages  次のページ →  

思い出のパリ(The Last Time I Saw Paris)/ニッキ・パロット

   ↑  2015/06/08 (月)  カテゴリー: 1940年代の洋楽
年度1941年昭和16年
作詞Jerome Kernジェローム・カーン
作曲Oscar Hammerstein IIオスカー・ハマースタイン2世
アーティストNicki Parrottニッキ・パロット

邦題「思い出のパリ」ザ・ラスト・タイム・アイ・ソウ・パリスは、1941年のアメリカ映画『Lady Be Good』の劇中で女優アン・サザーン(Ann Sothern)が歌った。この年のアカデミー賞でアカデミー歌曲賞を受賞した。
今夜の視聴は2009年に正式デビューしたニッキ・パロット、オーストラリア出身のミュージシャンである。ジャズベーシストであり歌手でもある。フレンチ・ソングを、集めたアルバム『思い出のパリ』に収録されている。彼女の女性らしく甘く優しい声は日本人好みであり、リラックスして聴ける。「SACD盤」盤も販売されており高音質なサウンドで彼女にヴォーカルが堪能出来るのだ。

►思い出のパリ(The Last Time I Saw Paris)の歌詞はこちらから
Nicki Parrott ディスコグラフィー

Nicki Parrott - The Last Time I Saw Paris






 思い出のパリ
 ニッキ・パロット
 本作は、ニッキ・パロットのジャズ・ヴォーカル・アルバム。ミシェル・ルグランの名曲などおしゃれなフレンチ・ソングを、彼女のジャズ・フィーリングで、モダンでノスタルジックに歌った作品
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの女性ジャズ歌手 映画の主題歌 ジャズ・スタンダード アカデミー歌曲賞 40’s 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-505.html

2015/06/08 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ベイビー、イッツ・コールド・アウトサイド(Baby, It's Cold Outside)/イディナ・メンゼル

   ↑  2015/05/26 (火)  カテゴリー: 1940年代の洋楽
年度1944年昭和19年
作詞・作曲Frank  Loesserフランク・レッサー
アーティストMichael Bublé
Idina Menzel
マイケル・ブーブレ
イディナ・メンゼル

デュエット曲、ベイビー、イッツ・コールド・アウトサイドは、1944年アメリカのソングライター、フランク・レッサーによって書かれた楽曲である。1949年のアメリカ・ミュージカル映画『水着の女王(Neptune's Daughter)』で使われ知られるようになった。フランク・レッサーはこの曲で第22回のアカデミー賞でアカデミー歌曲賞を受賞している。
ネズミ (女性)と狼(男性)の恋のやり取りをデュエットで表した歌詞が付く、欧米ではクリスマス・ソングとしてよく使われカバーを行った男女ペアも数多く人気のある楽曲である。
子役がとても可愛いこの動画は、アメリカブロードウェイのミュージカル女優イディナ・メンゼルがカナダの男性歌手マイケル・ブーブレ迎えデュエットしたミュージックビデオである。曲は2014年にリリースされたアルバム『スノー・ウィッシズ~雪に願いを』に収録されている。イディナ・メンゼルは世界中で大ヒットしたディズニー・アニメーション映画『アナと雪の女王』でアカデミー歌曲賞を受賞している。

►ベイビー、イッツ・コールド・アウトサイドの歌詞はこちらから
Idina Menzel ディスコグラフィー

Idina Menzel & Michael Bublé - Baby It's Cold Outside





 スノー・ウィッシズ~雪に願いを
 イディナ・メンゼル
 “アナ雪"のエルサ役を演じ、主題歌「レット・イット・ゴー」の歌い手イディナ・メンゼルが山下達郎の「クリスマス・イブ」を英語でカバーし、日本盤だけのスペシャル・トラックとして収録決定!クリスマス・ウィンター・アルバム。
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの女性ポップ歌手 クリスマスソング デュエット曲 ミュージカル アカデミー歌曲賞 

FC2スレッドテーマ : オールディーズ(歌詞・作詞・作曲) (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-504.html

2015/05/26 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ホール・ニュー・ワールド(A Whole New World)/ピーボ・ブライソン&レジーナ・ベル

   ↑  2014/10/08 (水)  カテゴリー: 1992年の洋楽
年度1992年平成 3 年
作詞Tim Riceティム・ライス
作曲Alan Menkenアラン・メンケン
アーティストBrad Kane & Lea Salongaピーボ・ブライソン&レジーナ・ベル

ホール・ニュー・ワールドは1992年のディズニー・アニメ映画『アラジン』主題歌で使われた。アメリカの男性ソウル歌手ピーボ・ブライソンとレアメリカの女性ソウル歌手ジーナ・ベルのデュエットで歌われ世界的な大ヒットとなった。第65回アカデミー賞最優秀主題歌賞、1994年にはグラミー賞最優秀楽曲賞も受賞している。

►ホール・ニュー・ワールド(A Whole New World)の歌詞はこちらから
Peabo Bryson ディスコグラフィー
Regina Belle ディスコグラフィー

A Whole New World - Regina Belle & Peabo Bryson





アラジン(OST)日本語版アラジン(OST)日本語
サントラ、ピーボ・ブライソン&レジーナ・ベル 他
商品詳細を見る
ディズニー・アニメ映画『アラジン』の日本語サントラ盤。ピーボ・ブライソン&レジーナ・ベルの主題歌「ホール・ニュー・ワールド」他を収録。
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの男性R&B歌手 アメリカの女性R&B歌手 アダルト・コンテンポラリー R&B デュエット曲 ディズニー・ソング 全米No.1ヒット グラミー賞 アカデミー歌曲賞 90’s 

FC2スレッドテーマ : 90年代洋楽 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-464.html

2014/10/08 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ホエン・ユー・ビリーヴ(When You Believe)/マライア・キャリー&ホイットニー・ヒューストン

   ↑  2014/09/05 (金)  カテゴリー: 1998年の洋楽
年度1998年平成 10  年
作詞・作曲Stephen Schwartzスティーヴン・シュワルツ
アーティストMariah Carey & Whitney Houstonマライア・キャリー&ホイットニー・ヒューストン

マライア・キャリーとホイットニー・ヒューストンによるデュエット曲ホエン・ユー・ビリーヴは、スティーヴン・スピルバーグが設立したアメリカの映画会社ドリームワークスが制作したアニメーション映画『プリンス・オブ・エジプト』の主題歌で使われた。
曲はブロードウェイ・ミュージカルの音楽家スティーヴン・シュワルツが手掛けている。この年に彼はアカデミー歌曲賞を受賞した。

►ホエン・ユー・ビリーヴ(When You Believe)の歌詞はこちらから
Mariah Carey ディスコグラフィー
Whitney Houston ディスコグラフィー

Mariah Carey / Whitney Houston When You Believe





プリンス・オブ・エジプト [DVD]プリンス・オブ・エジプト
ヴァル・キルマー、レイフ・ファインズ 他
商品詳細を見る
旧約聖書の預言者・モーセの伝説を、ドリームワークスがCGを駆使して描いたスペクタクルアニメ。自分の出生を知り、兄弟と別れ放浪の旅に出たモーセは、ツィッポラの愛に支えられ、奴隷解放のために立ち上がる。豪華ハリウッドスターが声優を担当。
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アメリカの女性ポップ歌手 アダルト・コンテンポラリー R&B デュエット曲 映画の主題歌 アカデミー歌曲賞 90’s 

FC2スレッドテーマ : 90年代洋楽 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-463.html

2014/09/05 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

美女と野獣(Beauty And The Beast)/セリーヌ・ディオン & ピーボ・ブライソン

   ↑  2014/02/06 (木)  カテゴリー: 1991年の洋楽
年度1991年平成  2年
作詞Howard Ashmanハワード・アッシュマン
作曲Alan Menkenアラン・メンケン
アーティストPeabo Bryson
Celine Dion
ピーボ・ブライソン
セリーヌ・ディオン

ビューティー・アンド・ザ・ビースト 1991年のディズニーアニメ映画『美女と野獣』の主題歌で使われた。劇中では、ジェシカおばさんの事件簿の主人公役のイギリス人女優で歌手のアンジェラ・ランズベリーが歌っている。
この曲はカナダの歌姫セリーヌ・ディオンとアメリカのソウル歌手ピーボ・ブライソンとのデュエット曲として発表され翌年の1992年第64回アカデミー賞で歌曲賞を受賞した。
ピーボ・ブライソンは1993年に同じくディズニーアニメの『アラジン』の主題歌「ホール・ニュー・ワールド」でもレジーナ・ベルとデュエットしている。

►Beauty And The Beast(ビューティー・アンド・ザ・ビースト)の歌詞はこちらから
Peabo Bryson ディスコグラフィー
Celine Dion ディスコグラフィー

Beauty And The Beast - Celine Dion & Peabo Bryson





美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック
サントラ
商品詳細を見る
映画史に輝く不滅のラヴ・ストーリー『美女と野獣』のオリジナル・サウンドトラックが新たに生まれ変わる。2010年10月9日から3Dでの映画公開と......
関連記事

はてなブックマーク Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク

この記事に含まれるタグ : アダルト・コンテンポラリー 映画の主題歌 アカデミー歌曲賞 デュエット曲 90’s 

FC2スレッドテーマ : 今日の1曲 (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://amce7946.blog74.fc2.com/blog-entry-430.html

2014/02/06 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。